乳房炎

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

跛行したので診てほしい、と連絡があり、往診に向かいました。
 
 
3歳の牝馬。前日から跛行し、夜には体温39度(平熱は37度後半~38度前半くらい)だったとのこと。
 
往診時は平熱でしたが、馬房から出たがらず、痛そうに恐る恐る歩きます。両後肢に問題があるような様子。
 
 
しかし触診してみても、関節や腱に問題なし。少し大腿部の筋肉が張っているようですが、そこまでひどい跛行を呈するとは思えません。
 
 
横紋筋融解症??とも疑ったのですが、
 
 
 

 

 
 
乳房炎でした。
 
 
右の乳房が腫れています。乳房の頭側の大きな腫れの方は、炎症により生じた浮腫です。
 
 
触れると熱感があり、嫌がりました。
 
 
 
 
 
若い現役競走馬で乳房炎?!と驚いたのですが、まれにあるようです。
 
 
原因は、細菌の侵入。連鎖球菌やブドウ球菌などの感染によって起こるそうです。
 
 
 
獣医学生さんなら、牛の乳房炎の重要性は、授業で教わっているかと思います。酪農家にとっては頭を悩ませる問題の一つです。
 
 
搾乳の手順や、その際に気をつけることなど、国試のために必死で勉強したことを覚えています。
 
 
しかし乳腺も発達しておらず、乳頭口の大して開いていない現役競走馬で乳房炎というのは、初めてみた症例です。
 
 
 
細菌感染が原因なので、治療は抗生物質と、消炎剤の投与。
 
 
 
 
次の日。
 

 

 
 
腫れはありますが小さくなりました。また、浮腫は重力に従い、腹の下に降りてきています。
 
触るとまだ痛がりますが、昨日よりは歩きやすくなっています。
 
 
再度抗生剤を投与。
 
 
 
 
二日後。
 

 
 
腫れはかなり小さくなりました。触ると、少しですが痛がります。
 
浮腫はこの画像からは見えませんが、小さくなり、更に降りてきていました。
 
歩様も通常に比べると少し気になるそうですが、血行を良くし腫れを引かせるために、軽い運動を行いました。
 
 
 
ここで治療は終了。その後は特に問題無いようです。
 
 
 
 
跛行が見られた時には、肢だけでなく全体を見なければならないのだと、勉強になった症例でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・?!
 
(生きてます)
 
 
 
 
 
N

牧場ライジングの企業説明会:乗り役募集のお知らせ

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

採用担当のSです。

 

先日、グループ会社である牧場ライジング・リハビリテーションの採用活動の一環として、

千葉県の専門学校さんで開催された合同企業説明会に参加させていただきました。

 

 

この学校への説明会への参加は、今年で連続3年目となります。

 

今回は20名程の学生さん達が集まってくれていました。

皆さん若くフレッシュな印象!

人手不足の馬業界を今後担っていって欲しいと思います。

 

 

現在ライジング・リハビリテーションでは、騎乗スタッフを募集しています。

 

 

(ライジング・リハビリテーションについては、こちら)

 

興味のある方は、下記の問い合わせ先まで お気軽にお問い合わせ下さい。

 

・メール:rising2008@watch.ocn.ne.jp

・TEL :077-558-0350 *業務により出られない場合は、留守電にメッセージをお願いします。

・担当 :兒玉

 

 

S

 

はじめまして

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

はじめまして、7月に入社したYKです。
 
 
獣医となって数ヶ月、まだまだ知らないことばかりで日々勉強中ですが
 
フレッシュ初老な獣医として頑張りますので、よろしくお願いいたします。
 
私の場合、競走馬は未知の世界の動物になります。
 
例えば馬の年齢、同じサラブレッドでも競走馬は主に2〜4歳に対し、
 
乗馬は10歳以上の子が多く、若い子に比べて比較的落ち着いている子が多い気がします。
 
また、馬の品種によっても性格が多少異なる様です。
 
 
 放牧されているメイちゃん、
 
 
初めてサラブレッド以外の馬をみた子は、緊張状態です。
 
メイちゃんが放牧場で走っているところを初めて見てパニックになる子も。
 
おそらく彼らはメイちゃんを「馬」として認識していないのかもしれません。
 
反対にメイちゃんはそんな競走馬の事をどんな風に考えているのやら。
 
 
 
この時期になると思い出されるのは宮崎神宮のお祭りです。
 
 
出典:ウィキペディア(シャンシャン馬)
 
 
例年では、雅な衣装を着た方々が馬に乗り,神輿を御旅所へお連れする御神幸行列や、
 
新郎さんが引く馬に新婦さんを乗せて鵜戸神宮にお参りをするという、昔の宮崎の風習であるシャンシャン馬や、
 
様々な神様の行列などなどが、宮崎市内のメインストリートを練り歩きます。
 
今年はパレードが中止になった様で寂しいですが、来年はたくさんの馬も参加するパレードがみられることを願うばかりです。
 
 
 
YK

馬の冬支度

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

 

近頃、急に冷え込む日が増えてきました。

関東に、もうすぐで冬がやって来そうです。

 

競馬場内では、冬毛が生えてきている馬を多く見かけるようになりました。

 

冬毛について、寒さにより新陳代謝が落ちてくることにより長く伸びるということや、

寒さから身を守るため、日照時間の短縮に応じて被毛が伸びるメカニズムが知られています。

 

これからの季節、綺麗な毛艶を保つことが難しくなっていくため、

厩務員さんを悩ませることもあるそうです。

 

 

また、寒さ対策として、

冬の馬は馬服を着用するようになります。

暖かそうで、可愛らしい姿になります。

 

 

 

 

このように、お洒落を楽しむ馬もいます。

(ピチピチな馬服を着こなしているのは、メイちゃんです。)

 

気が付けば、今年も残り2か月ほどです。

1年が経つのはあっという間ですね。

 

 

 

Y

 

 

セール終了

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

先週、北海道でHBA主催オータムセールが開催されました。

 

今年のセールは新型コロナウイルス感染症の影響で、

どうなるかと思いましたが、売却率は良かったようです。

 

これで今年度の2歳馬と1歳馬のセールは終了しました。

 

今年度も市場レポジトリー検査およびセリ会場での獣医検査に

ご依頼いただき、ありがとうございました。

 

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

セール期間が終了し、日高事務所も少し落ち着きました。

 

北海道は日々寒さが増してきている感じです。

 

風邪などひかぬよう、ご自愛ください。

 

 

 

U

馬の歯

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

馬にも人間のように歯があることは皆さんご存知のことと思います。

 

歯は生きていく上で重要な役割をしていて、餌を消化できるように細かくする役割を担っています。

 

馬の歯の種類としては切歯、犬歯、前臼歯、後臼歯の4種類です。

 

雌馬には犬歯は生えず、雄と雌で歯の本数が異なります。

雄馬は40から42本で、雌馬は36から38本です。(馬の医学書、p106)

 

また、上顎の前臼歯の最前方に狼歯が生える馬もいます。

生後6ヶ月ほどで狼歯が歯茎から出てくるため、現在では育成牧場などで抜歯されることもよくあります。

狼歯を抜くことで、ハミ受けが改善されることもあるそうです。

 

ただ、馬は人間のように自分で歯の手入れをすることはできません。

馬の歯は上顎と下顎の幅の関係で、上顎の外側と下顎の内側が尖ってしまう構造になっています。

 

それを放置してしまうと、噛み合わせの問題や尖った歯が当たることで口内炎になり、カイバぐいが減ったり、食べこぼしが増える要因になります。

 

それらを防ぐためにも定期的にケアして削っていってあげることが大切です。

 

最近はデンティストと呼ばれる馬の歯の専門の方もおり、

電動の整歯の機器を用いて、馬にできるだけストレスを与えずきれいに整歯をされます。

 

ちなみに、私たちは長さの違う2.3種類の整歯の道具を用いて、実施しています。

 

 

カイバぐいが悪い馬がいた場合は歯が原因の可能性も視野に入れなければなりません。

 

整歯の技術を向上させ、馬の健康に寄り添える獣医師を目指します!

 

 

K