潜在精巣(陰睾)

Posted on Posted in b. 診療について, f. その他, LATEST NEWS (Blog)

精巣は体温より5°C程低い陰嚢内に存在することで、

精子を産生できるようになります。

 

しかし精巣は

最初の発生の段階から陰嚢の中でできるのではなく、

 

胎児の時に腎臓に近い体の中で作られた後、

お腹の中を移動し、 鼠径管を通って陰嚢の中に降りて来ます(=精巣下降)。

 

この精巣下降は

馬では通常 生まれる1ヶ月前から出生後10日の間に起こるそうです。

 

ところが、何らかの要因でこのプロセスが上手くいかないと

精巣が腹腔内や鼠径管内に留まったままとなり、

この状態を ”潜在精巣 / 陰睾”と言います。

 

 

精巣下降のメカニズムは複雑で、

 

潜在精巣になる要因も

精巣導帯・精巣上体・鞘状突起など 鼠径部や陰嚢内の発生や発達に異常があったり、

また種々のホルモンが影響していたりと、様々あるとされています。

 

 

例えば犬の潜在精巣は、腫瘍化する可能性が

通常に比べて10倍以上も高くなるそうですが、

 

馬の精巣腫瘍自体が稀で、

潜在精巣と精巣腫瘍発生の関係も明らかになっていないそうです。

 

しかし潜在精巣でも

雄性ホルモンであるテストステロンは産生されるため、

 

通常の牡馬同様(もしくはそれ以上の場合もあるそうですが)

ウマッケが強かったり、

 

ウソかマコトか「調教時に、馬が陰睾を気にしている!」

と相談されることもあったり、

 

またはっきりとはわかっていませんが

一般的には馬では遺伝的な要因もあると考えられていることから、

 

馬の潜在精巣は 外科手術で切除するのが一般的です。

 

(馬でも ごく限られた適応例には

hCGやGnRHを用いたホルモン治療も効果が期待できるそうです。)

 

潜在精巣がどこにあるかによって アプローチの仕方も変わってくるため、

鎮静下でしっかり触診したり、直腸検査や超音波検査で確認します。

 

設備があれば腹腔鏡を用いて立位で行うこともありますが、

一般的に手術は全身麻酔下で行います。

 

(画像:Manual of Equine Field Surgeryより)

 

外鼠径輪のすぐ近くにあってすぐに摘出できる場合もあれば、

腹腔内にある場合だと 少し手技が煩雑になるようです。

 

 

下の写真は、

美浦のA先生のところで見学させていただいたときのもの、

いずれも左側陰睾の症例です。

 

 

ちなみに潜在精巣の対処法は

・人間:精巣を陰嚢内に手術で固定する方法

・犬:腫瘍化する可能性があるため摘出する方法

が それぞれ一般的なようですが、

 

例えば競走馬の片側生の潜在精巣の場合、

「牡馬限定のレースに出るから 潜在精巣だけ摘出して、

正常な方の精巣は残しておいてね!」というケースもあります。

 

また象の精巣は正常な状態で体内にあるそうです…何故。

 

不思議な臓器、精巣。生命の不思議です。

 

たらの白子が美味しい季節になりました。

 

 

S

 

管骨骨膜炎(ソエ)

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

 

新年明けましておめでとうございます。

本年も、カワタエクワインプラクティスをよろしくお願いいたします。

 

 

今回は、“ソエ”と呼ばれる疾患についてです。

ソエとは、管骨骨膜炎(第三中手骨炎)のことを指します。

 

 

 

骨が完全に骨化していない状態にある成長期の若馬に対し、

レースに向けて調教を強めていくと、

前肢の管骨背側に過剰なストレスがかかっていき

骨膜が炎症を起こすことにより発生すると考えられている疾病です。

 

加齢に伴い、骨の成長が止まると発生もなくなっていきます。

 

 

症状として、

管骨(第三中手骨)中央背側の軽度の腫脹、熱感がみられます。

また、患部の軽い圧迫のみで強い疼痛を示すことが特徴的な症状として挙げられます。

 

疼痛が著しい場合、再発を繰り返す場合は、

皿状骨折や亀裂骨折の可能性も示唆されます。

 

 

 

 

診断法として、

レントゲン検査が有用とされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、

管骨(第三中手骨)背側に、膨隆(白矢印)がみられます。

また、骨内腔に向かっても透過性の低下した像(青矢印)がみられます。

これらの所見から、骨増生や炎症の発生が示唆されます。

 

 

 

治療法として、

十分な休養を行い、

患部の冷却をし炎症を鎮めた後の抗炎症剤投与などが挙げられます。

ショックウェーブ を用いた治療は鎮痛効果、骨化の促進 等の効果があり、

予防としても有効であると考えられています。

 

 

 

治癒するためには、

休養をすることが最も重要とされていますが、

速く走るためには、強い調教をしなくてはなりません。

そのため、

歩様検査や、触診を頻繁に行い

早期に処置をすることで重症化を防ぐことが大切だと考えられます。

 

 

 

 

さて、

最近のメイちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月太り気味でしょうか。

まるで、海苔を巻かれたお餅のようですね。

 

 

 

 

Y

日本ウマ科学会 第32回学術集会

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

 

 

そろそろ冬も本格的になって参りました。

 

 

毎年、この時期に行われる日本ウマ科学会主催

『第32回 学術集会』へ参加しました。

 

 

そして、

今回我々の会社も症例検討会にて

 

「骨疾患に対するビスフォスフォネート製剤を用いた治療」

 

と題しまして、3症例について発表しました。

 

 

 

ビスフォスフォネート製剤(ティルドレン Tildren)について、

機序や治療方法等は以前のブログに掲載されております。

 

ティルドレンについて:

ティルドレン-tildren-について

ティルドレンについて〜その2〜

ティルドレン治療について:

ティルドレン治療の様子

ティルドレン治療の様子〜その2〜

 

 

機序が複雑な上に、

骨代謝に関与する破骨細胞の数を減らす作用があるため

適応症例など、熟考しながら使用する必要のあるティルドレン。

 

 

 

招待講師であるDr.Davidからも、

「慎重に使用していく必要がある薬品ですね」

といったような意見をいただきました。

 

私は、視聴していた側でしたが

多くの学びを得れた有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

発表に携わった先生方、お疲れ様でした。

 

 

学会中、できる限りの講演を聴くことができました。

多くのことを勉強でき、自分の未熟さを痛感すると共に

とても実のある2日間となりました。

 

 

 

余談ですが、

今回の学術集会は両国での開催でした。

 

 

国技館のある両国といったら・・・

 

 

チャンコ鍋です!

 

 

先生方とお昼に食べましたが、

こんな大盛り食べられるかなと思いきや全員ペロリと完食でした。

 

 

お鍋が美味しい季節になったのかと思うと、

今年ももう終りだなと実感いたしました。

 

Y

 

マイクロチップ

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

今年 動物愛護法の改正によって

犬と猫へのマイクロチップの装着が

義務付けられることが決まったそうですが、

 

競走馬においては

2007年以降の産駒にはマイクロチップ装着が義務付けられています。

 

競走馬は レースに出走したり、飼養場所が変わったり、

様々な場面で 個体確認が必要となるため、非常に有益なツールです。

 

 

場産地で血統登録の前に

左頸中央の頂靭帯またはその周辺に挿入されるそうです。

 

リーダーで マイクロチップの15桁の番号を認識し、

その番号を手帳 もしくはデータベースで確認することで、

個体の識別が可能となります。

 

 

例えば、

登録番号 392118010012345 の場合

 

392          :国番号

11            :動物番号(馬)

80            :販売会社コード

10012345:個体識別番号

となります。

 

同じ番号は存在しません。

 

 

診療時の番号確認、

 

こちらの厩務員さんはいつもお手伝いをしてくれるのですが、

場所を覚えているのか リーダーを1回かざすだけで必ず探し当てます!

 

 

 

ただ 稀に 皮下を通って 別の部位に移動しまうのか、

 

右頸部など少しズレた位置で確認されたり、

いくら探しても見つからなかったり、

 

行方不明になって 挿入し直したのか

複数のマイクロチップ番号が手帳に記載されているケースにも遭遇することもあります。

 

噂では「肢の方まで移動することもある」という話もありますが、果たして…?

 

 

大きい変なバッタがいると思ったら、キリギリスだと教えてもらいました。

 

S

 

青い目

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

サラブレッドでも

たまに目が青い馬に出会うことがあります。

 

(写真はイメージ画像)

 

個人的には

「綺麗!良いもの見れた!」

とまじまじと見入ってしまいますが、

 

そういう馬については 牧場の方からは

「目が青いと、目が悪かったり、目の病気になりやすいの?」

と聞かれることがあります。

 

解剖学的には 虹彩という部分の色素の量と、

レイリー散乱という光の散乱によって、

目が青く見えます。

 

ちなみに 空が青いのも

同じくレイリー散乱によるものだそうです。

 

馬の目が青くても、

 

視覚への影響や

 

白内障・ぶどう膜炎など

眼球自体の疾患の発生への影響は、

 

無いとされています。

 

 

ただし まぶたの色がピンクの場合は、注意が必要です。

 

佐目毛や その他品種など

色素が薄い馬などもそうですが、

 

目が青い馬は まぶたの色素も薄くなることがあり、

 

このように

まぶたの色素が薄くピンク色をしているような場合、

扁平上皮癌の発生率が高くなるそうです。

 

 

放牧する際 フライマスクをつけたり、

放牧する時間帯に注意するなど、

紫外線対策をすると良いでしょう。

 

S

 

企業説明会

Posted on Posted in e. 実習・求人情報, f. その他, LATEST NEWS (Blog)

先日 東京農工大学の

合同就職説明会に参加させていただきました。




今回は公務員・産業動物・食品衛生を対象としたもので、

当日学年問わず学生さんが多数参加され、

大変賑わいました。


今後も各大学の企業説明会に参加予定です。


——————————————————————————-

つきましては

来週 酪農学園大学 で開催される

“学内農業団体合同説明会” に参加いたします。


日時: 2019年5月8日水 13:00-15:50
場所:  中央館2F学生ホール



興味のある方、是非ご参加下さい!

——————————————————————————–


どの大学でも馬の臨床に進む学生は

1学年あたり1-2人しかいないそうです。



それは私が学生だった10年程前と比べても

大きく変化はありませんが、



とにかく今 馬業界は人手不足!



現在働いている獣医師もこれから先

どんどん高齢化していく中で、



企業・団体側としても学生さん達に”働きたい!”

と思ってもらえるような環境整備をしたり、



そもそも学生さん達に知ってもらえるように、

存在をアピールするような努力しているところです。



実習を希望してくる学生さんの中には

「馬のことよく知らないんですけど…。」

と申し訳なさそうに言ってくる学生さんが

少なからずいますが、



単純に

馬や馬の業界に興味があるという動機があれば

十分ではないかと私は思います。



ためらわずに

まずは連絡してみる・実習に参加してみるなど、

一歩踏み出してみたら 見えてくるものがあるかもしれません。



カワタエクワインプラクティスでは

随時 実習受入中です!!

(詳細はこちら)