メイちゃんの整歯

Posted on Posted in a. 会社案内, b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング, 馬の獣医 Kawata Equine Practice


以前の記事で、整歯の紹介があったかと思いますが

ライジングのマスコットであるこの方も、例外ではありません。

メイちゃんです。


彼女は2歳ですが、聞くと以前に整歯をしたのがいつか分からない、とのこと。

歯を触ってみると、なかなか立派に伸びてしまっていました。

ならば削ろうと思ったはいいものの、彼女は口が小さいため、開口器が使えません。

頑張って片手で口を開かせつつ、もう片方の手で削ります…

まずは、鎮静をかけずにやってみることに。

顔がすごい。


前に出てこようとするメイちゃんと、体を張る牧場スタッフ。

何とか状態をキープし、削ります。

かと思いきやこの後、獣医と牧場スタッフをものともせず突進。

逃走を図りました。

マスコットとはいえその体重は100kgオーバー。

普通に危ないので鎮静をかけて再トライ。





…が、あまり変わらず。

眠そうにはするものの、削り出すと防衛本能が働くのか、再度突き進んできます。






顔もすごい。



ご飯食べやすくなるから、我慢してー



何とかかんとか我慢してもらって、とりあえずいいかな、というところで今日はおしまい。

お帰りいただきました。



こまめな手入れの大切さを学んだ日でした。



「ひどいめにあわされた」

ごめんごめん。







N



筋肉の萎縮とショックウェーブ

Posted on Posted in a. 会社案内, b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

まだまだ寒い北海道からお送りします。


背中~腰~臀部の筋肉がおちてしまった馬のショックウェーブ治療を行いました。


写真上がショックウェーブ施術前、写真下が施術後1週間です。


筋肉がおちて、背骨がゴツゴツ見えていたのが、ふっくらしています。(ピンボケしていてごめんなさい!)



こちらは、左肩(棘上筋)の萎縮を起こした馬。


左前肢を着くことが出来ないとのことで、診察したところ棘上筋の萎縮がみられました。


おそらくぶつけるなどして、神経麻痺を起こしたものと考えられます。

こちらも同じく、左前肢が着けないとのことで、診察した馬で、左の棘上筋の萎縮がみられました。


写真左が初診時、写真右がショックウェーブ治療を始めて1ヶ月後。



1か月後もまだ萎縮が残っていますが、前肢はしっかりと着くことができ、少し筋肉が戻ってきていました。


どちらの馬もショックウェーブ治療を2週間ごとに合計4回行ったところ、筋肉の萎縮がみられなくなりました。


もともと肉付きの悪いものを、肉付き良くすることはできませんが、

何らかの原因で筋肉がおちて(萎縮)してしまった場合は、ショックウェーブ治療が有効な場合があります。



U

牧場猫のメッシ、デイビット先生と英会話!?

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング, 馬の獣医 Kawata Equine Practice

毎週金曜日は、英会話の日!!

 

休養牧場ライジングに英会話講師のデイビット先生がやってきて、

日常会話から馬の疾患・飼養管理についてなど、何でも英語で話しています。

 

下の写真はEIPH(運動誘発性肺出血)をテーマにお話した時の資料です。

私たちの病院では、海外獣医師とやりとりする機会も多いため、

社内での英語教育にも力を入れています。

 

EIPH

 

 

先週の参加者は、場長藤田さんとN獣医師、実習生のKさんでしたが

なぜか途中からメッシ先生もやってきて、こんなふうにお話を聞いていました。

 

 

IMG_1240

 

 

メッシ先生も何か話してましたが、まだ英語は勉強不足なのか、ネコ語しか話せませんでした。

 

いつか英語を話すネコになれるかも?! それともみんなにネコ語を教えてくれているのでしょうか・・・?

 

 

最近なぜか何にでも参加したがるようになったメッシ先生。

 

ちょっと邪魔な時もありますが(汗)、みんなにかわいいがられています。

 

IMG_1260

スクリーンショット 2017-02-08 7.53.03

IMG_1228

IMG_1226

 

 

学問の「冬」!

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

 

img_0510

 

学問の秋ならぬ、学問の「冬」がやってきました!!

 

先月末は「馬の感染症の診断と治療」についての研究会が園田競馬場で開催され、

当院からは N 獣医師 が参加させていただきました。

 

img_0512

 

内容は「肺炎」や「フレグモーネ」「創傷性角膜炎」など、

主に ” 細菌感染 ” による馬の病気の診断と治療について。

大変実践的で、貴重なお話を伺うことができました。

 

 

image1-1

 

そして毎年この時期に東京大学で開催される「ウマ科学会」には、R 獣医 が出席しました。

 

%e3%82%a6%e3%83%9e%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e7%ac%ac29%e5%9b%9e%e5%ad%a6%e8%a1%93%e9%9b%86%e4%bc%9a-1

 

例年のことながら最新の研究、症例発表が盛りだくさん!!

 

日々進歩し続ける馬獣医療に置いていかれないように、

しっかり勉強して知識を「更新」していくことが大切ですね。

 

 

このような研究会・学会を主催してくださいました

関係者の皆様および発表者の方々に改めて感謝を申し上げます。

 

image3-1

 

 

 

ついに関東に診療拠点ができました!

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

今月から、私たちにとって3ヶ所目となる新しい診療拠点が始動しました!

 

千葉県印西市に事務所を開設し、関東地方での往診業務にあたります。

 

 

写真は往診でうかがった小林牧場の場内の様子です。

 

image1

 

昨日は雪が降って、こんな光景も見られました!

 

紅葉と雪のコラボ! 京都っぽい?けど千葉県です(笑)。

 

image2

 

 

これで、私たちの診療所は全国3ヶ所になりました。

 

・北海道 日高町(往診のみ)

・千葉県 印西市(往診のみ)

・滋賀県 栗東市(往診、休養牧場ライジング併設)

 

 

ウマ(特に競走馬)は移動が多く、生涯同じ場所で過ごすことはほとんどありません。

 

そのため「育成所で骨折したらしいけど、レントゲンは付いてきてない」とか

 

「移動してくる前に抗生剤やってたらしいけど詳しいことはわからない」とかいうことも・・・(汗)。

 

 

” 愛馬がドコに移動しても 情報を共有して「継続した治療」をしたい ”

 

 

・・・おかげさまで、少しずつ理想に近づいてきました。

でもまだまだこれから! 今後ともよろしくお願いいたします。

 

img_0406