青い目

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

サラブレッドでも

たまに目が青い馬に出会うことがあります。

 

(写真はイメージ画像)

 

個人的には

「綺麗!良いもの見れた!」

とまじまじと見入ってしまいますが、

 

そういう馬については 牧場の方からは

「目が青いと、目が悪かったり、目の病気になりやすいの?」

と聞かれることがあります。

 

解剖学的には 虹彩という部分の色素の量と、

レイリー散乱という光の散乱によって、

目が青く見えます。

 

ちなみに 空が青いのも

同じくレイリー散乱によるものだそうです。

 

馬の目が青くても、

 

視覚への影響や

 

白内障・ぶどう膜炎など

眼球自体の疾患の発生への影響は、

 

無いとされています。

 

 

ただし まぶたの色がピンクの場合は、注意が必要です。

 

佐目毛や その他品種など

色素が薄い馬などもそうですが、

 

目が青い馬は まぶたの色素も薄くなることがあり、

 

このように

まぶたの色素が薄くピンク色をしているような場合、

扁平上皮癌の発生率が高くなるそうです。

 

 

放牧する際 フライマスクをつけたり、

放牧する時間帯に注意するなど、

紫外線対策をすると良いでしょう。

 

S

 

謎のぷよぷよ

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice


「先生、肘になんかできてるんだよねー」


往診先でそう言われて、診たのがこちらの症例。




右前肢の肘に、ぷよぷよしたできものがあります。

大きさは鶏卵くらいでしょうか。



中は水が溜まっているような感触。結構強めに押しても馬は平気な顔。


餌をもりもり食べていました。



熱を持っているだとか、そういうこともありません。

牧場の方に聞いても、運動にも特に支障はないとのこと。




これは、「肘腫」というもの。


横になったり起きたりするときに摩擦が生じたり、運動時に後肢がぶつかったりすることによって、


肘頭に滑液の溜まった袋ができてしまったものです。


溜まった液を抜いたり、切開して袋を取り除くこともありますが、


一度すっきりしても、再発してしまうものも多いようです。


あとは蹄鉄を変えてみたり、血行促進の塗り薬を使ったりもします。



この馬は移動が近いということ、また本人が全く気にしておらず、感染の可能性は低いだろうといったことから、


今回は様子見になりました。




本当に水風船のような感触。


人間だったらついつい気にして触ったり、ぷちっと潰したくなりそうな気もしますが、


馬にはそういった欲求は無いのでしょうかね?







補液の段ボールから救出されたニホントカゲ。


つるっとして可愛い。




N


2019年トレーニングセール

Posted on Posted in d. 競走馬のセリについて, LATEST NEWS (Blog)

こんにちは。

令和初のトレーニングセールでした。


札幌は快晴で、セリ当日は雨予報でしたがポツポツと降ることがあってもくもりでどうにかもってくれてよかったですね。

セリ期間中は調教やコンフォメーション、レポジトリーのチェック等を行っていました。

今年もこのセリから活躍馬が出ることを心待ちにしております。
今週はダービーもあるので応援あるのみ!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
セリ期間中のお弁当
海鮮のちらし寿司でとても美味しかったです。
ハイクオリティー!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

I

酪農学園大学 合同説明会

Posted on Posted in a. 会社案内, e. 実習・求人情報, LATEST NEWS (Blog)

前回と同様の話題になってしまいますが…

5月8日、酪農学園大学にて行われた

全国農業団体合同説明会に参加いたしました。

当日は獣医学類生4名、循環農学類生1名、

計5名の学生さんがブースを訪れて下さいました。


馬の臨床に進む学生さんは少ないと聞いておりましたので、

5名も説明を聞きに来てくださって、ありがとうございました!


ぜひ、実習・研修にも、お越しください!

詳細は、こちらまで。



————————————————————————————————–

来週は、札幌競馬場でトレーニングセールがあります。

レポジトリー資料の解析・コンフォメーション(肢軸)評価を行います。


当日の様子はブログ内にてご報告いたします。



U

企業説明会

Posted on Posted in e. 実習・求人情報, f. その他, LATEST NEWS (Blog)

先日 東京農工大学の

合同就職説明会に参加させていただきました。




今回は公務員・産業動物・食品衛生を対象としたもので、

当日学年問わず学生さんが多数参加され、

大変賑わいました。


今後も各大学の企業説明会に参加予定です。


——————————————————————————-

つきましては

来週 酪農学園大学 で開催される

“学内農業団体合同説明会” に参加いたします。


日時: 2019年5月8日水 13:00-15:50
場所:  中央館2F学生ホール



興味のある方、是非ご参加下さい!

——————————————————————————–


どの大学でも馬の臨床に進む学生は

1学年あたり1-2人しかいないそうです。



それは私が学生だった10年程前と比べても

大きく変化はありませんが、



とにかく今 馬業界は人手不足!



現在働いている獣医師もこれから先

どんどん高齢化していく中で、



企業・団体側としても学生さん達に”働きたい!”

と思ってもらえるような環境整備をしたり、



そもそも学生さん達に知ってもらえるように、

存在をアピールするような努力しているところです。



実習を希望してくる学生さんの中には

「馬のことよく知らないんですけど…。」

と申し訳なさそうに言ってくる学生さんが

少なからずいますが、



単純に

馬や馬の業界に興味があるという動機があれば

十分ではないかと私は思います。



ためらわずに

まずは連絡してみる・実習に参加してみるなど、

一歩踏み出してみたら 見えてくるものがあるかもしれません。



カワタエクワインプラクティスでは

随時 実習受入中です!!

(詳細はこちら)


大動物(馬)の注射

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

馬の治療に対して使うシリンジや注射針についてお話します。

抗生剤や消炎剤を静脈注射をしたり、筋肉注射を馬ではしますがその際にシリンジや注射針の大きさを選びます。

競走馬は成長すると体重が約450kg~500kg(個体差あり)になってくるので、投与量がとても多くなるため巨大なシリンジを使うときもでてきます。

50mlのシリンジ(一番左端)となると、薬を入れるだけでも一仕事です。
薬液量が少ない場合では針穴が小さいもので良いのですが、細いと馬に注射針を刺した時に気づかれにくい反面、投薬スピードがどうしても落ちてしまうのでその時は太いゲージの針を使います。

左は18Gと太い針になってます。

針穴がよくみえるほど太いですね。

北海道では赤ちゃん馬もいるのでなるべく負担をかけないように極力細い針を使いますが太いはりを使わなければならないときもあるのでなるべく悟られないようにします。

私自身、あまり注射をされるのが苦手なので痛いほど気持ちは分かります・・・。

なるべく負荷をかけないように治療を行うよう心掛けてます。
馬ちゃんたち、一緒に耐えようね。

\\\\\\\\\\\\\\\\\

今日のランチ。
あまりみかけないエビカレー定食。
中華スープ?のようなものもついておおきなエビがなんと3匹も!
それなのにお値段はお手頃でした。
もちろん味はGood!

/////////////////

I