メイちゃんの整歯

Posted on Posted in a. 会社案内, b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング, 馬の獣医 Kawata Equine Practice


以前の記事で、整歯の紹介があったかと思いますが

ライジングのマスコットであるこの方も、例外ではありません。

メイちゃんです。


彼女は2歳ですが、聞くと以前に整歯をしたのがいつか分からない、とのこと。

歯を触ってみると、なかなか立派に伸びてしまっていました。

ならば削ろうと思ったはいいものの、彼女は口が小さいため、開口器が使えません。

頑張って片手で口を開かせつつ、もう片方の手で削ります…

まずは、鎮静をかけずにやってみることに。

顔がすごい。


前に出てこようとするメイちゃんと、体を張る牧場スタッフ。

何とか状態をキープし、削ります。

かと思いきやこの後、獣医と牧場スタッフをものともせず突進。

逃走を図りました。

マスコットとはいえその体重は100kgオーバー。

普通に危ないので鎮静をかけて再トライ。





…が、あまり変わらず。

眠そうにはするものの、削り出すと防衛本能が働くのか、再度突き進んできます。






顔もすごい。



ご飯食べやすくなるから、我慢してー



何とかかんとか我慢してもらって、とりあえずいいかな、というところで今日はおしまい。

お帰りいただきました。



こまめな手入れの大切さを学んだ日でした。



「ひどいめにあわされた」

ごめんごめん。







N



筋肉の萎縮とショックウェーブ

Posted on Posted in a. 会社案内, b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

まだまだ寒い北海道からお送りします。


背中~腰~臀部の筋肉がおちてしまった馬のショックウェーブ治療を行いました。


写真上がショックウェーブ施術前、写真下が施術後1週間です。


筋肉がおちて、背骨がゴツゴツ見えていたのが、ふっくらしています。(ピンボケしていてごめんなさい!)



こちらは、左肩(棘上筋)の萎縮を起こした馬。


左前肢を着くことが出来ないとのことで、診察したところ棘上筋の萎縮がみられました。


おそらくぶつけるなどして、神経麻痺を起こしたものと考えられます。

こちらも同じく、左前肢が着けないとのことで、診察した馬で、左の棘上筋の萎縮がみられました。


写真左が初診時、写真右がショックウェーブ治療を始めて1ヶ月後。



1か月後もまだ萎縮が残っていますが、前肢はしっかりと着くことができ、少し筋肉が戻ってきていました。


どちらの馬もショックウェーブ治療を2週間ごとに合計4回行ったところ、筋肉の萎縮がみられなくなりました。


もともと肉付きの悪いものを、肉付き良くすることはできませんが、

何らかの原因で筋肉がおちて(萎縮)してしまった場合は、ショックウェーブ治療が有効な場合があります。



U

芦毛

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

 

栗東のライジングリハビリテーションでの一コマ。

 

IMG_0619

 

馬の洗い場にたまたま芦毛が2頭並びました。

競走馬の毛色の中で芦毛は約7%を占めるそうです。

 

日本では「芦毛は気性に難があるので扱いに注意」という話を聞きますが、

私が一緒に仕事をしたことのあるアメリカ人やスコットランド人は

「自分の国では栗毛がそう言われている」と話していました。

 

毛色、性格ともに遺伝の要素があるので

あながち迷信とも言い切れないのでは、と個人的に思っています。

 

F

 

JRA厩務員試験 合格おめでとう送別会!

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

昨日は、休養牧場ライジングのスタッフUくんの送別会でした。

 

IMG_2332

 

 

メイン料理はUくんの希望により「鯛しゃぶ」!

さっきまで水槽で泳いでいた新鮮なお魚さんたちが、

みんなのおなかにしっかりと収まりました!

 

IMG_2342 (1)

 

 

Uくんは 6月からJRA競馬学校の厩務員過程に入学するため

ライジングでのお仕事は今月いっぱいで終了です。

 

 

「Uくん、厩務員試験合格おめでとう!おつかれさまでした!!」

 

IMG_2335

 

 

 

当牧場は栗東トレセンに近くて環境は抜群!

獣医師が常駐している牧場なので、騎乗以外にも馬のことをたくさん勉強できます。

 

常時 騎乗スタッフを募集しているわけではないのですが、

もし当牧場の仕事に興味がある方がいらっしゃいましたら、

以下のリンクをご参考のうえ、場長藤田までご連絡ください。

 

休養牧場 ライジング

 

牧場猫のメッシ、デイビット先生と英会話!?

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング, 馬の獣医 Kawata Equine Practice

毎週金曜日は、英会話の日!!

 

休養牧場ライジングに英会話講師のデイビット先生がやってきて、

日常会話から馬の疾患・飼養管理についてなど、何でも英語で話しています。

 

下の写真はEIPH(運動誘発性肺出血)をテーマにお話した時の資料です。

私たちの病院では、海外獣医師とやりとりする機会も多いため、

社内での英語教育にも力を入れています。

 

EIPH

 

 

先週の参加者は、場長藤田さんとN獣医師、実習生のKさんでしたが

なぜか途中からメッシ先生もやってきて、こんなふうにお話を聞いていました。

 

 

IMG_1240

 

 

メッシ先生も何か話してましたが、まだ英語は勉強不足なのか、ネコ語しか話せませんでした。

 

いつか英語を話すネコになれるかも?! それともみんなにネコ語を教えてくれているのでしょうか・・・?

 

 

最近なぜか何にでも参加したがるようになったメッシ先生。

 

ちょっと邪魔な時もありますが(汗)、みんなにかわいいがられています。

 

IMG_1260

スクリーンショット 2017-02-08 7.53.03

IMG_1228

IMG_1226

 

 

トレッドミル

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

先月中旬、休養牧場ライジングの場長藤田さんが北海道に出張し

” トレッドミル ” を導入している調教施設を見学してきました。

 

 

training

 

 

” トレッドミル ” は馬用のルームランナーのようなもので、最近では

競走馬の調教やリハビリ・検査・研究などに幅広く使用されています。

 

 

今回見学させていただいた機械は、傾斜6度までつけることができ

下の動画の馬は時速25〜30km程度のキャンターをしましたが、

最大では時速45kmまで出せる設計だそうです。

 

15−15の調教で時速48km程度ですから、

傾斜の調整も含めると様々な調教強度を設定できそう。

 

 

歩様検査にもよく使われていますが、人が乗らないぶん 馬の肢元への負担が少なく

若馬の調教や屈腱炎・骨折後のリハビリにも有効だろうと思われました。

 

 

 

見学させていただいたパイオニアファームの皆様ありがとうございました!!