春の足跡

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

こんにちは

 

栗東もようやくあったかくなってきました。

 

 

メイちゃんは、生えてきた青草を食べるのに忙しい様子。

 

春は桜をはじめ、花がいっぱい咲いて気持ちが良いですね。

 

今回は春の足音ならぬ、足跡について書きたいと思います。

 

 

牧場に残されている足跡。

 

 

これは、牧場の馬のものです。よく見ていただくと楕円っぽい跡(右下)と丸っぽい跡(左中)があると思います。

 

馬の蹄は前後で形が多少違っており、前肢は丸っぽく、後肢は楕円っぽい形をしています。

 

 

 

次にこれ、これはおなじみの肉球の形がくっきり残ってます。

 

この足跡の主は

 

 

メッシか、と思ったのですが、大きさからどうやら違う様子。

 

おそらくタヌキのものだと思われます。

 

次にこれは?

 

 

この足跡の主は、

 

夜になるとやってくる鹿です。同じ草食動物でも鹿は偶蹄目に属しているため、馬とは違う足跡を残します。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は同じ偶蹄目のヤギで、足の裏をちょっと確認。見事なピースサインをしている足の裏は、ほぼ平らです。

 

対して馬はというと、犬や猫の肉球がある位置付近に「蹄叉」という、周りよりちょっと柔らかい角質があります。

 

蹄叉によって、馬が歩いたり、走ったりした時に生じる地面との衝撃を吸収しているそうです。

 

体重が400〜500kg以上もある競走馬が全力疾走すれば、蹄にかかる衝撃は大変なものだと思います。

 

動物の体は良くできているのですね。

 

 

YK

 

 

 

 

 

 

キャスト固定

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

人間でも骨折した時に

ギプスで固定してもらった経験のある方がいるかもしれませんが、

 

馬の場合、特に第一指(趾)骨や管骨遠位の骨折に対して

キャスト固定が行われることがあります。

 

 

具体的には、第一指(趾)骨の骨折、第三中手骨遠位の骨折、

近位種子骨の骨折、中手指節関節の脱臼などに対して適応されます。

 

(ちなみにドイツ語でギプス、英語でキャストと言うそうです。)

 

 

以前獣医さんではない方から、「普通に肢に巻けばいいんじゃないの?」と言われたことがあるのですが…

 

そもそも馬は 人間のように長時間横になって休むこともできず、

また500kg近い体重を4本の肢で常に支えなければいけないため、

 

下手なキャストを巻くと 全く意味のないものになってしまったり、

それが原因でトラブルが起きたり、外さなければならなくなってしまうこともあります。

 

にもかかわらず、一次診療をしている中では キャスト固定を自ら実践する機会はさほど多くは無いので、

この「キャストを普通に巻く」というのは、言葉で言うよりもはるかにハードルが高いものだと思います。

 

 

先日、調教中に第三中手骨の骨折を発症した症例に対し、

久しぶりにキャストを巻く機会がやってきました。

 

 

少し前にA先生の実際巻いている様子を見せていただく機会があり、

その時の動画を保存・編集し、気をつけるべきポイントも整理して、自分なりに備えて準備をしていましたが…

(A先生 いつもありがとうございます!)

 

 

自分でやるのはこれで4回目。

 

 

前回よりは上手くできたかなと思いつつも

それでもやはりイメージしていた通りには出来ず、今回も課題は残るものとなりました。

 

 

反省点を次に生かして、

次はさらに良いキャストを巻けるようにしたいと思います!

 

S

 

育成馬の乳酸値測定

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

先日、育成馬の乳酸値測定を行いました。

 

 

育成馬の体力測定の方法として、

 

1.GPS機能付き心拍計を使用して、調教中の心拍数とスピードを測定する方法

2.ポータブル乳酸測定器を使用して、調教後の血中乳酸値を測定する方法

 

があります。

 

 

今回は2.の方法です。

 

調教後に、頸静脈から採血を行い

ポータブル乳酸測定器にセットしたセンサーに血液を吸引させると

15秒で測定結果が表示されます。

 

 

測定された乳酸値を用いて、調教時の馬の運動負荷を評価することができます。

 

また、乳酸値とラップタイムを用いて標準曲線をひくことにより

体力の変化を評価することができます。

 

 

調教メニューを変えた時や運動負荷を上げる時、

1〜2週間に1回、とくに強い調教をした時に測定を行います。

 

 

 

今回、使用した機器はこちら。

上から 真空採血管(ヘパリン)、ポータブル乳酸測定器とセンサー、採血用具 です。

採血した注射器から直接、乳酸値測定を行うこともできます。

 

 

なるべく運動後5分以内に採血を行わなければいけない

ラップタイムをできるだけ正確にとる

といった注意点もありますが、

育成馬の体力測定方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

今は北海道も暖かくなってきています。

 

 

U

仕事道具

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

馬の獣医の仕事道具には、いろいろなものがありますが
 
よく出番があるものの一つが、これ。
 

 
蹄鉗子(ていかんし)です。
 
 
これは何に使うかというと、馬の蹄を挟んで、痛みがないかをチェックするものです。
 

 
このように肢を人の足で挟んで固定し、蹄鉗子で圧痛をチェックします。
 
 
ちなみに後肢の場合は、馬の肢を膝で挟むのではなく、腿の上に置いて保定します。
 
 
獣医だけでなく、装蹄師もこれを使います。
 
皮膚であれば腫れたり、痛みのある箇所に熱を持ったりしますが、蹄は固く、炎症部位が分かりにくいことも多いです。
 
そのためこの蹄鉗子で場所を変えて圧迫することで、痛みのある場所を特定できます。
 

 
蹄底の圧迫。
 
 

 
蹄叉の圧迫。
 
 
 
蹄鉗子はよく、挫跖(ざせき)の診断に使われます。
 
挫跖とは、馬が石などの硬いものを踏んだどきに、蹄底が圧迫され、炎症が起きてしまうことです。
 
蹄の内部で出血し、化膿してしまうこともあります。
 
騎乗していて、あれっ?と思ったら急に跛行して、蹄に熱を持ったり、繋に触知できる指動脈の拍動が亢進している、という場合、挫跖であることが多いです。
 
馬はあの小さい蹄で約500kgもの体重を支えているため、挫跖などで蹄に炎症が起きた場合、重度の跛行を示すこともよくあります。
 
そういったときに、この蹄鉗子を使って、蹄の痛みを調べます。
 
 
 
ただし蹄の痛みをもたらすのは挫跖だけでなく、蹄葉炎、蹄底膿瘍、蹄骨の骨折などの可能性もあります。
 
痛みが顕著であったり、消炎剤を投与しても痛みがあまり引かない場合にはレントゲン等の検査をして、異常が無いか調べます。
 
 
 
この蹄鉗子試験をする上で気をつけなければならないのは、馬が痛みを感じたときに、強く肢を引き抜こうとしたり、飛び上がったりすることもあります。
 
そんな場合に備えて、蹄の保定はあまり強固にし過ぎず、危ない場合には肢を抜けるような状態にしておきます。
 
暴れた馬に足を踏まれた場合には、こちらが大怪我をすることにもなりかねません。
 
 
正しい診断・治療のためには、視診・触診だけでなく、こういった道具を適切に使っていくこと、そして自分が怪我をしないこともとても大事なのです。
 
 
 
 
 

 
餌を要求するメッシ。
 
 
 

 
もらえなくて怒りの爪研ぎ。
 
 
 
N

去勢のその後

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

獣医師国家試験の合格発表が終わりました。

 

 

私の大学時代の後輩も無事に合格したことを知り、安心したとともに、

 

一段と気を引き締めなければならないと感じています。

 

 

年取りましたね。

 

さて、先日去勢した馬の経過を見ていきましょう。

 

 

患部が腫脹もなくなり、綺麗になっているのがわかります。

 

右側

 

左側も

 

現在は運動も行っていて、順調です!!

 

 

去勢後はレースに復帰まである程度の期間が必要です。

 

 

このまま順調に復帰して、活躍してほしいものです。

 

 

頑張って

 

K

いつの間に

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

こんにちは

日本各地で春一番が観測されたようですが、栗東では梅の花が満開となる季節になリました。

てっげ(宮崎弁:たいへん、とても)寒い冬からいつの間にか春に向かっているのですね。

 

今回は、診療に、普段の健康管理に必要なコレ。体温計の話です。

最近はお店や病院など、様々なところで色々なタイプの体温計を見かけるようになりました。

ですが、当牧場のスタッフや獣医師が使っている体温計は昔ながらのこのタイプ。

 

 

 

家庭ではなかなか見かけなくなりましたが、まだまだ現役で使われている牧場さんも多いかと思います。

 

「こんなの初めて見た」とおっしゃられる方のために、簡単に使い方を説明します。

 

 

今日もモデルはマスコットのメイちゃん。新しい馬着を着せてもらいました。

 

 

この体温計は直腸温を計るタイプなので、肛門から挿入、付属の紐付きクリップを尻尾に留めます。

 

 

この後待つこと数分(付属の説明書は3分以上と書いてありました)、下の写真が実際に計ったメイちゃんの体温です。

黒い線が 37.8 ℃ を指しています。

 

 

 

この体温計、実はいつの間にか製造中止になっていました。

 

理由は「水俣条約」が発効したから。

 

実はこの体温計には水銀が使用されており、水銀の利用が「水俣条約」と「水銀汚染防止法」

により管理されることになったため、新しく水銀体温計を製造することが出来なくなりました。

ただし、現在使用している体温計は使い続けても大丈夫なのですが、

使用しなくなった水銀体温計は各自治体の新しい回収ルールに則った廃棄が必要となります。

これからも今持っている体温計を大事に使いたいと思います。

 

YK