寄生虫

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

 
馬にも寄生虫がつくことがあります。
 
消化管内寄生虫で、競走馬で特に重要とされるのが、円虫、回虫、条虫の3種です。
 
 



(上から円虫、回虫、条虫。出典:馬の寄生虫病-中央畜産会)
 
 
これらはおもに小腸・大腸、円虫は肝臓や前腸間膜動脈、回虫は肝臓や肺などにも寄生します。
 
大量寄生すると、疝痛、下痢、錯綜、食欲不振、皮膚の菲薄化、元気消失などの症状を引き起こします。
 
特に仔馬では、腸閉塞や腸重積などを引き起こし、開腹手術を要することもあるため、駆虫が重要になってきます。
 
 
 
駆虫薬は基本的に経口投与。
 
ならば定期的な投与をしていれば安心!かと思えば、そういうわけでもなかったりするのです。
 
 
最近は駆虫の重要性が広まっており、駆虫を馬に投与することは珍しくなくなってきています。
 
下痢をしているからちょっと駆虫薬あげておこう、という声も聞かれます。
 
 
 
しかし近年、薬剤耐性をもつ寄生虫が増加しているのです。
 
 
 
なぜ薬剤耐性がつくかというと、
 
寄生虫の中には、もともとある駆虫薬に対し耐性を持つものがわずかに存在します。
 
例えばある牧場で、飼育している馬に駆虫薬Aを定期的に投与するとします。
 
その牧場の馬では、駆虫薬Aに対し耐性をもつ寄生虫のみ生き残り、他の寄生虫は死んでしまいます。
 
「駆虫薬Aのみを、頻繁に投与する」ことを繰り返すと、その牧場の馬の体内では、駆虫薬Aに対し耐性をもつ寄生虫が生き残り続けることになり、
 
その寄生虫同士が交配し、遺伝子が次の世代に引き継がれ、産卵した虫卵が体外に排泄され、また他の馬に感染する…ということが繰り返されます。
 
結果として、「牧場で駆虫薬をちゃんと投与しているのに駆虫されず、新たな感染を引き起こし続けている」ということになってしまいます。
 
 
 
そんな事態を防ぐためには、
 
・駆虫前・駆虫後に虫卵検査を行い、確実な駆虫がなされているかを確認する
 
・駆虫薬を毎回同じものにするのではなく、種類を変えて投与する
 
などの対策が必要とされています。
 
 
また、駆虫前に検査を行い、病原性が高いとされる虫卵数を超えた馬にのみ駆虫薬を投与すること(=選択的駆虫)も提唱されています。
 
寄生虫が感染していたとしても、それが少量であれば、馬に疝痛などの症状を呈する可能性は低いためです。
 
 
 
ただし、やはり現実問題として、検査にも駆虫にも、お金がかかってしまいます。
 
すべての牧場で、理想的な駆虫計画を立てて実行できるか?というと、なかなか難しいところです…。
 
 
 
とある牧場で依頼を受けたため、虫卵検査を行いました。
 
虫卵検査にもいろんな方法がありますが、今回行ったのは、蔗糖浮遊遠心法です。
 
 

 
 
これは簡単に言うと、高濃度の蔗糖液を使うことで、糞便から虫卵を遊離させる方法です。
 
陽性なら、こんなものがみられます。
 

 
左から、円虫卵、回虫卵、条虫卵。
 
検査結果は陰性。とりあえず今回は、駆虫の必要は無いようです。
 
 
 
 
 
大学に入学したころ。新歓で、ほろよいの寄生虫病学の教授に
 
「君は寄生虫は悪いと思うかい?!人間だって、地球に寄生しているようなもんだよ」
 
と言われたのを覚えています。
 
とんでもないところに来てしまった、と思いましたが、数年後まさか自分がその研究室に所属することになるとは…
 
 
 
 
 
N
 
 

脱換歯

Posted on Posted in a. 会社案内, LATEST NEWS (Blog)

 

馬はヒトと同様、はじめに乳歯が生え

その後永久歯に入れ替わります。

 

全ての歯が永久歯に替わるわけでなく、奥のほうにある後臼歯は最初から永久歯で

切歯と前臼歯の合計24本になります。

 

 

脱換の時期は切歯が約1.5〜3.5歳、前臼歯が1.5〜3歳です。

 

 

そもそも馬の切歯は咬む面がエナメル質ではなく、エナメルヒダで

内側にセメント質、外側にゾウゲ質が露出し黒い色の黒窩があり

この形から年齢を推測したりします。(すり減り具合から)

 

ちなみにこの黒窩。歯の窪みにつまった食べかすが変敗し、セメント質が黒くなるのでこの名前になったそうです。

 

 

臼歯ではエナメル稜が複雑に出ている月状歯になってます。(割とボコボコ。草をすり潰さないといけないですもんね)

 

 

そんなかんじで、ある年齢になると永久歯がにょきにょき生えてくるのですが

歯肉と引っ付いてしまったり

歯がグラグラしたままで、上手く脱換出来ないと

食欲が落ちることもあります。

 

 

そういう時は治療をしてあげます。

 

抜歯鉗子を使って

 

治療中の写真はありませんが、とれた脱換歯はこんな感じ。

 

 

裏側

 

 

 

ヒトもそうですが、歯がグラグラしていると

気持ち悪くてご飯とか食べづらいですよね。

 

 

これでご飯をモリモリ食べてくれるといいな

 

 

この治療したウマはのちほど、食いも戻り

調教中でもハミ受けがよくなったそうです。

 

 

よかった

 

 

 

 

 

//////////////////////////////////////////

 

 

ていうことで、モリモリお肉を食べました。(私が)

 

割面を撮り忘れてしまったのが残念でしたが…

肉汁じゅわ〜と、美味しかったですよ

 

//////////////////////////////////////////

 

 

I

インフルエンザ

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

そろそろインフルエンザの流行りだす季節ですね。

 

 

馬にも「馬インフルエンザ」という病気があります。

 

これはその名の通り馬にしか感染しない疾病で、「届出伝染病」に指定されています。

 

そのためこれを発見した獣医師は、都道府県知事に届け出なければいけません。

 

 

症状としては、高熱や発咳、鼻汁などの呼吸器症状などが現れますが、対症療法・安静にする、などの処置で、2-3週間で回復するとされています。

 

ただし感染力が非常に強いため、注意が必要です。

 

また、感染すると患畜の移動ができなくなることや、蔓延するとレースが中止されることもあり、影響の大きい疾病です。

 

 

 

日本では、1971~1972年に流行。その後長らく発生しませんでしたが、2007~2008年に美浦・栗東トレセン、各地の競馬場で発生が認められました。

 

2007年8月には、二日間に渡り、中央競馬で開催予定だった全てのレースが中止になりました。

 

 

2007、2008年以降、わが国では発生していませんが、アメリカやカナダ、ヨーロッパでは未だ発生しています。

 

 

 

 

 

 

馬インフルエンザのワクチンは1年に2回、5月と11月に行うことが多く、このワクチンプログラムはJRAから推奨されており、助成金も支給されます。

 

 

ワクチンが有効とされる期間も決められており、前回接種してからあまり長く開いてしまうと、効果が消失したとされ、出走が認められなくなります。

 

普段の診療にワクチン接種も加わるため、獣医師にとっては少し忙しい時期です。

 

 

 

 

 

人間もワクチンを打って備えなければいけないのですが、病院によってはワクチンがもう品切れのところもあるようですね。

 

 

早めに行かなければ…

 

 

 

もちろんメイちゃんもワクチンを打ちます。

 

 

 

「びょうきじゃないのにちゅうしゃされた!!」

 

 

ちゃんと我慢しました。えらい。

 

 

 

 

N

 

 

 

メイちゃんの整歯

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング


以前の記事で、整歯の紹介があったかと思いますが

ライジングのマスコットであるこの方も、例外ではありません。

メイちゃんです。


彼女は2歳ですが、聞くと以前に整歯をしたのがいつか分からない、とのこと。

歯を触ってみると、なかなか立派に伸びてしまっていました。

ならば削ろうと思ったはいいものの、彼女は口が小さいため、開口器が使えません。

頑張って片手で口を開かせつつ、もう片方の手で削ります…

まずは、鎮静をかけずにやってみることに。

顔がすごい。


前に出てこようとするメイちゃんと、体を張る牧場スタッフ。

何とか状態をキープし、削ります。

かと思いきやこの後、獣医と牧場スタッフをものともせず突進。

逃走を図りました。

マスコットとはいえその体重は100kgオーバー。

普通に危ないので鎮静をかけて再トライ。





…が、あまり変わらず。

眠そうにはするものの、削り出すと防衛本能が働くのか、再度突き進んできます。

 




顔もすごい。



ご飯食べやすくなるから、我慢してー



何とかかんとか我慢してもらって、とりあえずいいかな、というところで今日はおしまい。

お帰りいただきました。



こまめな手入れの大切さを学んだ日でした。



「ひどいめにあわされた」

ごめんごめん。




 



N



芦毛

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

 

栗東のライジングリハビリテーションでの一コマ。

 

IMG_0619

 

馬の洗い場にたまたま芦毛が2頭並びました。

競走馬の毛色の中で芦毛は約7%を占めるそうです。

 

日本では「芦毛は気性に難があるので扱いに注意」という話を聞きますが、

私が一緒に仕事をしたことのあるアメリカ人やスコットランド人は

「自分の国では栗毛がそう言われている」と話していました。

 

毛色、性格ともに遺伝の要素があるので

あながち迷信とも言い切れないのでは、と個人的に思っています。

 

F

 

JRA厩務員試験 合格おめでとう送別会!

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

昨日は、休養牧場ライジングのスタッフUくんの送別会でした。

 

IMG_2332

 

 

メイン料理はUくんの希望により「鯛しゃぶ」!

さっきまで水槽で泳いでいた新鮮なお魚さんたちが、

みんなのおなかにしっかりと収まりました!

 

IMG_2342 (1)

 

 

Uくんは 6月からJRA競馬学校の厩務員過程に入学するため

ライジングでのお仕事は今月いっぱいで終了です。

 

 

「Uくん、厩務員試験合格おめでとう!おつかれさまでした!!」

 

IMG_2335

 

 

 

当牧場は栗東トレセンに近くて環境は抜群!

獣医師が常駐している牧場なので、騎乗以外にも馬のことをたくさん勉強できます。

 

常時 騎乗スタッフを募集しているわけではないのですが、

もし当牧場の仕事に興味がある方がいらっしゃいましたら、

以下のリンクをご参考のうえ、場長藤田までご連絡ください。

 

休養牧場 ライジング