熱発

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

暖かくなったかと思えば、ここ二、三日、また肌寒い気温となっていますね。
 
 
こんな季節の変わり目には、馬も人間と同様に、体調を崩すことが増えてきます。
 
 
多少熱が高いけど元気で食欲もある、という場合には抗生剤の投与と、輸液などの対症療法で良くなることが多いのですが、
 
ひどい下痢をしている場合や、発咳などの呼吸器症状が出ている場合には、腸炎や肺炎の可能性も考えなくてはいけません。
 
 
ちょっと心配だな、と思ったら血液検査をして、白血球の上昇や、SAAの上昇がないか、などといったこともチェックします。
 
聴診では心拍や腸蠕動音、肺雑音などを確認し、全身状態を把握します。
 
 

 
 
この馬は体温が39.3℃と高く、食欲はありますが軟便をしていました。
 
血液検査もしましたが大きな問題無し。そのため輸液に解熱剤・栄養剤を入れた対症療法と、免疫・体力の低下による細菌の二次感染を防ぐため、抗生剤を投与しました。
 
 
 
 
 
そして競走馬でよく問題となるのが、「輸送熱」です。
 
 
競走馬は生産牧場から育成牧場、トレセン、競馬場へと、度々長距離移動をします。
 
また、春になると、2歳馬が北海道から本州にやって来ます。
 
しかしそういった長距離輸送で、体調を崩し、熱発する馬もいます。
 
これが輸送熱です。馬だけでなく、牛でも問題となっているようです。
 
 
症状が重くなると、熱発だけでなく、発咳や鼻漏といった呼吸器症状がみられ、その場合、肺炎を発症している可能性が高くなります。
 
 
輸送熱の原因としては、
 
・輸送によるストレス→ストレスホルモンの増加
 
・馬運車内の暑熱
 
・排泄物から生じるアンモニアや、埃を吸気してしまうこと
 
・頭を挙上したまま繋がれることにより、気道内に侵入した細菌や埃を排出できなくなること
 
などによる免疫の低下であるとされています。
 
 
 
主な原因菌は、レンサ球菌です。
 
治療は適切な抗菌薬の投与と、馬の状態を見て対症療法を行います。
 
 
抗菌薬の予防的投与を行うこともありますが、薬剤耐性菌を生じさせてしまう可能性もあるため、無闇に投与するのもあまり望ましくはありません。
 
有効性を維持するため、馬の状態と状況に応じて、必要であれば投与する、という感じです。
 
 
ちなみに牛の輸送熱は、RSウイルスやアデノウイルス、牛パラインフルエンザによって引き起こされるそう。
 
経済的損失も大きいため、こちらも特に肉牛で、大きな問題となっているようです。
 
 
 
 
 
ただし、抗生剤の使用によって腸内細菌叢のバランスが崩れ、抗菌薬関連下痢症を引き起こすこともあります。
 
また、解熱剤として使用されるNSAIDsの副作用にも、消化管潰瘍があります。
 
治療は大事ですが、そちらに気を取られて医原性の疾病を引き起こすことがないよう、そして副作用にも注意して行っていかなくてはいけないのです…
 
 
 
 
 
 

 
 
往診先の牧場で見かける猫。
 
「たぬき」と言われていました。
 
 
 
 
 
 
 
N
 
 

血清アミロイドA(SAA)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

馬で行う血液検査、

中でも今日は血清アミロイドAについてのお話です。

 

血清アミロイドA(:SAA)は、

馬で有用な急性期反応タンパクのひとつです。

 

感染や組織障害などの刺激によって、

マクロファージがIL-6を産生し、

それによって肝細胞でSAAが産生されます。

 

SAAは、リンパ球の増殖・血小板凝集・食作用を阻害し、

また単球や好中球の遊走・プロスタグランジン合成・メタロプロテナーゼの活性を促進する

などの作用を持つそうです。

 

さらに馬では SAAと活性・作用は似ているものの

構造が少しだけ違うアイソフォームというものが、

肝臓以外でも見つかっているそうで、

乳腺上皮細胞から初乳中に分泌されたり、

関節の軟骨細胞や子宮内膜からも分泌されます。

 

このように SAAは特に急性期における

全身や局所の免疫反応の形成に関わっていると考えられてます。

 

 

健康な馬のSAAは、10μg/ml以下とされていますが、

病態によっては1000倍にも上昇することもあります。

 

臨床の現場では、

SAAの値から 体内で起きている炎症反応の状態を推測して、

「どの薬を使うか」「いつまで薬を続けるか」

といった判断をするのに非常に役立てます。

 

 

検査会社に外注で検査してもらうことはできますが、

往診現場では治療までにタイムラグが生じてしまうため

現場でも使える検査キットも販売されています。

 

日本で市販されている

SAA値を定量的に測定できる検査キットがこちら。

 

 

遠心して得られた血清をチューブに1μL入れて、試験紙の端を浸し、

10分後に矢印部分のラインを判定表と比べて結果を出します。

 

(ただしこちらは最近生産中止になってしまったそうです…。)

 

 

さらに海外では、このようなキットが販売されています。

 

 

こちらも前述と同様ですが、

採血管の全血を少量希釈して、キットに滴下するだけでとてもお手軽、

現場で10分で結果を数値で出してくれる優れモノ!

 

 

あったらとても便利!!!

。。。なのですが、今のところ 日本では販売されていません。

 

 

このように

往診先で必ずしもすぐに検査できる状況とも限らないので、

やはり数値だけに頼るのではなく、

状態を見て 自分で判断する力も養う必要がありますね。

 

 

水族館のメガネモチノウオ。

 

 

名前の由来は、

目の横の線状の模様が 眼鏡のつるにみえること。

おでこのコブは年をとると大きくなるそうです。

 

この方は、いつも定位置で休んでいます。

可愛い顔で、個人的にお気に入りです。

 

S

 

眼の検査

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

先日、研修に行ってきました。

「第21回獣医師生涯研修」というもので、栃木県の那須塩原市にある、地方競馬教養センターで毎年行われています。
 

こんな感じで、2週間毎日違う研修を受けることができます。
 

 
 
 
 
何時間受けても受講料は一律。宿泊可、申し込めば3食付いてきます。
 
生馬や屠体を使って実際に練習することができる、とても貴重な機会です。

 
 
 
 

その研修で学んだ眼瞼の神経ブロックを使って、馬の眼の内部を観察してみました。
 
 
これは眼や瞼の治療のときに使う神経ブロックです。
 
 
瞬きを抑えられるため、眼球のエコー検査をするときにも使います。
 
 
エコー検査では、網膜剥離や虹彩癒着、白内障などの診断ができます。
 
 
 
今回ブロックするのは3箇所。
 
 

耳介眼瞼神経ブロック、

 

眼窩上神経ブロック、

 

眼瞼下神経ブロック

 

の3つです。
 
 
触診して場所を確かめた後、それぞれの神経の辺りに針を刺し、浸潤させます。

 

瞼に対する反応が無くなったのを確認した後、エコーで眼球の状態を確認しました。
 
プローブは眼瞼に当てます。

 
 
水晶体に、ぽつぽつと高エコー領域が確認できます(特に縦断面)。
 
これはおそらく、軽度の白内障だと考えられます。この馬はもう17歳なので、年齢によるものでしょうか。
 
外観上では特に白濁も見られず。視力にも、そこまで影響は無さそうです。
 
 
 
 
 
人間ならば、じっとして!痛くても我慢して!と言えば静かにしていてくれますが、馬ではそうはいきません。
 
 
 
正しい診断・治療をするには、こういったテクニックも大事なのだということを学びました。
 
 
 
 
  
 
 
 


 
 
あれ?いない?
 
 

 
 
最近はこっちがお気に入り。
 
あったかいしいつでも作業を邪魔できる。いいことずくめです。
 
 
 
 
 
 
N
 
 

潜在精巣(陰睾)

Posted on Posted in b. 診療について, f. その他, LATEST NEWS (Blog)

精巣は体温より5°C程低い陰嚢内に存在することで、

精子を産生できるようになります。

 

しかし精巣は

最初の発生の段階から陰嚢の中でできるのではなく、

 

胎児の時に腎臓に近い体の中で作られた後、

お腹の中を移動し、 鼠径管を通って陰嚢の中に降りて来ます(=精巣下降)。

 

この精巣下降は

馬では通常 生まれる1ヶ月前から出生後10日の間に起こるそうです。

 

ところが、何らかの要因でこのプロセスが上手くいかないと

精巣が腹腔内や鼠径管内に留まったままとなり、

この状態を ”潜在精巣 / 陰睾”と言います。

 

 

精巣下降のメカニズムは複雑で、

 

潜在精巣になる要因も

精巣導帯・精巣上体・鞘状突起など 鼠径部や陰嚢内の発生や発達に異常があったり、

また種々のホルモンが影響していたりと、様々あるとされています。

 

 

例えば犬の潜在精巣は、腫瘍化する可能性が

通常に比べて10倍以上も高くなるそうですが、

 

馬の精巣腫瘍自体が稀で、

潜在精巣と精巣腫瘍発生の関係も明らかになっていないそうです。

 

しかし潜在精巣でも

雄性ホルモンであるテストステロンは産生されるため、

 

通常の牡馬同様(もしくはそれ以上の場合もあるそうですが)

ウマッケが強かったり、

 

ウソかマコトか「調教時に、馬が陰睾を気にしている!」

と相談されることもあったり、

 

またはっきりとはわかっていませんが

一般的には馬では遺伝的な要因もあると考えられていることから、

 

馬の潜在精巣は 外科手術で切除するのが一般的です。

 

(馬でも ごく限られた適応例には

hCGやGnRHを用いたホルモン治療も効果が期待できるそうです。)

 

潜在精巣がどこにあるかによって アプローチの仕方も変わってくるため、

鎮静下でしっかり触診したり、直腸検査や超音波検査で確認します。

 

設備があれば腹腔鏡を用いて立位で行うこともありますが、

一般的に手術は全身麻酔下で行います。

 

(画像:Manual of Equine Field Surgeryより)

 

外鼠径輪のすぐ近くにあってすぐに摘出できる場合もあれば、

腹腔内にある場合だと 少し手技が煩雑になるようです。

 

 

下の写真は、

美浦のA先生のところで見学させていただいたときのもの、

いずれも左側陰睾の症例です。

 

 

ちなみに潜在精巣の対処法は

・人間:精巣を陰嚢内に手術で固定する方法

・犬:腫瘍化する可能性があるため摘出する方法

が それぞれ一般的なようですが、

 

例えば競走馬の片側生の潜在精巣の場合、

「牡馬限定のレースに出るから 潜在精巣だけ摘出して、

正常な方の精巣は残しておいてね!」というケースもあります。

 

また象の精巣は正常な状態で体内にあるそうです…何故。

 

不思議な臓器、精巣。生命の不思議です。

 

たらの白子が美味しい季節になりました。

 

 

S

 

ウォブラー症候群(腰萎)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

先日、腰萎(ウォブラー症候群)の疑いのある当歳馬の頸部レントゲン撮影を行いました。

 

第3頚椎と第4頚椎間の 脊髄が通る脊柱管の内径(矢印、赤線)が他より狭く、

頭側椎体最大幅(黄線)の半分以下でした。

 

確定診断ではありませんが、ここ(矢印)で狭窄が起こっている可能性が高いです。

 

 

頸部レントゲンの撮り方は、以前書きましたので、今回はウォブラー症候群について書きます。

 

まず、ウォブラーとは、動揺歩様(フラフラした歩様)を示す動物のことを表現する用語です。

 

動揺歩様は、肢の位置を感じることの不能(知覚神経の障害)または

適切な神経情報を肢をコントロールしている筋肉へ供給することの不能(運動神経の障害)

により生じます。

 

ウォブラー症候群では 次の4つの原発領域が影響を受けます。

 

1.脳と脳幹

脳損傷によるウォブラー症候群では、通常全4肢の異常運動を示します。

損傷の位置によって、様々な脳神経症状(視覚障害、嚥下障害、頭部の傾きなど)

が現れます。

 

 

2.頸部脊髄

頸部損傷では、一般的に全4肢の異常運動を示しますが、脊髄の中で

後肢に情報を与えるニューロンが前肢のものよりも外側(表層)にあるため、

後肢が最初に影響を受けます。

 

頸椎狭窄症(Cervical Vertebral Stenosis, CVS)は、脊柱管が十分に大きく成長しなかったり、

異常な成長により 脊髄が圧迫されて起こります。

 

頸椎奇形(Cervical Vertebral Malformation, CVM)または、椎骨の奇形、椎骨の配列異常、

非常に小さな脊柱管、関節面または椎体の椎窩の変化は、

若馬(当歳〜2歳)に起こりやすいです。

 

骨関節症・変形性関節症は、古馬(5歳以上)に起こりやすく、滑液の増大によって

脊髄圧迫を起こします。

 

 

3.背部と骨盤

馬変性性脊髄症(Equine Degenerative Myelopathy, EDM)は、通常2歳以上の馬にみられ、

固有受容感覚(自分の肢が空間内のどこにあるかを感じる能力)が最初に影響を受け、

後躯が最も重篤な影響を受けます。

原因はおそらく神経組織の酸化的損傷と考えられており、ビタミンEによって

進行が止められたという報告があるそうです。

また、EDMでは軽度の近くの鈍麻(注意力の減少)が認められ、

CVMではこれはないとされています。

 

 

4.広汎的(1つ以上の問題がある場合)

馬原虫性脊髄脳炎(Equine Protozoal Myeloencephalitis, EPM)

馬ヘルペス脊髄症(Equine Herpes virus Myelopathy, EHM) など。

 

 

長くなりましたので、この辺で終わります。

次回は検査方法を書きましょう。多分。

 

 

 

 

U

寄生虫

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

馬にも寄生虫がつくことがあります。

消化管内寄生虫で、競走馬で特に重要とされるのが、円虫、回虫、条虫の3種です。




(上から円虫、回虫、条虫。出典:馬の寄生虫病-中央畜産会)

これらはおもに小腸・大腸、円虫は肝臓や前腸間膜動脈、回虫は肝臓や肺などにも寄生します。

大量寄生すると、疝痛、下痢、錯綜、食欲不振、皮膚の菲薄化、元気消失などの症状を引き起こします。

特に仔馬では、腸閉塞や腸重積などを引き起こし、開腹手術を要することもあるため、駆虫が重要になってきます。

駆虫薬は基本的に経口投与。

ならば定期的な投与をしていれば安心!かと思えば、そういうわけでもなかったりするのです。

最近は駆虫の重要性が広まっており、駆虫を馬に投与することは珍しくなくなってきています。

下痢をしているからちょっと駆虫薬あげておこう、という声も聞かれます。

しかし近年、薬剤耐性をもつ寄生虫が増加しているのです。

なぜ薬剤耐性がつくかというと、

寄生虫の中には、もともとある駆虫薬に対し耐性を持つものがわずかに存在します。

例えばある牧場で、飼育している馬に駆虫薬Aを定期的に投与するとします。

その牧場の馬では、駆虫薬Aに対し耐性をもつ寄生虫のみ生き残り、他の寄生虫は死んでしまいます。

「駆虫薬Aのみを、頻繁に投与する」ことを繰り返すと、その牧場の馬の体内では、駆虫薬Aに対し耐性をもつ寄生虫が生き残り続けることになり、

その寄生虫同士が交配し、遺伝子が次の世代に引き継がれ、産卵した虫卵が体外に排泄され、また他の馬に感染する…ということが繰り返されます。

結果として、「牧場で駆虫薬をちゃんと投与しているのに駆虫されず、新たな感染を引き起こし続けている」ということになってしまいます。

そんな事態を防ぐためには、

・駆虫前・駆虫後に虫卵検査を行い、確実な駆虫がなされているかを確認する

・駆虫薬を毎回同じものにするのではなく、種類を変えて投与する

などの対策が必要とされています。

また、駆虫前に検査を行い、病原性が高いとされる虫卵数を超えた馬にのみ駆虫薬を投与すること(=選択的駆虫)も提唱されています。

寄生虫が感染していたとしても、それが少量であれば、馬に疝痛などの症状を呈する可能性は低いためです。

ただし、やはり現実問題として、検査にも駆虫にも、お金がかかってしまいます。

すべての牧場で、理想的な駆虫計画を立てて実行できるか?というと、なかなか難しいところです…。

とある牧場で依頼を受けたため、虫卵検査を行いました。

虫卵検査にもいろんな方法がありますが、今回行ったのは、蔗糖浮遊遠心法です。

これは簡単に言うと、高濃度の蔗糖液を使うことで、糞便から虫卵を遊離させる方法です。

陽性なら、こんなものがみられます。

左から、円虫卵、回虫卵、条虫卵。

検査結果は陰性。とりあえず今回は、駆虫の必要は無いようです。

大学に入学したころ。新歓で、ほろよいの寄生虫病学の教授に

「君は寄生虫は悪いと思うかい?!人間だって、地球に寄生しているようなもんだよ」

と言われたのを覚えています。

とんでもないところに来てしまった、と思いましたが、数年後まさか自分がその研究室に所属することになるとは…

N