篩骨血腫について

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

競走馬でみられる鼻血について、

以前 最も一般的な運動誘発性肺出血のお話をしましたが、

今日は別の一因、篩骨血腫についてのお話です。

 

 

ある時「馬房内で鼻血でてたんだけど、まあどこかにぶつけたのかな。」と相談を受けました。

 

その馬は中央から地方に転厩するタイミングで、

調教はお休みして休養していた、8歳のサラ牡馬でした。

 

念のため内視鏡検査をすると、鼻腔内にこのようなものを発見、

他の部分も確認しましたが他に異常は見られず、ここから出血しているようです。

 

その後経過を追っていくと、

鼻出血を再発したり、

少し時間をおいて内視鏡で見ても同じ場所に同じような組織ができていたりして、

最終的に篩骨血腫と診断をしました。

 

篩骨血腫とは、鼻腔や副鼻腔にできる非腫瘍性の血腫です。

 

性差は無い、もしくはホルモンの影響があるのかやや 牡の方が多いとされ、

また若齢の馬でもみられるものの一般的には年齢が高い馬で多くみられます。

 

発生のメカニズムとしては、

鼻甲介内の粘膜下層で繰り返し出血がおきることで、

周辺の軟部組織や骨が壊されていって、徐々に血腫が大きくなっていきます。

 

そのため、片側の鼻腔内だけで収まることもあれば、

前頭洞や上顎洞、反対側の鼻腔に広がっていくこともあります。

 

一般的な症状は、断続的に片側性におこる中程度の鼻出血です。

 

他に、異常な呼吸音が発生するケース、両側性に鼻出血が見られるケース、

また血腫が骨にまで広がっている場合は、顔の一部が腫れる、頭を振る、発咳、流涎など様々な症状がみられることもあるそうです。

 

診断は、臨床症状や病歴と合わせて、内視鏡検査が用いられます。

 

黄緑色や赤紫色の腫瘤として観察されることが多いです。

 

内視鏡検査で見える腫瘤は一部で、反対側まで広がっていることもあるため、

片側性の鼻出血であっても反対側の鼻腔もチェックした方が良いとされます。

 

またX線検査を併用するのも有効です。

 

 

競馬場ではレースで鼻出血が確認されると、

一定期間レースに出ることが出来ない規則があります。

 

篩骨血腫では繰り返し鼻出血がおきるため、

そういった意味でも、やはり治療が必要になってきます。

 

外科的に切除したりレーザーを用いた治療法もあるそうですが、

現場で行う方法として一般的なのが、ホルマリン注入です。

 

立位・鎮静下で、内視鏡を用いて、

大体2-4週間間隔でホルマリン注入を行ないます。

 

写真は、投薬カテーテルを用いてホルマリン注入を行なっているところです。

 

繰り返し治療することによって腫瘤が小さくなっていく効果が期待できますが、

特に病変が広範囲に広がっているケースではホルマリン注入によるリスクがあったり、

治療後も再発もが起こり得ることは、認識しておく必要があります。

 

冒頭で出てきた相談を受けた馬は、一度ホルマリン注入したのですが、

直後に移動してしまい、継続治療は出来なかったのですが、

結局一度地方のレースで走って、そのまま引退となったようでした。

 

実際の現場では、内視鏡検査をしないで

現場で簡単に鼻出血の判断がされている場面に遭遇することが良くあるのですが、

やはり色々な可能性を考えて個々で丁寧に対応して行く必要があると思います。

 

 

S

 

第4鰓弓欠損

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

こんにちは!

 

北海道も暑くなってきました。

 

今回は北海道から喉の病気を紹介します!

 

 

競走馬に運動不耐性を引き起こす咽喉頭部構造異常の原因として、

第4鰓弓欠損(4BAD: 4th Branchial arch defects)というものがあります。

 

第4鰓弓は発生学的に後頭部の筋肉や軟骨組織の基となる部位です。

 

それら組織の両側性または片側性の異常発生を第4鰓弓欠損といいます。

 

第4鰓弓欠損により、口蓋咽頭弓の吻側変位などの構造異常が起こり、

その結果、喉頭の構造非対称や披裂軟骨の可動性低下を引き起こすことがあります。

 

 

左が正常な馬の喉頭で、右が第4鰓弓欠損により

口蓋咽頭弓吻側変位(矢印)が起きた馬の喉頭です。

 

右の画像では口蓋咽頭弓吻側変位により、

披裂軟骨の可動性が低下していることが確認できます。

 

(Clinical Anatomy of the Horse, 1st Edition, 2005)

 

解剖学の本で確認すると、

正常な馬では披裂軟骨(4)の尾側に口蓋咽頭弓(5)がみられます。

 

第4鰓弓欠損では、喉頭部の筋肉や軟骨組織の発生異常が起こり、

その結果口蓋咽頭弓が吻側へ変位します。

 

 

 

披裂軟骨小角突起が開かなくなる病態は

喉頭片麻痺でも同様ですが、その原因は異なります。

 

喉頭片麻痺は反回神経麻痺により、

背側輪状披裂筋が動かなくなることが原因です。

 

対して第4鰓弓欠損では、

麻痺ではなく口蓋咽頭弓が吻側へ変位することにより

披裂軟骨の動きが制限されることが原因です。

 

また、喉頭片麻痺は左側の披裂軟骨で発症することがほとんどです。

右側の喉頭片麻痺が疑われる場合は、

第4鰓弓欠損の可能性を考える必要があります。

 

UR

 

感染性蹄骨炎

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

数年前、後肢の跛行で診療した症例です。

 

繋から球節にかけて腫れ、熱感、疼痛があり、

球節と蹄のレントゲン検査を行いましたが、

明らかな異常所見は得られませんでした。

 

 

消炎剤と抗生剤で治療しましたが、

跛行は良くならず、2週間後に再検査をしたところ、

蹄骨の掌突起に透亮像がみられました(矢印)。

 

さらに診断麻酔をして、跛行の原因が蹄にあることを確認しました。

 

 

二次診療施設で精密検査をしていただいたところ、

感染性の蹄骨炎と診断されました。

 

抗生剤の局所灌流や外科的処置は必要ない程度でしたので、

抗生剤の全身投与を続けました。

 

 

その後、透亮像は徐々に埋まっていき

無事に競走馬になることが出来ました。

 

 

さて、この症例の感染経路ですが、

初診時に蹄に外傷はありませんでした。

 

ただし、球節外側になかなか治らないという古い傷がありました。

 

おそらくここから、細菌が血流にのって蹄骨にたどりつき、

感染症を起こしたと考えられます。

 

 

馬の蹄、とくに後肢の蹄は心臓から遠く、

薬が行き届きにくいです。

 

蹄に外傷がなくとも、血行性に感染性蹄骨炎は

起こることがありますので、注意が必要です。

 

 

 

UK

喉頭蓋エントラップメント(EE)について

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

前回のブログで書かれていた喉頭片麻痺(Laryngeal Hemiplegia, LH)

の他にも異常呼吸音を呈す疾患があります。

 

軟口蓋背方変位(Dorsal Displacement of the Soft Plate, DDSP)や

喉頭蓋エントラップメント(Epiglottic Entrapment, EE)

第4鰓弓(さいきゅう)奇形(咽頭口蓋弓吻側変位)などです。

 

また、運動時内視鏡検査で認められる、

披裂喉頭蓋ヒダ軸側変位(ADAF)や声帯虚脱(VCC)などもあります。

 

今回はEEについて書きます。

実は、十数年前に初めてEEをみた時、DDSPとの違いがわかりませんでした。

 

 

DDSPは軟口蓋が喉頭蓋の上にきてしまう(背方変位)状態です。

 

喉頭蓋が軟口蓋の下に入り込んでいて、喉頭蓋が見えなくなります。

 

喉頭蓋が短く、薄い馬に起こりやすいですが、

喉頭蓋の形状が普通な馬でも頚を伸ばした時になってしまうことがありますので

内視鏡検査時には馬が頚を伸ばさないよう、しっかりと保定してもらいます。

 

 

一方、EEは喉頭蓋腹側(裏側)の基部にある披裂喉頭蓋ヒダという粘膜が

喉頭蓋の背側(表側)にきて、喉頭蓋をおおってしまった状態です。

 

粘膜が喉頭蓋をおおっている状態ですので、喉頭蓋は軟口蓋の上にあり、

喉頭蓋の形を確認することができます。

 

これが喉頭蓋の形が見えないDDSPとの違いです。

 

 

 

慢性になると、喉頭蓋をおおう粘膜が厚くなり、

潰瘍を伴うことがあります。

 

EEの原因はまだよくわかっていませんが、

喉頭蓋の形成不全を伴っている場合もあるようです。

 

EEの治療方法は、立位または全身麻酔下でEE用のカッターやレーザーで

喉頭蓋をおおっている披裂喉頭蓋ヒダを切開します。

 

予後は良好で早期に治癒すると報告されています。

 

 

 

 

降雪で峠が通行止になることもまだありますが、良い季節になってまいりました。

 

UK

 

育成馬の乳酸値測定

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

先日、育成馬の乳酸値測定を行いました。

 

 

育成馬の体力測定の方法として、

 

1.GPS機能付き心拍計を使用して、調教中の心拍数とスピードを測定する方法

2.ポータブル乳酸測定器を使用して、調教後の血中乳酸値を測定する方法

 

があります。

 

 

今回は2.の方法です。

 

調教後に、頸静脈から採血を行い

ポータブル乳酸測定器にセットしたセンサーに血液を吸引させると

15秒で測定結果が表示されます。

 

 

測定された乳酸値を用いて、調教時の馬の運動負荷を評価することができます。

 

また、乳酸値とラップタイムを用いて標準曲線をひくことにより

体力の変化を評価することができます。

 

 

調教メニューを変えた時や運動負荷を上げる時、

1〜2週間に1回、とくに強い調教をした時に測定を行います。

 

 

 

今回、使用した機器はこちら。

上から 真空採血管(ヘパリン)、ポータブル乳酸測定器とセンサー、採血用具 です。

採血した注射器から直接、乳酸値測定を行うこともできます。

 

 

なるべく運動後5分以内に採血を行わなければいけない

ラップタイムをできるだけ正確にとる

といった注意点もありますが、

育成馬の体力測定方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

今は北海道も暖かくなってきています。

 

 

U

仕事道具

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

馬の獣医の仕事道具には、いろいろなものがありますが
 
よく出番があるものの一つが、これ。
 

 
蹄鉗子(ていかんし)です。
 
 
これは何に使うかというと、馬の蹄を挟んで、痛みがないかをチェックするものです。
 

 
このように肢を人の足で挟んで固定し、蹄鉗子で圧痛をチェックします。
 
 
ちなみに後肢の場合は、馬の肢を膝で挟むのではなく、腿の上に置いて保定します。
 
 
獣医だけでなく、装蹄師もこれを使います。
 
皮膚であれば腫れたり、痛みのある箇所に熱を持ったりしますが、蹄は固く、炎症部位が分かりにくいことも多いです。
 
そのためこの蹄鉗子で場所を変えて圧迫することで、痛みのある場所を特定できます。
 

 
蹄底の圧迫。
 
 

 
蹄叉の圧迫。
 
 
 
蹄鉗子はよく、挫跖(ざせき)の診断に使われます。
 
挫跖とは、馬が石などの硬いものを踏んだどきに、蹄底が圧迫され、炎症が起きてしまうことです。
 
蹄の内部で出血し、化膿してしまうこともあります。
 
騎乗していて、あれっ?と思ったら急に跛行して、蹄に熱を持ったり、繋に触知できる指動脈の拍動が亢進している、という場合、挫跖であることが多いです。
 
馬はあの小さい蹄で約500kgもの体重を支えているため、挫跖などで蹄に炎症が起きた場合、重度の跛行を示すこともよくあります。
 
そういったときに、この蹄鉗子を使って、蹄の痛みを調べます。
 
 
 
ただし蹄の痛みをもたらすのは挫跖だけでなく、蹄葉炎、蹄底膿瘍、蹄骨の骨折などの可能性もあります。
 
痛みが顕著であったり、消炎剤を投与しても痛みがあまり引かない場合にはレントゲン等の検査をして、異常が無いか調べます。
 
 
 
この蹄鉗子試験をする上で気をつけなければならないのは、馬が痛みを感じたときに、強く肢を引き抜こうとしたり、飛び上がったりすることもあります。
 
そんな場合に備えて、蹄の保定はあまり強固にし過ぎず、危ない場合には肢を抜けるような状態にしておきます。
 
暴れた馬に足を踏まれた場合には、こちらが大怪我をすることにもなりかねません。
 
 
正しい診断・治療のためには、視診・触診だけでなく、こういった道具を適切に使っていくこと、そして自分が怪我をしないこともとても大事なのです。
 
 
 
 
 

 
餌を要求するメッシ。
 
 
 

 
もらえなくて怒りの爪研ぎ。
 
 
 
N