潜在精巣(陰睾)

Posted on Posted in b. 診療について, f. その他, LATEST NEWS (Blog)

精巣は体温より5°C程低い陰嚢内に存在することで、

精子を産生できるようになります。

 

しかし精巣は

最初の発生の段階から陰嚢の中でできるのではなく、

 

胎児の時に腎臓に近い体の中で作られた後、

お腹の中を移動し、 鼠径管を通って陰嚢の中に降りて来ます(=精巣下降)。

 

この精巣下降は

馬では通常 生まれる1ヶ月前から出生後10日の間に起こるそうです。

 

ところが、何らかの要因でこのプロセスが上手くいかないと

精巣が腹腔内や鼠径管内に留まったままとなり、

この状態を ”潜在精巣 / 陰睾”と言います。

 

 

精巣下降のメカニズムは複雑で、

 

潜在精巣になる要因も

精巣導帯・精巣上体・鞘状突起など 鼠径部や陰嚢内の発生や発達に異常があったり、

また種々のホルモンが影響していたりと、様々あるとされています。

 

 

例えば犬の潜在精巣は、腫瘍化する可能性が

通常に比べて10倍以上も高くなるそうですが、

 

馬の精巣腫瘍自体が稀で、

潜在精巣と精巣腫瘍発生の関係も明らかになっていないそうです。

 

しかし潜在精巣でも

雄性ホルモンであるテストステロンは産生されるため、

 

通常の牡馬同様(もしくはそれ以上の場合もあるそうですが)

ウマッケが強かったり、

 

ウソかマコトか「調教時に、馬が陰睾を気にしている!」

と相談されることもあったり、

 

またはっきりとはわかっていませんが

一般的には馬では遺伝的な要因もあると考えられていることから、

 

馬の潜在精巣は 外科手術で切除するのが一般的です。

 

(馬でも ごく限られた適応例には

hCGやGnRHを用いたホルモン治療も効果が期待できるそうです。)

 

潜在精巣がどこにあるかによって アプローチの仕方も変わってくるため、

鎮静下でしっかり触診したり、直腸検査や超音波検査で確認します。

 

設備があれば腹腔鏡を用いて立位で行うこともありますが、

一般的に手術は全身麻酔下で行います。

 

(画像:Manual of Equine Field Surgeryより)

 

外鼠径輪のすぐ近くにあってすぐに摘出できる場合もあれば、

腹腔内にある場合だと 少し手技が煩雑になるようです。

 

 

下の写真は、

美浦のA先生のところで見学させていただいたときのもの、

いずれも左側陰睾の症例です。

 

 

ちなみに潜在精巣の対処法は

・人間:精巣を陰嚢内に手術で固定する方法

・犬:腫瘍化する可能性があるため摘出する方法

が それぞれ一般的なようですが、

 

例えば競走馬の片側生の潜在精巣の場合、

「牡馬限定のレースに出るから 潜在精巣だけ摘出して、

正常な方の精巣は残しておいてね!」というケースもあります。

 

また象の精巣は正常な状態で体内にあるそうです…何故。

 

不思議な臓器、精巣。生命の不思議です。

 

たらの白子が美味しい季節になりました。

 

 

S

 

ウォブラー症候群(腰萎)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

先日、腰萎(ウォブラー症候群)の疑いのある当歳馬の頸部レントゲン撮影を行いました。

 

第3頚椎と第4頚椎間の 脊髄が通る脊柱管の内径(矢印、赤線)が他より狭く、

頭側椎体最大幅(黄線)の半分以下でした。

 

確定診断ではありませんが、ここ(矢印)で狭窄が起こっている可能性が高いです。

 

 

頸部レントゲンの撮り方は、以前書きましたので、今回はウォブラー症候群について書きます。

 

まず、ウォブラーとは、動揺歩様(フラフラした歩様)を示す動物のことを表現する用語です。

 

動揺歩様は、肢の位置を感じることの不能(知覚神経の障害)または

適切な神経情報を肢をコントロールしている筋肉へ供給することの不能(運動神経の障害)

により生じます。

 

ウォブラー症候群では 次の4つの原発領域が影響を受けます。

 

1.脳と脳幹

脳損傷によるウォブラー症候群では、通常全4肢の異常運動を示します。

損傷の位置によって、様々な脳神経症状(視覚障害、嚥下障害、頭部の傾きなど)

が現れます。

 

 

2.頸部脊髄

頸部損傷では、一般的に全4肢の異常運動を示しますが、脊髄の中で

後肢に情報を与えるニューロンが前肢のものよりも外側(表層)にあるため、

後肢が最初に影響を受けます。

 

頸椎狭窄症(Cervical Vertebral Stenosis, CVS)は、脊柱管が十分に大きく成長しなかったり、

異常な成長により 脊髄が圧迫されて起こります。

 

頸椎奇形(Cervical Vertebral Malformation, CVM)または、椎骨の奇形、椎骨の配列異常、

非常に小さな脊柱管、関節面または椎体の椎窩の変化は、

若馬(当歳〜2歳)に起こりやすいです。

 

骨関節症・変形性関節症は、古馬(5歳以上)に起こりやすく、滑液の増大によって

脊髄圧迫を起こします。

 

 

3.背部と骨盤

馬変性性脊髄症(Equine Degenerative Myelopathy, EDM)は、通常2歳以上の馬にみられ、

固有受容感覚(自分の肢が空間内のどこにあるかを感じる能力)が最初に影響を受け、

後躯が最も重篤な影響を受けます。

原因はおそらく神経組織の酸化的損傷と考えられており、ビタミンEによって

進行が止められたという報告があるそうです。

また、EDMでは軽度の近くの鈍麻(注意力の減少)が認められ、

CVMではこれはないとされています。

 

 

4.広汎的(1つ以上の問題がある場合)

馬原虫性脊髄脳炎(Equine Protozoal Myeloencephalitis, EPM)

馬ヘルペス脊髄症(Equine Herpes virus Myelopathy, EHM) など。

 

 

長くなりましたので、この辺で終わります。

次回は検査方法を書きましょう。多分。

 

 

 

 

U

寄生虫

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

 
馬にも寄生虫がつくことがあります。
 
消化管内寄生虫で、競走馬で特に重要とされるのが、円虫、回虫、条虫の3種です。
 
 



(上から円虫、回虫、条虫。出典:馬の寄生虫病-中央畜産会)
 
 
これらはおもに小腸・大腸、円虫は肝臓や前腸間膜動脈、回虫は肝臓や肺などにも寄生します。
 
大量寄生すると、疝痛、下痢、錯綜、食欲不振、皮膚の菲薄化、元気消失などの症状を引き起こします。
 
特に仔馬では、腸閉塞や腸重積などを引き起こし、開腹手術を要することもあるため、駆虫が重要になってきます。
 
 
 
駆虫薬は基本的に経口投与。
 
ならば定期的な投与をしていれば安心!かと思えば、そういうわけでもなかったりするのです。
 
 
最近は駆虫の重要性が広まっており、駆虫を馬に投与することは珍しくなくなってきています。
 
下痢をしているからちょっと駆虫薬あげておこう、という声も聞かれます。
 
 
 
しかし近年、薬剤耐性をもつ寄生虫が増加しているのです。
 
 
 
なぜ薬剤耐性がつくかというと、
 
寄生虫の中には、もともとある駆虫薬に対し耐性を持つものがわずかに存在します。
 
例えばある牧場で、飼育している馬に駆虫薬Aを定期的に投与するとします。
 
その牧場の馬では、駆虫薬Aに対し耐性をもつ寄生虫のみ生き残り、他の寄生虫は死んでしまいます。
 
「駆虫薬Aのみを、頻繁に投与する」ことを繰り返すと、その牧場の馬の体内では、駆虫薬Aに対し耐性をもつ寄生虫が生き残り続けることになり、
 
その寄生虫同士が交配し、遺伝子が次の世代に引き継がれ、産卵した虫卵が体外に排泄され、また他の馬に感染する…ということが繰り返されます。
 
結果として、「牧場で駆虫薬をちゃんと投与しているのに駆虫されず、新たな感染を引き起こし続けている」ということになってしまいます。
 
 
 
そんな事態を防ぐためには、
 
・駆虫前・駆虫後に虫卵検査を行い、確実な駆虫がなされているかを確認する
 
・駆虫薬を毎回同じものにするのではなく、種類を変えて投与する
 
などの対策が必要とされています。
 
 
また、駆虫前に検査を行い、病原性が高いとされる虫卵数を超えた馬にのみ駆虫薬を投与すること(=選択的駆虫)も提唱されています。
 
寄生虫が感染していたとしても、それが少量であれば、馬に疝痛などの症状を呈する可能性は低いためです。
 
 
 
ただし、やはり現実問題として、検査にも駆虫にも、お金がかかってしまいます。
 
すべての牧場で、理想的な駆虫計画を立てて実行できるか?というと、なかなか難しいところです…。
 
 
 
とある牧場で依頼を受けたため、虫卵検査を行いました。
 
虫卵検査にもいろんな方法がありますが、今回行ったのは、蔗糖浮遊遠心法です。
 
 

 
 
これは簡単に言うと、高濃度の蔗糖液を使うことで、糞便から虫卵を遊離させる方法です。
 
陽性なら、こんなものがみられます。
 

 
左から、円虫卵、回虫卵、条虫卵。
 
検査結果は陰性。とりあえず今回は、駆虫の必要は無いようです。
 
 
 
 
 
大学に入学したころ。新歓で、ほろよいの寄生虫病学の教授に
 
「君は寄生虫は悪いと思うかい?!人間だって、地球に寄生しているようなもんだよ」
 
と言われたのを覚えています。
 
とんでもないところに来てしまった、と思いましたが、数年後まさか自分がその研究室に所属することになるとは…
 
 
 
 
 
N
 
 

季節の変わり目、便秘

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

関東では11月でも半袖で大丈夫な位の気温の日もありましたが、

 

12月に入り 今年も残すところあと1ヶ月、

さすがに本格的な冬の寒さです。

 

寒暖差が激しいと 体に堪えますね。。。

 

こんな時期は 馬も体調を崩して

疝痛などを起こしやすくなります。

 

疝痛と言っても原因・分類は様々で、

中には外科手術を必要とするような重篤なものもあるわけですが、

 

例えばこの時期、

骨折等 何らかの問題がおきて 運動量が減ったり、

寒くなることで 急に水を飲む量が減ったり、

そういった要因から便秘になってしまうこともあります。

 

脱水していれば補液、痛みがあれば鎮痛剤の投与をしますが、

 

馬の場合、人間のように

「お薬のんでたくさん水分とって、運動してくださいね!」

で済ますわけにも行きません。

 

 

水や薬を飲ませる場合は、

こちらのチューブを鼻から入れて強制的に飲んでもらいます。

 

 

ミネラルオイルは 潤滑剤となる他

通過障害の有無を判断するのに役立ちますし、

 

他にも腸の動きを良くする薬、下剤、電解質などを、

状況によって選択して使います。

 

 

人間でも「便は健康のバロメーター」と言います。

寒い冬も元気に乗り越えていきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

千葉県香取市で毎年行われる「栗源いも祭り」

今年も良いお天気に恵まれました。

 

 

なんと この写真の全ての山の下で

たくさんの焼き芋が焼かれています…!

 

千葉県産のおいしいさつまいも

人間の便秘解消に役立つかも…?!

 

S

 

変性繋靱帯炎 Degenerative suspensory ligament disease/desmitis/desmopathy (DSLD)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

先日、両後肢の球節が地面に着きそうなくらい沈んでいる馬をみました。

これは、変性繋靭帯炎(DSLD)の特徴的な症状です。

 

 

DSLDは、慢性の繋靱帯損傷によって起こります。

特徴的な球節の沈下と繋靱帯のゆるみがみられ、飛節・膝関節が真っ直ぐになってしまうこともあります。

 

繋靱帯の損傷だけでなく、屈筋腱の損傷、球節、飛節、膝関節の関節炎も起こります。

 

DSLDは両側の後肢に起こりやすく、中高齢の馬、セン馬や牝馬に起こりやすいそうです。

 

原因は、はっきりと分かっていませんが、プロテオグリカン(グリコサミノグリカンとコアタンパクが結合したタンパク質複合体)の

異常蓄積により、靭帯組織が脆弱になると考えられており、遺伝的要因もあるという見解もあります。

 

 

特徴的な球節の沈下、跛行、繋靱帯の触診痛といった症状がみられ、

エコー検査で繋靱帯や屈筋腱の損傷を確認します。

 

レントゲン検査では球節などの関節炎やリングボーンの所見が得られます。

 

こちらは上の写真の馬とは別の馬のレントゲン写真ですが

球節の関節腔が狭くなっており(左写真の矢印)、繋靱帯周辺の石灰沈着像、第1趾骨の骨増生像がみられます。

 

 

現在もDSLDの完全な治療方法はありません。

軽度から中程度の運動(1日おき)、

削蹄・装蹄(ウエッジシュー、エッグバーシュー、Fetlock Support Shoes)、

サポートブーツの装着(ただし、長期間の使用は屈筋腱のゆるみと損傷リスクを上げるとも)、

疼痛管理や関節炎の治療としてのNSAIDの使用などで管理します。

 

ただし、関節炎の治療で、PSGAG(高硫酸化グリコサミノグリカン、アデクァン)は

プロテオグリカンの異常蓄積を招くおそれがあるため、使用してはならないとする報告もあります。

 

また、サプリメントのMSM(メチルスルフォニルメタン)は結合組織の状態を改善するので

DSLDにも良い効果を表すのではという見解もあります。

 

 

この馬はサポートブーツを試してみることになっています。

より良く過ごせるように、これからも考えます。

 

 

U

インフルエンザ

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

そろそろインフルエンザの流行りだす季節ですね。

 

 

馬にも「馬インフルエンザ」という病気があります。

 

これはその名の通り馬にしか感染しない疾病で、「届出伝染病」に指定されています。

 

そのためこれを発見した獣医師は、都道府県知事に届け出なければいけません。

 

 

症状としては、高熱や発咳、鼻汁などの呼吸器症状などが現れますが、対症療法・安静にする、などの処置で、2-3週間で回復するとされています。

 

ただし感染力が非常に強いため、注意が必要です。

 

また、感染すると患畜の移動ができなくなることや、蔓延するとレースが中止されることもあり、影響の大きい疾病です。

 

 

 

日本では、1971~1972年に流行。その後長らく発生しませんでしたが、2007~2008年に美浦・栗東トレセン、各地の競馬場で発生が認められました。

 

2007年8月には、二日間に渡り、中央競馬で開催予定だった全てのレースが中止になりました。

 

 

2007、2008年以降、わが国では発生していませんが、アメリカやカナダ、ヨーロッパでは未だ発生しています。

 

 

 

 

 

 

馬インフルエンザのワクチンは1年に2回、5月と11月に行うことが多く、このワクチンプログラムはJRAから推奨されており、助成金も支給されます。

 

 

ワクチンが有効とされる期間も決められており、前回接種してからあまり長く開いてしまうと、効果が消失したとされ、出走が認められなくなります。

 

普段の診療にワクチン接種も加わるため、獣医師にとっては少し忙しい時期です。

 

 

 

 

 

人間もワクチンを打って備えなければいけないのですが、病院によってはワクチンがもう品切れのところもあるようですね。

 

 

早めに行かなければ…

 

 

 

もちろんメイちゃんもワクチンを打ちます。

 

 

 

「びょうきじゃないのにちゅうしゃされた!!」

 

 

ちゃんと我慢しました。えらい。

 

 

 

 

N