篩骨血腫について

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

競走馬でみられる鼻血について、

以前 最も一般的な運動誘発性肺出血のお話をしましたが、

今日は別の一因、篩骨血腫についてのお話です。

 

 

ある時「馬房内で鼻血でてたんだけど、まあどこかにぶつけたのかな。」と相談を受けました。

 

その馬は中央から地方に転厩するタイミングで、

調教はお休みして休養していた、8歳のサラ牡馬でした。

 

念のため内視鏡検査をすると、鼻腔内にこのようなものを発見、

他の部分も確認しましたが他に異常は見られず、ここから出血しているようです。

 

その後経過を追っていくと、

鼻出血を再発したり、

少し時間をおいて内視鏡で見ても同じ場所に同じような組織ができていたりして、

最終的に篩骨血腫と診断をしました。

 

篩骨血腫とは、鼻腔や副鼻腔にできる非腫瘍性の血腫です。

 

性差は無い、もしくはホルモンの影響があるのかやや 牡の方が多いとされ、

また若齢の馬でもみられるものの一般的には年齢が高い馬で多くみられます。

 

発生のメカニズムとしては、

鼻甲介内の粘膜下層で繰り返し出血がおきることで、

周辺の軟部組織や骨が壊されていって、徐々に血腫が大きくなっていきます。

 

そのため、片側の鼻腔内だけで収まることもあれば、

前頭洞や上顎洞、反対側の鼻腔に広がっていくこともあります。

 

一般的な症状は、断続的に片側性におこる中程度の鼻出血です。

 

他に、異常な呼吸音が発生するケース、両側性に鼻出血が見られるケース、

また血腫が骨にまで広がっている場合は、顔の一部が腫れる、頭を振る、発咳、流涎など様々な症状がみられることもあるそうです。

 

診断は、臨床症状や病歴と合わせて、内視鏡検査が用いられます。

 

黄緑色や赤紫色の腫瘤として観察されることが多いです。

 

内視鏡検査で見える腫瘤は一部で、反対側まで広がっていることもあるため、

片側性の鼻出血であっても反対側の鼻腔もチェックした方が良いとされます。

 

またX線検査を併用するのも有効です。

 

 

競馬場ではレースで鼻出血が確認されると、

一定期間レースに出ることが出来ない規則があります。

 

篩骨血腫では繰り返し鼻出血がおきるため、

そういった意味でも、やはり治療が必要になってきます。

 

外科的に切除したりレーザーを用いた治療法もあるそうですが、

現場で行う方法として一般的なのが、ホルマリン注入です。

 

立位・鎮静下で、内視鏡を用いて、

大体2-4週間間隔でホルマリン注入を行ないます。

 

写真は、投薬カテーテルを用いてホルマリン注入を行なっているところです。

 

繰り返し治療することによって腫瘤が小さくなっていく効果が期待できますが、

特に病変が広範囲に広がっているケースではホルマリン注入によるリスクがあったり、

治療後も再発もが起こり得ることは、認識しておく必要があります。

 

冒頭で出てきた相談を受けた馬は、一度ホルマリン注入したのですが、

直後に移動してしまい、継続治療は出来なかったのですが、

結局一度地方のレースで走って、そのまま引退となったようでした。

 

実際の現場では、内視鏡検査をしないで

現場で簡単に鼻出血の判断がされている場面に遭遇することが良くあるのですが、

やはり色々な可能性を考えて個々で丁寧に対応して行く必要があると思います。

 

 

S

 

実習に行って来ました

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

こんにちは

写真は栗東で早期米を収穫した後の田んぼです。

そろそろ秋が来る、と思いきや

栗東は、雨、雨・・今は梅雨だったっけ?

と思うほどの雨と高温多湿に、人も馬も体調管理が大変です。

 

さて、私は先日 山口大学で実施された

「馬救急医療実践力育成プログラム」のHands-on臨床実習に参加しました。

 

この山口大学で開講されているプログラムには、10人の獣医師が参加していますが、

今回はコロナの影響で、現地に参加された獣医師は私を含めて3人、

他の先生方はオンラインでの参加となりました。

 

同時に日本各地の獣医系大学から5人の学生も参加し、普段の生活にはない雰囲気での実習となりました。

 

ところで、実習が行われた山口大学キャンパスへの最寄り駅は「湯田温泉駅」です。

 

 

白狐伝説のある温泉のようで、駅には上の写真のような白狐の像があり、

町中には足湯や下の写真のようなポストが設置されていました。

 

 

 

 

 

さて実習はというと、学生さんが参加されていることもあり、馬の触診といった基本的なことから教えていただきました。

 

 

 

こんな感じです。前肢の浅屈腱を触診しています。今回はドマーニ先生に協力していただきました。

 

 

また、様々な場所で活躍されていらっしゃる先生方も講師として参加してくださいました。

ただコロナの影響で、先生方が山口に来られず、直接お話が出来なかった点がちょっと残念。

それでも、先生方に様々な角度から馬の診療についてわかりやすく教えていただきました。

 

今回の実習で、実習に参加された先生方は本当に馬が好きで、

ちょっとでもチャンスがあれば馬に関わりたい、将来は馬の診療に軸足を置きたい、という熱意がヒシヒシと伝わりました。

 

学生さんは、やる気に満ち溢れていてまぶしかったです。

 

今回出会った講師の先生方や受講された先生方とは、何かご縁を感じており、

どこかでまたお会いできると思っております。

 

その時はどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

YK

 

 

 

 

 

 

 

レントゲンからもわかる肢軸

Posted on Posted in c. レポジトリー, LATEST NEWS (Blog)

北海道は朝夕が少し涼しくなってきました。

しかしまだ日中は暑いです。

 

日高ではまだまだレポジトリー撮影が続いています。

 

いろんな肢の馬たちのレントゲンを撮っていると

繋がゆるくて撮りにくいなぁ とか

関節面が抜きにくいなぁ とか あります。

 

そんな私が、最近気になっているのが、手根骨の配列の反りです。

 

レントゲンの読影をしていて、手根骨の配列が反っている馬がおり、

実馬をみて、(前)膝が反っていたり、そうでもなく見えたり…

 

最近教わったばかりなのですが、レントゲンの方がより正確なのだそうです。

左は手根骨の配列に反りがみられます。

実馬も少し凹膝でした。

 

馬をみて、おや?と思ったら、レントゲンをみてみる。

レントゲンをみていて、おや?と思ったら実馬をみる。

 

両方大事だなと思います。

 

 

さて、今年はハエが多いように思います。

黒い点々はハエです。

 

鎮静剤を使用していても、馬にとってハエの煩わしさは消えないようです。

 

ハエを気にした馬に蹴られちゃった左手は

きれいになってきましたよ。

 

そして、往診先の牧場で近くまできたエゾ鹿。

北海道日高の風景です。

 

 

UK

 

診断麻酔〜Low-4-point ブロック〜

Posted on Posted in d. 競走馬のセリについて, LATEST NEWS (Blog)

暑い日々が続いていますね。

 

 

新型コロナウイルスによる感染が拡大しているため、皆さんお気をつけください。

 

 

今回は診断麻酔について記載していきます!!

 

 

診断麻酔は、跛行診断の実施にあたって、肢のどこに痛みがあるかを判断するために実施されます。

 

 

診断麻酔の方法として、

 

神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、その神経の分布領域を麻痺させて疼痛の状態を検査する神経ブロックや

 

関節腔内に局所麻酔薬を注入して疼痛の消失状態検査する関節ブロック

があります。

 

 

診断麻酔は立位で行い、局所の消毒後、適切な針や薬剤を使って実施します。

 

 

薬剤を注入後、時間を置き、歩様の改善が見られるかを確認します。

 

 

歩様の改善が見られる場合は麻酔をかけた部分に痛みを感じ、跛行していると診断できます。

 

 

関節内に投与する際は感染のリスクを考え、消毒をより適切に行う必要があります。

 

 

今回は診断麻酔の中でも、 Low-4-point(下部掌側及び掌側中手神経)ブロックについてです。

 

 

この診断麻酔では内側及び外側掌側神経、内側及び外側掌側中手神経の4箇所を麻酔し、球節より下部の無痛化する方法です。

 

 

掌側神経は繋靭帯と深指屈腱の間に形成される溝に位置していて、針を刺し薬剤を注入します。

 

 

遠位すぎると腱鞘が位置しているため、感染リスクを考え、管骨の真ん中寄りに針を刺します。

 

 

また、掌側中手神経は第3中手骨の軸に沿って深部を通過し副管骨の先端で表層にあらわれます。

 

解剖をイメージし実施することが重要です。

馬臨床学 緑書房 P116,図5-5

 

馬の運動器疾患は診る機会が多いので、四肢の解剖は特に重要となります。

 

 

話は変わりますが、セプテンバーセールが2021年9月21日〜22日に開催されます。

 

 

弊社はセリにおける獣医検査業務を実施しております。

 

こちらの方もよろしくお願いいたします。

 

 

K

 

レポジトリーの仕事

Posted on Posted in c. レポジトリー, LATEST NEWS (Blog)

今はセリの時期なので、

日高ではレポジトリーをとる機会が多いです。

 

今回はレポジトリーの仕事を紹介します。

 

レポジトリーでは、

上部気道内視鏡動画撮影と

四肢レントゲン写真撮影(34-36枚)を行います。

 

 

内視鏡は右の鼻から入れ、

喉頭蓋や披裂軟骨の開閉が

しっかり見える部分にカメラを位置させます。

 

鼻にカメラの管を入れるのは、

馬は嫌がるので配慮が必要です。

 

内視鏡で撮影した咽喉頭の写真です。

 

 

レントゲンの撮影箇所は、

前肢は腕節3方向と球節4方向

後肢は膝関節3-4方向と飛節3方向、球節4方向です。

 

撮影方向の一例として左腕節、

外内方向だと下の写真のようになります。

 

それぞれの部位や方向で確認したい部分があるので、

その部分が明瞭に見えるように撮影を心掛けます。

 

 

 

この前フォトラリーポイントを見つけたので、

写真を取りました。

 

馬は写っていませんが

日高の良い景色がとれました!

 

UR

 

船橋の日常、とある一日

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

今日は船橋の日常、とある一日を紹介します。

 

  • 8:00 朝の往診、朝礼

朝礼では、その日の予定や共有すべき情報を伝えます。
当番の人は朝の往診に行きます。

 

  • 8:30 午前の往診の準備

必要な検査機器や薬品の準備をします。

特に今の時期は暑いので、
出発直前に往診車に積み込みます。

 

  • 9:00 移動

 

  • 10:00 午前の往診

牧場に行きます。
歩様を見たり、触診をしたり、検査をしたりします。

 

  • 12:30 昼食

この日は大好きな○亀製麺です。

 

  • 13:00 移動

 

  • 14:00 午後の往診

午後は競馬場に行きます。
厩舎を回って、診療をします。

 

  • 16:30 帰社

後片付け、報告の作成、薬の補充をします。

この日は胃の内視鏡検査をしたので、
汚れた内視鏡を洗浄します。

 

  • 17:00 終礼

今日あったことや明日の予定を確認し、
1日が終わります。

また週に一度 夕方、
K先生、S先生、そして日高や栗東のスタッフと
スカイプを使って勉強会を行っています。

 

遭遇する症例について相談したり、
疾患について勉強したりします。

 

このようにして、船橋の1日が終わります。

 

 

一方、非日常の世界、

オリンピックが開催中ですね。

 

馬術競技をテレビで見ました。

 

馬と人との息遣いが聞こえる静寂の中で、

馬が障害の相撲取り人形を怖がる姿も見られるなど、

競馬とは全く違う世界、とても面白い競技でした!

 

あとは、ブルーインパルスがかっこよかったです。

 

 

S