輸送の際にできること

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

南関東所属の競走馬で、

岩手や兵庫など遠く離れた場所にある競馬場に遠征に行く馬がいます。

 

その時に「輸送する前に、抗生剤とか何か薬あげた方がいいの?」

と聞かれることがあったので、今日は輸送について少し考えてみたいと思います。

 

 

まずよく知られている輸送後の輸送熱発症のメカニズムとしては、

・輸送によるストレスで免疫機能が低下する

・狭い空間内で塵などの粒子や糞尿からの刺激物によって、気道の粘液が過剰に賛成されて細菌の温床になる

・通常 首を下げたり粘膜の線毛運動によって気道から細菌などを気道から排出するクリアランス機能が抑制される

ことによって、

 

普段 上部気道に存在している常在菌(主に連鎖球菌)が、

肺の中で増殖し、細菌感染が起きて発症すると考えられています。

 

そして20時間以上もしくは800km以上の輸送になると、

肺炎などを発症するリスクが高くなるとされています。

 

 

冒頭にお話しした競馬の遠征の場合、

例えば 船橋競馬場から盛岡/園田競馬場までは

いずれも約550km / 6-7時間(陸路、google検索)程かかるようなので、

 

上記の基準を照らし合わせても、

この位の距離/時間の遠征であれば出発前に積極的に抗生剤を投与する必要はないと考えます。

 

また競馬のための輸送であれば、そもそもレース前日以降は投薬などの治療は禁止事項ですし、

どの抗生剤を選択するかについては 効果や耐性菌が出現するリスクなども含めて考える必要があるため、

「単に輸送の時は予防の注射すればOK!」というものでもありません。

 

それでも “リスクを減らすためにできることがあればしておきたい!”

と思うのは当然のことで、心情として非常によくわかります。

 

輸送に関して気をつけることの例として、

輸送の前であれば

・馬インフルエンザウィルスや馬ヘルペスウィルス(馬鼻肺炎)などの呼吸器疾患に対するワクチンは、前もってきちんと接種しておく

・胃潰瘍を予防する薬を投与しておく

 

輸送時には

・温度管理に注意を払う(10℃前後が良い)

・換気を行う

・水分量の多い飼料 や 飼料を水に浸してから与える

・輸送区間ごとに頭を下げる事ができる状態にしてあげる

・水分補給を行う(脱水予防のためには最低でも4-8時間毎)

・長距離&長時間の移動にならないようにする

などがあります。

 

長時間の移動は、人間でも非常に疲れますよね…。

 

わざわざ遠征に行くからには、

本来の力をしっかり発揮できるよう頑張ってもらいたいと、私も願っています!

 

S

 

去勢

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

少し暖かくなってきて、花粉の舞う季節となってきました。

 

花粉症の私には少し辛い季節で、鼻がムズムズしてまいりました。

 

ところで先日、初の去勢を見させていただく機会がありました。

 

馬における去勢は、気性が荒かったり、エネルギーが有り余る馬によく実施されます。

 

去勢する事で精巣から分泌されるテストステロンの分泌を抑制します。

 

テストステロンには筋肉増加作用がありますが、首に余計な筋肉がつきすぎることで、可動域が狭くなったりする事があるとされていて、

 

また、前肢への負荷が大きくなってしまうリスクがあります。

 

これらのことも、去勢される理由になります。

 

そして、去勢後の傷口は縫わずにそのまま開放しておきます。

 

理由としては十分な排液を確保し、治癒を早める為です。

 

去勢前は右の睾丸(黄矢印)は下に降りてきていますが、左睾丸(白矢印)は少し上方に位置しています。

 

去勢前には潜在精巣でないことを確認します。

 

また、去勢後、1日後にはこのような状態です。

 

消炎剤や抗生物質は1週間程度投薬しています。

 

今後も経過を注視していきます。

 

P.S.馬に噛まれた痕が治ってきました!!若さも治癒には大事な要素ですね。

K

厩務員試験

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング


 
一般的に厩務員といえば、馬の世話をする人のことですが、
 
この業界で「厩務員」といえば、「JRAトレーニングセンターで、厩舎に配属されて馬の世話・騎乗をする人」を指すことが多いです。
 
 
 
トレセンで働く厩務員は、なろうと思えば誰でもなれるわけではなく、
 
千葉県にある競馬学校に入学し、厩務員課程を経なければなりません。
 
 
 
競馬学校に入学するためには、試験に合格する必要があります。
 
厩務員課程試験は年二回、春と秋に行われます。
 
 
試験は一次試験と二次試験からなり、一次試験は身体検査(体重測定含む)、一般教養や競馬に関する知識を問われます。
 
二次試験は、「騎乗適性試験」を行います。実際に騎乗して、その技術を見られます。
 
騎乗適性試験を行い、合格した者には、最後に本人面接が行われるようです。
 
 
 
JRAのサイトによると、応募資格は
 
(1)中学校卒業以上の学歴を有する者、またはこれと同等以上の学力を有すると認められる者
(2)競走馬・育成馬・乗馬の騎乗経験が1年以上であって、単独騎乗による3種の歩法(常歩、速歩、駈歩)ができる者
 
とされています。
 
話を聞いていると、二次試験が特に難しいようです。最終的な合格者は、約15名となるそうです。
 
 

 
 
 
昔は騎手課程と同様に、厩務員課程にも体重制限(60kg以下)があったようですが、現在は制限は撤廃されているとのこと。
 
ただし厩務員課程生は「概ね60kg以下を維持することを推奨」されており、週一回体重測定もあるそうなので、
 
あからさまに言うわけではないけれど、きっちり管理しなさいね、という暗黙の了解なのだろうなあと思います。
 
 
 
厩務員課程は半年間ですが、朝は5時半起床、騎乗練習も座学も行われます。
 
厩務員となると、レース前の馬を預かる重要な立場ですから、しっかり学ばなければいけないことがたくさんあるのでしょうね。
 
 
 
 
また、以前は年齢制限(満28歳以下)がありましたが、これも撤廃されたようです。
 
このことにより、間口も広がったのだと思いますが、
 
育成牧場にとっては、ベテランのスタッフが厩務員を志望し、退職してしまう事態もあるために、人手が減ってしまうというデメリットもあるそう。
 
 
今、どこの牧場も人員が不足しているため、そうなってしまうと大きな痛手なのだと思います。
 
 
 
また、昨年は新型コロナウイルスの影響で、試験日程にも変更がありました。
 
およそ一ヶ月遅れの実施となったようですが、受験生にとっては、気持ちの上でもこの一ヶ月は大きかったのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
そんなトラブルもありましたが、
 
この度、ライジングのスタッフが一名、厩務員課程試験に合格しました!
 
 
 
どうなることか、とスタッフ一同見守っていましたが、念願叶ってよかったと喜んでいます。
 
 
 
約四年前にも一人合格しており、そのときには合格祝い兼送別会をやったようですが、
 
 
会食は自粛ムードの昨今、ちょっと厳しいでしょうか。残念です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
陽だまりでのびのびとするメッシ。
 
 
 
 
 
N
 
 

飛節後腫

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

この写真の馬のように、飛節の後ろ側が腫れている状態を飛節後腫と呼びます。

 

激しい運動・壁等を蹴ることで起きる外傷・飛節の伸展などによって、

主には底側靭帯(資料によって、長底側靭帯もしくは底側足根靭帯という記載もあり)が損傷して炎症が起き、飛節後面に膨隆が見られるようになります。

 

曲飛等の肢勢異常や年齢の若い馬に起こりやすいとされます。

 

底側靭帯は、踵骨後縁に起こって底側に広がり中足骨に至る靭帯で、

踵骨隆起上で作用する腓腹筋の牽引に抵抗する作用を持つそうです。

 

 

飛節後腫という用語は、古くは底側靭帯の損傷に対して用いられていましたが、

飛節の後ろ側には 底側靭帯の他にも 浅屈腱や深屈腱も走行しているため、

 

 

現在は 腱や靭帯周辺の組織の炎症や、浅屈腱・深屈腱の損傷など、

底側靭帯以外の問題によって 同様の症状が見られる場合にも用いられるそうです。

 

 

急性期には、冷却、消炎剤の塗布・投与など、炎症を抑える処置も効果的ですが、

飛節後腫の多くは 跛行も示さず 短期の休養で良くなるケースがほとんどです。

 

ただし跛行の程度が悪い場合は 浅屈腱を損傷していることもあったり、

また仔馬や育成馬で 中心足根骨や第三足根骨に異常が起きているケースもあるため、

状態によっては 超音波検査やX線検査が必要な場合もあります。

 

 

先日、高速道路を走行中に 往診車のパンクに気づきました。

幸い近くのガソリンスタンドで すぐに修理してもらうことが出来ました。

 

 

馬もヒトも車も、少しの変化にも気づけるように

日々気をつけないといけませんね!

 

 

S

 

腱について2〜腱炎〜

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

こんにちは。

北海道は寒いですが、プラス気温の暖かい日もあり、

道が凍って大変なときもあります。

 

今回は腱炎について。

 

腱炎とは腱または筋腱接合部で発生する炎症のことを示します。

 

臨床的に感知できる腱炎の病理学的状態は、

他の組織と同様に急性炎症期、亜急性修復期、慢性再構築期の3期に分けられます。

 

ただし、最終的に瘢痕組織(傷あと)を形成して、正常な機能は回復しません。

つまり、元には戻らないのです。

 

腱炎を発症した腱の肉眼像(A~C、Dの左側)。

赤色の変色部・出血部(矢印)と白色の瘢痕組織(矢頭)がみられます。

エコーのBモードでは、出血部は黒く、瘢痕組織部は真っ白に映ります。

Bでは瘢痕組織によって、腱の形が変わっています。

Dでは、腱炎発症腱が、正常な腱より太くなっているのがわかります。

 

 

急性炎症期は、臨床的な損傷の兆候とともに始まり、通常1~2週間です。

この時期は、腱内の出血、血液供給の増加、浮腫を伴う実質的な炎症と

最初に好中球、続いてマクロファージや単球といった白血球の浸潤があります。

 

 

亜急性修復期は、急性期と重なって損傷の数日以内に始まり、約3週間後にピークを迎えます。

この時期は、強度の血管新生反応と損傷組織内の腱細胞、内周膜および腱傍組織の細胞、

血管由来の単球などから由来する線維芽細胞が蓄積します。

これらの細胞は、無秩序に配列したⅢ型コラーゲン主体の瘢痕組織を合成します。

形成された瘢痕組織は、最初のうちは腱組織より弱く、

そのため、治癒した腱は、損傷部位での再損傷が起こりやすくなります。

この様な再損傷は、最初の2期を繰り返し、傷害された腱の量と損傷の重傷度が増加します。

 

 

慢性再構築期は損傷後数カ月に始まり、瘢痕組織は数カ月にわたってゆっくりと再構築されます。

この再構築過程で、Ⅲ型コラーゲンから、正常腱の主要構成物質であるⅠ型コラーゲンへ転換します。

しかし、この転換にもかかわらず、瘢痕組織は正常腱組織になることは決してありません。

 

電子顕微鏡で見た腱炎発症腱のコラーゲン細線維。

線維走行は不規則で(上の図)、

輪郭が不整なコラーゲン細線維がみられます(下の図の矢印)。

 

 

 

腱炎の発症機序はいまだ詳細にされていませんが、

腱炎を発症する前に、肉眼的に紫色やピンク色の変色部として観察され

細胞外マトリックスの構成分子や構造が変化した「退行性変化」が先行して起こり、

この臨床的に無症状の「退行性変化」から臨床的な腱炎が生じると考えられています。

 

 

 

 

私の骨折部も慢性再構築期に入っております。

骨折線はまだ見えますが、骨瘤のようにボッコリ出っ張っていた部分が吸収され、

だいぶ滑らかになってきましたよ!(矢印)

 

U

 

第3中手骨(管骨)骨折

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

本年も宜しくお願い致します。

 

緊急事態宣言も発令され、我慢の日々が続きますが、みんなで乗り越えていきましょう!

 

今回は第3中手骨の骨折について書いていきます。

 

 

第3中手骨の骨折は競走馬においてレースでの負荷により、遠位関節面から近位方向への縦軸方向への斜骨折(顆骨折)となります。

 

 

下記の写真は先日撮ったレントゲン画像です。

症状としてはレースや強い調教の直後に跛行を示します。

 

触診では球節の屈曲痛や捻転痛があります。

 

検査としては正面からのX線検査が最もよく骨折線を写しだすことができます。

 

治療として、顆骨折の場合は関節面のズレが生じていない場合はギプスによる外固定を行います。

 

しかし、関節面のズレや骨折線の離開がある場合は、螺子による整復術を行わなければ関節炎を生じ、跛行が残ってしまうので注意しなければなりません。

 

6ヶ月程度で骨折部は癒合しますが、競走馬としてレースに復帰するのはさらに時間が掛かります。(馬の医学書 P254-255)

 

このように骨折と診断した場合、その骨折の場所や重症度をしっかりと把握し、治癒までの期間、治療を速やかに判断できるようにしていかなければなりません。

 

ところで、先日気性の荒い馬に胸のあたりを噛まれてしまい、青あざになってしまいました。

 

次の日にはもっとグロいことに…

 

日に日に炎症部位は広がっていますが、押しても痛くないのでセーフとしておきましょう!

 

馬は可愛いですが、危険な面もあることを再認識させられました。

 

今後も慎重かつ丁寧な診療を心がけていきます。

 

K