頸部レントゲン

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

最近、頚のレントゲン依頼が数件ありました。

 

頚のレントゲンは、腰萎(ウォブラー症候群)の疑いがある場合で

撮影依頼されることがほとんどです。

 

ただし、フィールドでの撮影、我々が持つポータブルレントゲン発生装置

では限界があり、確定診断はできません。

確定診断前のスクリーニング検査と考えてください。

 

今日はウォブラー症候群について…ではなく

頚のレントゲンの撮り方です。

 

馬に鎮静剤を投与して、首がまっすぐになるように保定してもらいます。

 

鎮静剤を使うのは、馬ができるだけ動かないようにするためです。

頸部は、筋肉が下肢に比べて分厚いので、レントゲンの照射時間も長くなります。

馬が動いてしまうと、ブレの原因になります。

 

また、馬の頭が下がると、レントゲンを照射する側も楽になります。

(ポータブルのレントゲン照射装置は結構重いのです…)

 

センサー板(カセッテ)の場所は、下図のようになります。

 

第2頚椎(環椎)翼が触知できますので、そこを目印にします(図の中の赤丸)。

 

そこから、板を半分ずつずらして順番に撮っていくと、どこを撮っているのか、

わかりやすいです(図の1→5)。

 

頚椎の位置は、頭に近い方は首の上の方ですが、

肩の方へ近づくにつれ、真ん中あたりになっていきます。

 

頚椎がどこにあるかをイメージしながら撮影しています。

 

第1頚椎(C1)から第6頚椎(C6)まで、ポータブルでも撮ることができます。

頚椎に骨折などないか、確認することができます。

上のレントゲン写真では、C4ーC5の位置が少しずれているのが確認できます。

 

さらに、頚椎管のサイズをレントゲン読影用のソフトを使って計測します。

上のレントゲン写真では、C4の頚椎管サイズが他と比べて少し狭いことがわかりました。

 

しかし、本当に脊髄の圧迫が起こっているかどうかは、

造影剤を使用して、大型レントゲン装置で撮影しなければ確定できません。

 

我々が行えるのは、あくまでもスクリーニング検査なのです。

 

 

U

リンパ腫

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

 

リンパ腫とは

リンパ節・脾臓・腸管関連リンパ組織などのリンパ組織

から発生する造血器系腫瘍です。

 

馬の造血器系腫瘍の中では最も一般的で、

品種・性別・年齢関係なく発生します。

 

危険因子は特定されておらず、

また遺伝的素因も無いとされています。

 

症状は、

体重減少・沈鬱・無気力・体壁腹側面もしくは肢端の浮腫

回帰熱・末梢リンパ節も侵されていれば リンパ節の腫脹

などは認められることが多いものの、

 

罹患している臓器・程度などによって異なります。

 

検査としては、

・身体検査

・直腸検査

・胸腔及び腹腔の超音波検査

・血液検査(貧血は多くのケースで見られる)

・可能であれば、リンパ節などの吸引穿刺もしくは生検

が挙げられます。

 

 

「ちょっと調教するとすぐ39℃くらいの熱発する。

少し休めば落ち着くけど、調教するとまた熱発して…調教が進められない。」

という相談を受けたサラブレッドの1歳馬がいました。

 

初診時 39.5℃の熱発・重度の貧血(Ht10-15%程度)・下痢の症状を示し、

 

その後 徐々に状態が悪化、

 

死亡後に剖検したところ、

消化管の粘膜及び漿膜面に結節状に腫瘍性のリンパ節が増殖しており、

 

最終的に病理検査を行って、

消化管型、T細胞性リンパ腫と診断されました。

 

(注:以下解剖の画像です。)

 

 

一般に馬のリンパ腫は

特徴的な臨床症状が無いことから 診断が遅れることが多く、

 

そもそも経済動物の側面が強い馬に対しては

寛解が見込めない治療は 選択しないというのが現状のようです。

 

現役競走馬は 基本的には健康なアスリート達なので、

普段の診療ではほとんどお目にかかることはない疾患ですが、

 

現場の限られた環境の中でも、

きちんと診断していける知識を身に着けて置かなければいけないと

強く感じた症例でした。

 

S

 

謎のぷよぷよ

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)


「先生、肘になんかできてるんだよねー」


往診先でそう言われて、診たのがこちらの症例。


 


右前肢の肘に、ぷよぷよしたできものがあります。

大きさは鶏卵くらいでしょうか。



中は水が溜まっているような感触。結構強めに押しても馬は平気な顔。


餌をもりもり食べていました。



熱を持っているだとか、そういうこともありません。

牧場の方に聞いても、運動にも特に支障はないとのこと。

 




これは、「肘腫」というもの。


横になったり起きたりするときに摩擦が生じたり、運動時に後肢がぶつかったりすることによって、


肘頭に滑液の溜まった袋ができてしまったものです。

 

 

溜まった液を抜いたり、切開して袋を取り除くこともありますが、


一度すっきりしても、再発してしまうものも多いようです。


あとは蹄鉄を変えてみたり、血行促進の塗り薬を使ったりもします。



この馬は移動が近いということ、また本人が全く気にしておらず、感染の可能性は低いだろうといったことから、


今回は様子見になりました。




本当に水風船のような感触。


人間だったらついつい気にして触ったり、ぷちっと潰したくなりそうな気もしますが、


馬にはそういった欲求は無いのでしょうかね?

 


補液の段ボールから救出されたニホントカゲ。


つるっとして可愛い。




N


メイちゃんの整歯

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング


以前の記事で、整歯の紹介があったかと思いますが

ライジングのマスコットであるこの方も、例外ではありません。

メイちゃんです。


彼女は2歳ですが、聞くと以前に整歯をしたのがいつか分からない、とのこと。

歯を触ってみると、なかなか立派に伸びてしまっていました。

ならば削ろうと思ったはいいものの、彼女は口が小さいため、開口器が使えません。

頑張って片手で口を開かせつつ、もう片方の手で削ります…

まずは、鎮静をかけずにやってみることに。

顔がすごい。


前に出てこようとするメイちゃんと、体を張る牧場スタッフ。

何とか状態をキープし、削ります。

かと思いきやこの後、獣医と牧場スタッフをものともせず突進。

逃走を図りました。

マスコットとはいえその体重は100kgオーバー。

普通に危ないので鎮静をかけて再トライ。





…が、あまり変わらず。

眠そうにはするものの、削り出すと防衛本能が働くのか、再度突き進んできます。

 




顔もすごい。



ご飯食べやすくなるから、我慢してー



何とかかんとか我慢してもらって、とりあえずいいかな、というところで今日はおしまい。

お帰りいただきました。



こまめな手入れの大切さを学んだ日でした。



「ひどいめにあわされた」

ごめんごめん。




 



N



筋肉の萎縮とショックウェーブ

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

まだまだ寒い北海道からお送りします。


背中~腰~臀部の筋肉がおちてしまった馬のショックウェーブ治療を行いました。

 

写真上がショックウェーブ施術前、写真下が施術後1週間です。


筋肉がおちて、背骨がゴツゴツ見えていたのが、ふっくらしています。(ピンボケしていてごめんなさい!)


 

 

こちらは、左肩(棘上筋)の萎縮を起こした馬。


左前肢を着くことが出来ないとのことで、診察したところ棘上筋の萎縮がみられました。


おそらくぶつけるなどして、神経麻痺を起こしたものと考えられます。

こちらも同じく、左前肢が着けないとのことで、診察した馬で、左の棘上筋の萎縮がみられました。


写真左が初診時、写真右がショックウェーブ治療を始めて1ヶ月後。



1か月後もまだ萎縮が残っていますが、前肢はしっかりと着くことができ、少し筋肉が戻ってきていました。


どちらの馬もショックウェーブ治療を2週間ごとに合計4回行ったところ、筋肉の萎縮がみられなくなりました。


もともと肉付きの悪いものを、肉付き良くすることはできませんが、

何らかの原因で筋肉がおちて(萎縮)してしまった場合は、ショックウェーブ治療が有効な場合があります。



U

鼻涙管閉塞

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

「涙が出る」という相談を受けることがあります。

 

そもそも涙は、涙腺などで産生され

鼻寄りの瞼にある涙点から 涙嚢を経て鼻涙管を通り

鼻腔へと流れます。

 

「涙が出る」という症状の場合

産生が増えているのか、排泄が滞っているのか、

どちらに起因するものか判断することが必要です。

 

馬では

角膜疾患など”産生が増える”病態も多い一方で、

“排泄が滞る”原因として多いのが 鼻涙管の閉塞です。

 

スクリーンショット 2019-03-15 10.39.29

 

鼻涙管の開口部が欠損している先天性の場合と、

異物や炎症によって

もしくは 顔の骨折や歯の問題などによっておこる

後天性のものがあります。

 

 

スクリーンショット 2019-03-15 10.39.57

 

完全に閉塞している場合は

外科的処置が取られることもありますが、

 

原疾患がなく 単に詰まっているような状態であれば、

通水するだけで症状が改善することも多いです。

 

 

最近変わりやすいお天気ですが、

晴れた日などはとても暖かく 春の訪れを感じます。

 

スクリーンショット 2019-03-15 10.38.48

 

関東は桜の開花まで間もなく。

 

S