プレレポジトリー実施中

Posted on Posted in a. 会社案内, c. レポジトリー, d. 競走馬のセリについて, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

当診療所では、現在、1歳馬のプレレポジトリーを実施しています。

詳細については こちら をごらん下さい。

 

プレレポジトリーを行うことで、外見上ではわからない疾患がみつかることがあります。

 

例えば

 

喉頭蓋下嚢胞

胎児期の発生過程の異常によって、喉頭蓋の下に嚢胞ができた状態です。

大きいものですと、嚥下(飲み込み)が困難になり、誤嚥性肺炎を起こす可能性があります。

内視鏡下での手術で切除でき、予後は良好とされています。

 

 

離断性骨軟骨症(OCD)

発育の過程で関節軟骨に壊死がおこり、骨軟骨片が剥離した状態です。

発症しやすい関節、骨の部位は以下の通りです。

 

・飛節:脛骨中間稜、距骨外側滑車、脛骨内側顆、距骨内側滑車

・球節:第3中手(足)骨遠位背側、第1指(趾)骨近位掌(底)側、第1指(趾)骨近位背側

 *カッコ内は後肢での名称

・膝関節:大腿骨外側滑車稜、大腿骨内側滑車稜、膝蓋骨

・肩関節:上腕骨・肩甲骨関節窩

 (ただし、肩関節はレポジトリーで撮影されない部位で、ポータブルでは撮影は難しいです。)

 

通常、関節液の増量による腫れに気が付き、レントゲン検査を行う場合が多いのですが、

腫れなど症状がなく、レポジトリーでみつかることも多いです。

(逆に症状があるのに、レントゲン所見がみられないこともあります。)

 

一般的に腫れや跛行などの症状がなければ、手術をしなくても競走能力に大きな影響を与える

可能性は低いですので、症状があれば手術を検討します。

 

とくに飛節のOCDは術後の予後も良いとされていますので、

市場に出すために、症状がなくとも手術を選択することもあります。

 

 

今年の市場日程はすでに決定・公表されています(こちら)。

 

市場に向けての準備のために、プレレポジトリーを活用していただけたらと思います。

また、各市場レポジトリー検査も行っておりますので、お問合せ下さい。

 

ご連絡はカワタ エクワイン プラクティス 日高まで

Tel:01456−7−8523

E-mail:info@kawata-ep.com

 

 

 

ウォブラー症候群の検査方法を書くと言ったのに…

変更して申し訳ありません。

 

U

 

牧場猫のメッシ、デイビット先生と英会話!?

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング, 馬の獣医 Kawata Equine Practice

毎週金曜日は、英会話の日!!

 

休養牧場ライジングに英会話講師のデイビット先生がやってきて、

日常会話から馬の疾患・飼養管理についてなど、何でも英語で話しています。

 

下の写真はEIPH(運動誘発性肺出血)をテーマにお話した時の資料です。

私たちの病院では、海外獣医師とやりとりする機会も多いため、

社内での英語教育にも力を入れています。

 

EIPH

 

 

先週の参加者は、場長藤田さんとN獣医師、実習生のKさんでしたが

なぜか途中からメッシ先生もやってきて、こんなふうにお話を聞いていました。

 

 

IMG_1240

 

 

メッシ先生も何か話してましたが、まだ英語は勉強不足なのか、ネコ語しか話せませんでした。

 

いつか英語を話すネコになれるかも?! それともみんなにネコ語を教えてくれているのでしょうか・・・?

 

 

最近なぜか何にでも参加したがるようになったメッシ先生。

 

ちょっと邪魔な時もありますが(汗)、みんなにかわいいがられています。

 

IMG_1260

スクリーンショット 2017-02-08 7.53.03

IMG_1228

IMG_1226

 

 

学問の「冬」!

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

 

img_0510

 

学問の秋ならぬ、学問の「冬」がやってきました!!

 

先月末は「馬の感染症の診断と治療」についての研究会が園田競馬場で開催され、

当院からは N 獣医師 が参加させていただきました。

 

img_0512

 

内容は「肺炎」や「フレグモーネ」「創傷性角膜炎」など、

主に ” 細菌感染 ” による馬の病気の診断と治療について。

大変実践的で、貴重なお話を伺うことができました。

 

 

image1-1

 

そして毎年この時期に東京大学で開催される「ウマ科学会」には、R 獣医 が出席しました。

 

%e3%82%a6%e3%83%9e%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e7%ac%ac29%e5%9b%9e%e5%ad%a6%e8%a1%93%e9%9b%86%e4%bc%9a-1

 

例年のことながら最新の研究、症例発表が盛りだくさん!!

 

日々進歩し続ける馬獣医療に置いていかれないように、

しっかり勉強して知識を「更新」していくことが大切ですね。

 

 

このような研究会・学会を主催してくださいました

関係者の皆様および発表者の方々に改めて感謝を申し上げます。

 

image3-1

 

 

 

ついに関東に診療拠点ができました!

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

今月から、私たちにとって3ヶ所目となる新しい診療拠点が始動しました!

 

千葉県印西市に事務所を開設し、関東地方での往診業務にあたります。

 

 

写真は往診でうかがった小林牧場の場内の様子です。

 

image1

 

昨日は雪が降って、こんな光景も見られました!

 

紅葉と雪のコラボ! 京都っぽい?けど千葉県です(笑)。

 

image2

 

 

これで、私たちの診療所は全国3ヶ所になりました。

 

・北海道 日高町(往診のみ)

・千葉県 印西市(往診のみ)

・滋賀県 栗東市(往診、休養牧場ライジング併設)

 

 

ウマ(特に競走馬)は移動が多く、生涯同じ場所で過ごすことはほとんどありません。

 

そのため「育成所で骨折したらしいけど、レントゲンは付いてきてない」とか

 

「移動してくる前に抗生剤やってたらしいけど詳しいことはわからない」とかいうことも・・・(汗)。

 

 

” 愛馬がドコに移動しても 情報を共有して「継続した治療」をしたい ”

 

 

・・・おかげさまで、少しずつ理想に近づいてきました。

でもまだまだこれから! 今後ともよろしくお願いいたします。

 

img_0406