夏負け

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

暑い時期によく聞くのが、「夏負け」という言葉。
 
 
これは簡単に言えば、夏場の高い気温による馬の体調不良です。
 
 
症状としては
 
・目や鼻の周りの毛が薄くなり、黒ずんで見える
 

(この馬は、そこまで重度ではありません)
 
・体温が高い
 
・運動後しばらく経っても呼吸が荒い
 
・異常に発汗している、もしくは全く発汗がみられない
 
・牡馬では睾丸が腫脹し、垂れ下がっている
 
・食欲が落ちる
 
 
といったものが見られます。
 
 
 
同じ厩舎で生活して、同じような運動をしていても、全くこれらの症状が出ず元気なものもいれば、少しの運動でも息が荒くなり、その状態が何日も続く馬もいます。
 
 
また、牡馬よりも牝馬の方が暑さに強い、と言われているようです。
 
 
あとは、北海道から来たばかりの2歳馬は、暑さに慣れていないためでしょうか、梅雨明け頃から夏負けの症状を見せるものが増えてくるように思います。
 
 
 
 
治療としては輸液による脱水の改善、栄養剤の投与などがありますが、それだけで完治するようなものでもないため、
 
治療でコンディションを整え、様子を見ながら運動させ、暑さに適応してくれるのを待つ…という感じです。
 
 
 
 
 
JRAのトレーニングセンターでは、厩舎にエアコンが設置されているようですが、外の牧場ではまだまだ難しいのだと思います。
 
 
 
 
そのため牧場では、馬のためにいろいろな暑さ対策をしています。
 
 
 
運動後は馬体に水をかけて冷やしたり、
 
 
こういったミストシャワーを取り付けたり、
 

 
 
ミスト付きの扇風機をつけたり、
 

 
 
厩舎の屋根に散水用のホースを取り付け、上から冷やしたり、など。
 

 

(見えにくいですが、水滴が屋根から落ちてきています)
 
 
あとは、発汗によって失われた分を補うために、飼料に電解質を多めに加えるといったことも。
 

 
 
 
 
 
もう9月。早く涼しくなってくれればいいのですが、残暑はまだまだ厳しいようです。
 
 
 
 
 
 

 
いっちょまえに、馬房に2台も扇風機をつけてもらったメイちゃん。
 
 
 
 
 
N
 
 

獣医になってはじめての見学

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

 

 

今週は、当院が関わっている馬が喉頭蓋背方変位(DDSP: Dorsal Displacement of the Soft Palate)の

手術を行うということで、NOSAIみなみの家畜高度医療センターへ見学に行きました。

 

 

 

 

DDSPについて簡単に説明すると、喉頭蓋が軟口蓋の腹側に変位するものです。

 

 

この状態になると正常な呼吸を妨げ、呼気時に「ゴロゴロ」や「ブルブル」のようなノド鳴りが起こります。

 

健常な馬でも首を頭側に伸ばした際にDDSPが誘発されることは頻繁にあります。

 

ですが、運動時や首を曲げた状態でも頻発している場合には、運動不耐性や呼吸困難を生じる喘鳴症の原因となります。

 

DDSPが正常な運動を妨げるのであれば舌縛りなどの対策、さらには重度であれば手術を考慮する必要があります。

 

 

そして、今回の手術内容は、喉頭タイフォワード手術(Laryngeal Tie-Forward Procedure)と喉頭ヒダ切除術でした。

 

喉頭タイフォワード手術は、喉頭蓋が腹側へ落ちるのを防ぐ目的で行われます。

 

甲状軟骨と舌骨底骨に縫合糸を架け、喉頭蓋を頭背側へ押し出すような力作用を加わえるものです。

 

(AUER&STICK EQUINE SURGERY FOURTH EDITION.  P.584, FIGURE 44-24)

 

 

 

 

当院は一次診療施設なので、普段は手術を見る・実施することはありません。

 

今回の見学では、センターの先生方との多面的な会話によって知見を広げることができました。

 

 

私は学生時代、学外実習をするときに必ず守ってきたことは「問題解決のための質問をする」ということです。

 

獣医療に関するただの質問のほとんどは教科書に書いてあるので、聞く側も答える側も退屈でしかありません。

 

ですが、疑問に思ったことに対し、まずは思考して自分の中で仮の結論を出してから質問をする。

 

そうすることで会話が広がり、ちょっとしたディスカッションになります。

 

この学生時代からのクセは社会人になっても役に立つことを今回実感しました。

 

 

 

 

学生の皆様にもこのマインドセットを持つことをおすすめします。

 

 

獣医師は生涯勉強じゃき!

 

 

T

レポジトリー検査 〜内視鏡検査〜

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

競走馬のセリが行われている真っ只中、

現在、北海道研修をしています。

 

 

主にレポジトリー検査のサポートを行っています。

 

レポジトリー検査では

四肢レントゲン像 や 咽喉頭部内視鏡像 をとります。

 

四肢レントゲン像は

前肢の腕節、球節、及び後肢の飛節、球節を撮影します

(後膝を撮ることもあります)。

 

 

内視鏡検査では鼻腔から内視鏡を挿入し、

披裂軟骨の動きや外転、左右の対称性などを確認します。

 

 

大きくはⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのグレードに分けられ、

グレードの数字が上がるほど、症状が良くないことを表します。

 

 

また、DDSP(軟口蓋背方変位)などの咽喉頭部の異常も知ることが出来ます。

(馬の医学書,2016,日本中央競馬会競走馬総合研究所,p278)

 

 

しかし、内視鏡検査時に馬が頚を頭側に伸ばすことで、

物理的にDDSPになってしまうこともあり、注意が必要です。

 

 

鎮静剤使用下における内視鏡検査では 喉頭片麻痺グレードが変化することもある

(http://blog.jra.jp/shiryoushitsu/2019/03/post-cc77.html)という報告もあり、

 

 

気性の荒い馬に対してのレポジトリー検査は

注意深く慎重に行わなければなりません。

 

 

セリで売買される競走馬を公正に評価するためにも

レポジトリー検査は重要であり、

今後もより慎重かつ丁寧に実施していかなければなりません。

 

 

 

最後に初めてのセレクトセールの会場の写真を1枚。

 

K

 

馬の予防接種 〜日本脳炎ウイルス〜

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

予防接種とは特定の病気にかかりづらいように、

免疫を作ることを目的として実施されます。

 

今、世界中で流行っているコロナウイルス(COVID-19)に対しても、

ワクチンが作られているのもそのためです。

 

また、馬にも予防接種があります。

 

馬インフルエンザ、日本脳炎、ゲタウイルス、破傷風などに対する予防接種が実施されていて、

日本脳炎が発生する可能性が高い時期を考慮し(蚊の発生など)、

5〜6月の時期には3種混合ワクチン(馬インフルエンザ、日本脳炎、破傷風)等を接種します。

 

今回はその中でも日本脳炎ウイルスについて書いていきましょう。

 

 

日本脳炎は法定伝染病であり、人獣共通感染症です。

 

また、その原因となるウイルスは

フラビウイルス科 フラビウイルス属 に属します。

 

日本ではコガタアカイエカによって媒介され、

蚊の唾液腺で増殖したウイルスが吸血の際に伝播されていきます。

 

馬に感染すると発熱を起こし、その後、沈鬱、興奮、麻痺などを引き起こします。

さらにひどい症状の場合は死亡する例もあります。

(チクサン出版社/馬の医学書 より)

 

なので予防接種をし、

日本脳炎ができるだけ起きないように防がなければならないのです。

 

さて今月末は、宝塚記念‼︎

みんなで競馬を盛り上げましょう!

 

K

 

ワクチン、風土病

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

5-6月はワクチンの季節です。
 
5月はインフルエンザ・日本脳炎(基礎)・破傷風の3種混合ワクチン、
 
6月は日本脳炎(補強)・ゲタウイルスの2種混合ワクチンを使うことが多いです。
 
 
 
 
 
1971年、国内で馬インフルエンザが流行し、翌年に「軽種馬防疫協議会」が設立されました。
 
馬の伝染性疾病の予防・蔓延防止を目的として活動しています。
 
 
その軽種馬防疫協議会の報告によると、馬インフルエンザはフランス、オランダ、アメリカでは、2020年1-3月の間で既に発生しています。
 
 
海外からの輸入馬もみられる今、現在日本に存在しない疾病であっても、感染拡大を防ぐためにワクチンを接種することは大切なのです。
 
 
そして日本においては、馬インフルエンザは2008年以降、馬の日本脳炎は2003年以降発生していないようですが、
 
破傷風は毎年のように発生しているようです。
 
競走馬では、馬インフルエンザ以外はワクチン接種は絶対ではないのですが、日本脳炎・破傷風ともに恐ろしい病気なので、ワクチン接種をお勧めしています。
 
 
 
 
同じ報告を見ていると、「腺疫」の項目に、
 
「国際的に腺疫は多くの国で風土病である」
 
という記載がありました。
 
 
風土病とは、「特定地域に持続的に多く発生する病気。その土地特有の自然環境や生活習慣が関与する。」だそうです(三省堂 大辞林 第三版)。
 
 
 
 
腺疫は、連鎖球菌によって引き起こされる疾病です。
 
特徴的な症状は、顎下リンパ節の腫脹です。
 

(出典:腺疫(第3版)/日本畜産会)
 
 
他には、発熱、鼻汁、元気消失、リンパ節からの排膿がみられることも。
 
 
細菌感染によるものですが、抗生剤の全身投与には賛否両論があります。
 
リンパ節に膿瘍が形成された場合、その中心部にまで抗菌薬が到達しないとされているためです。
 
また、感染の進行による免疫刺激を妨げ、リンパ節肥大→破裂という病態経過を遅延させます。
 
これにより保菌馬となったり、重篤な症状を引き起こしやすくさせるとも言われています。
 
 
そのため治療としては、疼痛が強い場合には消炎剤を用いたり、温熱パックなどでリンパ節の排膿を促したりします。
 
ただし呼吸困難、高熱など重篤な症状が出た場合には抗生剤を使用することもあります。
 
 
アメリカやオーストラリアなどではワクチンが用いられていますが、日本では市販されていません。
 
また、100%感染を防ぐことはできないそう。
 
 
 
 
栗東では年に数回は診ており、また日高、関東の診療所でも治療を依頼されることはあります。
 
なので日本の、少なくともその3箇所では、それほど珍しくない疾病なのだと思います。
 
 
腺疫(第3版)(日本畜産会)によると、1992-2010年に腺疫の発生が確認されたのは北海道、福島、千葉、滋賀の4県。
 
 
ここ数年のデータが無く分からないのですが、これも風土病、と言っていいのでしょうか…?
 
単に馬の多い地域で見られているだけなのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 

 
遠巻きに鳩を狙うも、既に気付かれているメッシ。
 
 
 
N
 
 

たいせつな鼻のお話

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

今回、はじめてブログを書かしていただきます、

当プラクティスの新人獣医師 T です。

今週は馬関係者なら日々の管理で興味を抱くであろう、鼻の話をします。

 

 

Ⅰ. ) そもそもなんで鼻が大切なのか?

 

ウマは他の動物と異なり、口腔が胃のみにつながっている。

そのため、口呼吸ができない仕組みになっている。

なので何らかの原因で鼻腔が詰まると呼吸が苦しくなってしまう。

さらに悪いケースでは辛うじて呼吸ができる状態になってしまう。

 

 

Ⅱ. ) では、鼻腔が詰まる病気ってどんなものがあるのか?

 

『蓄膿症 Empyema』

 

副鼻腔炎や上部気道炎(鼻から咽頭まで)、歯牙疾患は放置すると、

副鼻腔の細菌感染またはこの部位へ感染の波及が起こることがある。

 

このような病気を蓄膿症といい、

軽度から重度まで、病状には大きく差がでる。

 

軽度な蓄膿症の多くは膿性鼻汁がみられるが、

悪化すると鼻汁も少ししか出なくなり、それらが副鼻腔に貯留する。

また、病状の悪化と相応して、徐々に呼吸がしにくくなる。

 

ウマは私たちのように鼻をすすって分泌物を口から吐き出すことをしないのかもしれない。

 

そのため、膿が徐々に貯まり内側から鼻の構造を圧迫した結果、

外観にも変化がみられることもある。

さらには、もう一方の鼻腔も狭くなり、さらに呼吸が苦しくなる。

 

このような状態のときに頭蓋骨をコンコンとノックすると、

物をいっぱいにいれた木箱に似た音が聞こえる。

 

 

 

このように蓄膿症の診断には

おもに飼い主の稟告、レントゲン検査、内視鏡検査が有用だ。

 

治療には抗生物質を用いるが、症状を改善できない場合がある。

 

その際に選ぶ手段として円鋸術というものがある。

 

これは、外側から鼻腔に向かって骨に丸い孔をあける外科手術である。

その孔を通して繰り返し鼻道を洗浄し、貯留している膿を抜く。

 

この治療には毎日やる根気強さが必要だ。

 

 

 

最後に、飼い主がやるべきことは、

結局のところ、言わずとも、

日常管理での状態チェックが最重要項目となります。

 

鼻はウマにとって代替不可能な呼吸の部位のひとつです。

 

上記のような病気の悪化で、

飼い主も馬も精神を削る思いで病気に向き合うことにもなりかねません。

 

顔面の腫れや鼻出血などの異常がみられたら自己判断でそのままにせず、

すぐにかかりつけの獣医さんにスマホから電話相談しましょう。

 

 

その行動が大切な愛馬との健康な生活へとつながるから。

 

 

T