HBAトレーニングセール2020のレポジトリー撮影

Posted on Posted in a. 会社案内, c. レポジトリー, LATEST NEWS (Blog)

3月28日からHBAトレーニングセール2020のレポジトリー撮影期間が始まります。

ただいま撮影のご予約を受け付けております。

01456−7−8523 までお電話ください。

レポジトリー撮影期間は3月28日〜4月30日です。

 

レポジトリー資料は例年通り

・上部気道内視鏡検査

・四肢レントゲン検査(基本22枚:飛節を除く四肢関節、任意提出の後膝8枚)

となっております。

 

 

今年のトレーニングセールは、例年より1週間ほど開催時期が早いです。

セレクトセール以降は例年より1週間ほど開催時期が遅くなります。

 

もうすぐレポジトリー撮影の日々が始まります。

 

 

U

プレレポジトリー実施中

Posted on Posted in a. 会社案内, c. レポジトリー, d. 競走馬のセリについて, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

当診療所では、現在、1歳馬のプレレポジトリーを実施しています。

詳細については こちら をごらん下さい。

 

プレレポジトリーを行うことで、外見上ではわからない疾患がみつかることがあります。

 

例えば

 

喉頭蓋下嚢胞

胎児期の発生過程の異常によって、喉頭蓋の下に嚢胞ができた状態です。

大きいものですと、嚥下(飲み込み)が困難になり、誤嚥性肺炎を起こす可能性があります。

内視鏡下での手術で切除でき、予後は良好とされています。

 

 

離断性骨軟骨症(OCD)

発育の過程で関節軟骨に壊死がおこり、骨軟骨片が剥離した状態です。

発症しやすい関節、骨の部位は以下の通りです。

 

・飛節:脛骨中間稜、距骨外側滑車、脛骨内側顆、距骨内側滑車

・球節:第3中手(足)骨遠位背側、第1指(趾)骨近位掌(底)側、第1指(趾)骨近位背側

 *カッコ内は後肢での名称

・膝関節:大腿骨外側滑車稜、大腿骨内側滑車稜、膝蓋骨

・肩関節:上腕骨・肩甲骨関節窩

 (ただし、肩関節はレポジトリーで撮影されない部位で、ポータブルでは撮影は難しいです。)

 

通常、関節液の増量による腫れに気が付き、レントゲン検査を行う場合が多いのですが、

腫れなど症状がなく、レポジトリーでみつかることも多いです。

(逆に症状があるのに、レントゲン所見がみられないこともあります。)

 

一般的に腫れや跛行などの症状がなければ、手術をしなくても競走能力に大きな影響を与える

可能性は低いですので、症状があれば手術を検討します。

 

とくに飛節のOCDは術後の予後も良いとされていますので、

市場に出すために、症状がなくとも手術を選択することもあります。

 

 

今年の市場日程はすでに決定・公表されています(こちら)。

 

市場に向けての準備のために、プレレポジトリーを活用していただけたらと思います。

また、各市場レポジトリー検査も行っておりますので、お問合せ下さい。

 

ご連絡はカワタ エクワイン プラクティス 日高まで

Tel:01456−7−8523

E-mail:info@kawata-ep.com

 

 

 

ウォブラー症候群の検査方法を書くと言ったのに…

変更して申し訳ありません。

 

U

 

2019トレーニングセール・レポジトリー検査のお知らせ

Posted on Posted in c. レポジトリー, d. 競走馬のセリについて, LATEST NEWS (Blog)

2019トレーニングセールのレポジトリー検査を 受付けています。

 

トレーニングセールレポジトリー

 

レポジトリー期間: 4月 6日 ~ 5月 9日

検査の詳細については、こちらでご確認ください。

 

【ご予約・お問い合わせ先】

カワタ エクワイン プラクティス 日高

TEL: 01456-7-8523 / FAX: 01456-7-8524

E-mail: info@kawata-ep.com

 

早期レポジトリーのお知らせ

Posted on Posted in b. 診療について, c. レポジトリー, LATEST NEWS (Blog)

早期レポジトリー検査の受付を開始しました。

 

早期レポジトリー検査

 

早期レポジトリーの内容は、

  1. 歩様の確認
  2. コンフォメーションの検査
  3. 四肢のX線検査

です。

 

当歳離乳後のこの時期に この検査を行うことで、

  • DODなど 問題の早期発見
  • 栄養・運動の管理についてトータルアドバイス

を行い、

来年のセリに向けて “より良い販売戦略” を立てるお手伝いをいたします。

 

その他 詳細については、こちらでご確認ください。

 

【ご予約・お問い合わせ先】

カワタ エクワイン プラクティス 日高
TEL: 01456-7-8523 / FAX: 01456-7-8524
E-mail: info@kawata-ep.com

 

2017オータムセール・レポジトリー検査のお知らせ

Posted on Posted in c. レポジトリー, d. 競走馬のセリについて, LATEST NEWS (Blog)

2017オータムセールのレポジトリー検査 を受付ています。

 

2017オータムレポジトリー改

 

レポジトリー期間: 8月18日〜9月20日

検査の詳細については、こちらでご確認ください。

 

【ご予約・お問い合わせ先】

カワタ エクワイン プラクティス 日高
TEL: 01456-7-8523 / FAX: 01456-7-8524
E-mail: info@kawata-ep.com

 

コンフォメーションについて

Posted on Posted in b. 診療について, c. レポジトリー, d. 競走馬のセリについて, LATEST NEWS (Blog)

北海道では先週のセレクトセール、今週のセレクションセールに続き

夏から秋にかけてセリが開催されます。

 

馬を選ぶ際に重要視されるのは、血統・コンフォメーションなどだと思われますが、

ではコンフォメーションとは一体、馬体のどのような点に着目すれば良いのでしょうか?

 

コンフォメーションとは、馬の身体的な外観や輪郭のことで、

競走馬としての機能に関連しています。

 

まずはサイズ、つまり馬体の大きさです。

小さ過ぎる馬はあまりレースで勝てませんし、

大き過ぎる馬は体重が重いことにより問題が出てきます。

 

次に注目するのはバランスです。

馬体が左右対称であるかを確認するために、前後左右から馬を観察します。

肺の大きさ・容積に関連する胴周りは十分な深さが必要です。

 

前腕部は左右均等に、しっかりした脛や筋肉が付いていることが望ましいです。

臀部にも十分な筋肉が必要です。

 

馬のバランスに関係する頚部は十分な長さと筋肉が必要です。

バランスのとれた馬体とは、肢の長さと胴の深さがほぼ同じです。

これはレースで必要とするエネルギーを抑え、無駄のない動きを可能にします。

 

 

前肢は馬の体重の60-65%を支えるため、

良いコンフォメーションであることが望ましいです。

 

膝節や球節の故障は、治療に時間も費用もかかります。

そのため、前肢のコンフォメーションはよく考慮するべきです。

 

競走馬において、コンフォメーションが悪い肢は

速く走れないことはありませんが 早期の故障に繋がるのです。

 

レースに出走することができ、上手くいけば長く活躍して

怪我によって早期引退をしないような馬を持つことが目的です。

 

前膝にはノックニー、オフセットニー、back at the knee、over at the kneeのような欠点があります。

 

スクリーンショット 2017-07-18 13.11.29

 

肢の中心から下におろしたラインが均等に分けられるのが理想です。

横から見たラインは 膝の中心から球節の中心を通って

蹄の後ろにあたらなければなりません。

膝

 

また骨の太さも重要であり、

骨が細い馬はスピードが出て大きな力が加わると怪我を招くかもしれません。

 

若馬における「ソエ」は骨が非常に大きなストレスを受けることに関連していますので、

調教やレースでのストレスに適応させるのに骨が細いと対応できないのです。

 

球節は全力疾走の際に非常に大きな力を受け、

この圧力に応じる 非常に強い強度と弾力をもった腱や靭帯があります。

そのため、これらの圧力に耐えるための良好なコンフォメーションが必要です。

 

緩い繋、立ち繋、長い繋は構造的に圧力が一定にかからないので

大きな問題につながります。

 

球節の真ん中を通るラインが蹄の後ろ側にあたらなければなりません。

 

また種子骨は的確な大きさと形でなければなりません。

 

 

蹄は適度な大きさと形であることが必要です。

 

蹄が小さいと肢を上げるときの振動が大きくなり、怪我をする可能性を引き起こします。

形の悪い蹄は同じく肢を上げるときに振動力の分布に問題を起こします。

なので、蹄にも慎重に注目することが必要です。

 

 

後肢は駆動力となります。

 

臀部からのラインは飛節と球節の後ろ側を通り、ちょうど蹄の後ろ側にあたるべきです。

後肢で見られる問題は直飛、sickle hock、そしてcow hockです。

飛節軟腫や飛節内腫がないかもチェックしましょう。

前肢の球節や蹄と同じような点に注目することが必要です。

飛節

 

背中には非常に大きな圧力がかかるので、

適切なコンフォメーションであることが重要です。

 

長すぎる背中、鯉背(背中から腰に向かって緩やかにカーブした背中)、

脊柱湾曲症(背タレ)、仙腸骨が目立つような筋肉のつき方が不均等な背中などは、

馬のパフォーマンスに大きく影響するでしょう。

 

 

以上のようなものが、馬を観察する際のポイントになります。

 

完璧な馬を見つけるのは難しく、大きな欠点は問題となりますが、

わずかな欠点は問題にはなりません。

 

例えば 日本では多くの馬がわずかにオフセットニーであり、

ひどくない限りは問題にはなりません。

 

しかし全てではなくても、これらのほとんどを満たしている馬は

優秀なアスリートのような存在感を持っており、毛色も輝いて見えるそうです。

 

 

馬を購入する、しないに関わらずこのような点に着目して

セリを見てみるのも面白いのではないでしょうか。

 

R