馬の予防接種 〜日本脳炎ウイルス〜

馬の予防接種 〜日本脳炎ウイルス〜

予防接種とは特定の病気にかかりづらいように、
免疫を作ることを目的として実施されます。
 
今、世界中で流行っているコロナウイルス(COVID-19)に対しても、
ワクチンが作られているのもそのためです。
 
また、馬にも予防接種があります。
 
馬インフルエンザ、日本脳炎、ゲタウイルス、破傷風などに対する予防接種が実施されていて、
日本脳炎が発生する可能性が高い時期を考慮し(蚊の発生など)、
5〜6月の時期には3種混合ワクチン(馬インフルエンザ、日本脳炎、破傷風)等を接種します。
 
今回はその中でも日本脳炎ウイルスについて書いていきましょう。
 
 
日本脳炎は法定伝染病であり、人獣共通感染症です。
 
また、その原因となるウイルスは
フラビウイルス科 フラビウイルス属 に属します。
 
日本ではコガタアカイエカによって媒介され、
蚊の唾液腺で増殖したウイルスが吸血の際に伝播されていきます。
 
馬に感染すると発熱を起こし、その後、沈鬱、興奮、麻痺などを引き起こします。
さらにひどい症状の場合は死亡する例もあります。

(チクサン出版社/馬の医学書 より)
 
なので予防接種をし、
日本脳炎ができるだけ起きないように防がなければならないのです。
 
さて今月末は、宝塚記念‼︎
みんなで競馬を盛り上げましょう!
 
K
 

コメントは受け付けていません。