ウォブラー症候群~神経学的検査

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

今回はウォブラー症候群の疑いがある場合に行う検査についてです。

通常の跛行診断を行ってから、神経症状を疑う場合は、以下の神経学的検査を行います。

 

1.背部および骨盤部を圧迫し、馬の反応をみる
問題のある馬は脊椎が押し下げられ、しゃがむ。

 

2.尻尾と肛門の弾力をみる
腰部や仙骨部に損傷のある馬は、尻尾や肛門が弛緩している。

 

3.皮下または皮膚感覚をみる
ボールペンの先でタッチして、皮膚や筋肉を動かすか、みる。

 

4.頸部の可動性をみる
ゆっくりと馬の鼻が肩の後ろに届くまで屈曲させる。
頸部に痛みがあると、屈曲を拒絶するか、体をねじろうとする。

 

5.肢の配置テスト
肢を反対肢とクロスさせるか、幅広い場所に置き、すぐに姿勢を戻せるかみる。
ただし、明らかな症状を呈する馬には、バランスを崩すので、行ってはいけない。

 

6.尻尾の動揺をみる(馬の引手には経験が必要)
常歩で馬の尻尾を左右から引っ張る。
問題のある馬は、簡単に引っ張られ、尻尾を離した時に過剰に矯正するか反対側に揺れる。

 

7.非常に小さい円運動をさせる
引き手が軸になって馬をまわらせる。
正常な馬は、外側前肢を内側前肢の前に出し、内側後肢を外側後肢の前に出す。
問題のある馬は、混乱して逆になったり、外側前肢を上げずに軸にして回転したりする。
また、後肢を極端に幅広く振る。
重症では、自身を踏みそうになったり、つまずいたり、倒れそうになったり、
内側肢を軸に回転したりする。

 

8.傾斜を上り下りさせる
問題のある馬は、傾斜を下る時、鎮静されたようになり、後肢の球節をナックルさせる。
傾斜を登る時は、蹄尖で歩き、蹄尖と飛節を外側に旋回させる。
頭を持ち上げて行うと、この兆候がより良くわかる。

 

9.馬を後退させる(少なくとも10歩)
試験者は横側から観察する。
問題のある馬は、後肢の遅れや、いずれかの蹄尖をひきずる。

 

10.自由運動(重症でなければ、パドックを自由に駆け回らせる)
問題のある馬は、キャンター時に後肢がウサギ跳びになり、
止まろうとする時に後方へナックルする。
軽症馬は、トロット時にアニメのような歩様になる。

 

11.跳躍(経験豊富な試験者がやわらかい足場でのみ行う)
問題のある馬は、片方の肢が地面から離れて飛ぼうとする時に、倒れそうになる。

 

12.目隠し(経験豊富な試験者がやわらかい足場でのみ行う)
脊髄に問題のある馬では、このテストはうまくいかないので、通常は行わない。
脳もしくは中耳に問題のある馬は、倒れるか傾き始める。

(equinewobblers.com、Equine Neurological Examinationより)

 

とくに、9の後退と7の円運動は、診療でよく使用しています。

 

 

 

U

競馬人生

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

この春入社いたしました K     と申します。

私は競馬が好きなので今後は競馬のことにも触れていこうと思います!

 

 

今週の天皇賞春も終わり、無観客でのレースが続いてる競馬界ですが、

 

競馬が持っている力は底知れないものだなぁと感じている今日この頃です。

 

 

今年の天皇賞春は1番人気の馬がゴール前でギリギリ差し切って、痺れるレースでした。

 

 

来週から5週連続でG1レースがあるので、

 

週末は皆さんも競馬を観てはいかがでしょうか。

 

 

来週はNHKマイルと短距離の強い馬たちが競うレースです。

 

 

楽しみにしながら獣医の仕事に慣れるように

 

日々精進していこうと考えている新人獣医の初ブログを暖かく見守ってください。

 

 

多くの馬に接し、異常にいち早く気付いてあげられる獣医になるためにも、

 

我慢強く知識と経験を増やしていこうと思います。

 

今はこのような状況で不安が膨れていることと思いますが、

 

一丸となって乗り越えましょう!

 

 

p.s.夏の札幌競馬場での写真です。

 

 

K

虫!

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)


 
昨日・今日と、とても良い天気です。
 
 
 
しかし気温が上がってくると現れる、厄介なやつがこれ。
 
 

(画像:Wikipediaから引用)
 
これは、ブユです。
 
地域によって、ブヨ、ブトとも呼ばれます。この辺では大抵の人が、ブヨと呼んでいるようです。
 
 
 
体調は3-4mm程度。春〜秋にかけて活動します。
 
とても小さな虫ですが、彼らは吸血害虫です。
 
 
刺されると、腫れます。そしてものすごく痒いです。
 
私も最近、首・手首・足首を同日に刺されたのですが、全ての箇所の痒みが約1週間続きました。
 
周辺がパンパンに腫れることもあり、場所によっては関節を曲げるのにも痛みが伴うことも。
 
 
 
 
もちろん、馬も刺されます。
 
 
虫が体に止まると、彼らは尻尾を振って追い払うのですが、ブユは一度吸着すると、その程度では離れません。
 
また、皮膚が薄いのか、お腹の下によく止まっているため、尻尾が届かないことが多いのです。
 
そのため放牧中にお腹の下を見ると、丸々と血を吸ったブユが、びっしり付いていることも…
 
ざっと擦ると、手のひらが血で真っ赤に染まります。ぞっとしますね。
 
 
 
 
虫刺されによって蕁麻疹を引き起こすこともあります。
 

 
うっすら蕁麻疹。
 
 
これは虫刺されによる腫れなのか?蕁麻疹か?虫刺されに対する反応で引き起こされた蕁麻疹なのか?
 
と、迷うことも。
 
 
 
 
防虫スプレーも、専用のものでなければあまり効果がないそう。
 
肌の露出を避けるなど、物理的な対策が必要なようです。
 
 
 
 
 
ブユは水辺に産卵し、幼虫・蛹は水中で生息します。
 
ブユの幼虫は、水質指標では「きれいな水」に生息するとされています。なので、ブユのいる環境には、周辺にきれいな川がある、ということになります。
 
それはそれで、喜ばしいことなのですが…やはり刺されて不快なことに変わりはありません。
 
 
自然の豊富な環境に行ったり、牧場に実習に行く学生さんたちも、ハエやアブ、蚊も含めた虫対策はして行った方がいいかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝から消臭スプレーを振りまく獣医を見咎めるメッシ。
 
 

 
「それを今すぐやめるニャ」
 
 

 
「やめるニャ!!」
 
 
 
 
N
 
 
 

種子骨の骨折(尖端部の骨折)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

馬の近位種子骨は

球節の掌/底側にあるピラミッド型の小さな骨です。

 

繋靭帯や遠位種子骨靭帯などで管や繋の骨と繋がり、

常に肢にかかる大きな負荷に耐えて 球節の構造を維持しています。

 

(画像:”Adams’ Lameness in Horse” 4th ed. p83より)

 

さらに競走中フルギャロップで走ると、球節が地面に接地する程の大きな力がかかります。

 

 

このようにして種子骨が骨折することも多いのですが、図のようにいくつかのタイプに分けられます。

 

血流が悪いことなどから骨折の治癒が難しい部分であり、

また場合によっては球節の構造を維持できなくなって

予後不良という診断になるケースもあります。

 

 

中でも競走馬で最も多いのは、尖端部分の骨折(Apical fracture)です。

後肢に起こりやすいです。

 

 

予後については、

前肢よりも後肢の方が予後は良く、

内側種子骨の骨折よりも外側の種子骨の方が予後は良く、

また繋靭帯の損傷の有無にも影響されます。

 

ただしこのタイプでは骨折自体が1/3までの大きさであれば

大きさに関わらず 手術で摘出することにより、一般的には競馬復帰も可能です。

 

 

上の写真の馬は、左後肢外側近位種子骨の骨折、

繋靭帯の損傷もありましたが、手術で摘出をしていただき、現在リハビリ中です。

 

 

 

4/21に農水省から「プラスワンプロジェクト」というものが提案されました。

 

新型コロナウィルス感染拡大に伴う 休業休校により牛乳の消費量が減少していますが、

生乳生産は6月のピークに向けて増加していく時期だそうで、この時期を切り抜けるために

消費者が牛乳やヨーグルトを普段より1本多く買うことで 酪農家さんを助けようという趣旨だそうです。

 

個人的には昔々の学生時代、北海道から九州まで 全国のNOSAIさんの実習に参加させていただき、

礼儀も何も知らなかった自分を受け入れて丁寧に教えてくださり、現場で診療を見せていただきました。

 

そして何より毎日私達の食を支えてくださっている皆様には、本当に感謝しかありません。

 

微力ながらも、自分でも牛乳をガンガン購入・消費していきたいと思います!!

 

 

S

 

期待の春がやってきました

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

こんにちは!

 

4月も中旬にさしかかってきました。

近頃は、コロナウイルスに関する話題が毎日報道され、

SNSでは#StayHomeを目にしない日はありません。

 

感染リスクの軽減のため、

勤務方法が変わったり、休日は外出自粛という日々を過ごしております。

それでも、桜を見ると春だなと実感しますね。

 

 

そんな状況ですが、我が社には期待の春がやってきました!

4月から入社した二人の獣医師です。

 

一人は北海道、一人は私と同じ関東での勤務となります。

 

関東勤務の新人を少しだけ紹介させてください。

学生の頃から競馬が大好きな男性獣医師です。

スノーボードが得意なスポーツマン!

好きな食べ物は「ケーキ」ということで、

乙女な一面もあるようです 笑

 

「早く一人前になれるよう頑張ります!」と意気込みを語ってくれました。

 

入社翌日から、早速ですが、

今春の千葉サラブレッドセールに上場予定の馬のレポジトリー検査を一緒に行いました。

 

頼もしい獣医師の入社への嬉しさと共に、

先輩として、緊褌一番、気合を入れて頑張ろうと思いました。

 

 

 

最近は、休日に外に遊びに行くことは中々難しいですね。

私は、自宅で昔の写真の整理など黙々としているのですが、

ふと、愛犬の昔の寝姿に癒されました。

今でも仰向けで寝ています。

 

Y

熱発

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

暖かくなったかと思えば、ここ二、三日、また肌寒い気温となっていますね。
 
 
こんな季節の変わり目には、馬も人間と同様に、体調を崩すことが増えてきます。
 
 
多少熱が高いけど元気で食欲もある、という場合には抗生剤の投与と、輸液などの対症療法で良くなることが多いのですが、
 
ひどい下痢をしている場合や、発咳などの呼吸器症状が出ている場合には、腸炎や肺炎の可能性も考えなくてはいけません。
 
 
ちょっと心配だな、と思ったら血液検査をして、白血球の上昇や、SAAの上昇がないか、などといったこともチェックします。
 
聴診では心拍や腸蠕動音、肺雑音などを確認し、全身状態を把握します。
 
 

 
 
この馬は体温が39.3℃と高く、食欲はありますが軟便をしていました。
 
血液検査もしましたが大きな問題無し。そのため輸液に解熱剤・栄養剤を入れた対症療法と、免疫・体力の低下による細菌の二次感染を防ぐため、抗生剤を投与しました。
 
 
 
 
 
そして競走馬でよく問題となるのが、「輸送熱」です。
 
 
競走馬は生産牧場から育成牧場、トレセン、競馬場へと、度々長距離移動をします。
 
また、春になると、2歳馬が北海道から本州にやって来ます。
 
しかしそういった長距離輸送で、体調を崩し、熱発する馬もいます。
 
これが輸送熱です。馬だけでなく、牛でも問題となっているようです。
 
 
症状が重くなると、熱発だけでなく、発咳や鼻漏といった呼吸器症状がみられ、その場合、肺炎を発症している可能性が高くなります。
 
 
輸送熱の原因としては、
 
・輸送によるストレス→ストレスホルモンの増加
 
・馬運車内の暑熱
 
・排泄物から生じるアンモニアや、埃を吸気してしまうこと
 
・頭を挙上したまま繋がれることにより、気道内に侵入した細菌や埃を排出できなくなること
 
などによる免疫の低下であるとされています。
 
 
 
主な原因菌は、レンサ球菌です。
 
治療は適切な抗菌薬の投与と、馬の状態を見て対症療法を行います。
 
 
抗菌薬の予防的投与を行うこともありますが、薬剤耐性菌を生じさせてしまう可能性もあるため、無闇に投与するのもあまり望ましくはありません。
 
有効性を維持するため、馬の状態と状況に応じて、必要であれば投与する、という感じです。
 
 
ちなみに牛の輸送熱は、RSウイルスやアデノウイルス、牛パラインフルエンザによって引き起こされるそう。
 
経済的損失も大きいため、こちらも特に肉牛で、大きな問題となっているようです。
 
 
 
 
 
ただし、抗生剤の使用によって腸内細菌叢のバランスが崩れ、抗菌薬関連下痢症を引き起こすこともあります。
 
また、解熱剤として使用されるNSAIDsの副作用にも、消化管潰瘍があります。
 
治療は大事ですが、そちらに気を取られて医原性の疾病を引き起こすことがないよう、そして副作用にも注意して行っていかなくてはいけないのです…
 
 
 
 
 
 

 
 
往診先の牧場で見かける猫。
 
「たぬき」と言われていました。
 
 
 
 
 
 
 
N