腱について2〜腱炎〜

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

こんにちは。

北海道は寒いですが、プラス気温の暖かい日もあり、

道が凍って大変なときもあります。

 

今回は腱炎について。

 

腱炎とは腱または筋腱接合部で発生する炎症のことを示します。

 

臨床的に感知できる腱炎の病理学的状態は、

他の組織と同様に急性炎症期、亜急性修復期、慢性再構築期の3期に分けられます。

 

ただし、最終的に瘢痕組織(傷あと)を形成して、正常な機能は回復しません。

つまり、元には戻らないのです。

 

腱炎を発症した腱の肉眼像(A~C、Dの左側)。

赤色の変色部・出血部(矢印)と白色の瘢痕組織(矢頭)がみられます。

エコーのBモードでは、出血部は黒く、瘢痕組織部は真っ白に映ります。

Bでは瘢痕組織によって、腱の形が変わっています。

Dでは、腱炎発症腱が、正常な腱より太くなっているのがわかります。

 

 

急性炎症期は、臨床的な損傷の兆候とともに始まり、通常1~2週間です。

この時期は、腱内の出血、血液供給の増加、浮腫を伴う実質的な炎症と

最初に好中球、続いてマクロファージや単球といった白血球の浸潤があります。

 

 

亜急性修復期は、急性期と重なって損傷の数日以内に始まり、約3週間後にピークを迎えます。

この時期は、強度の血管新生反応と損傷組織内の腱細胞、内周膜および腱傍組織の細胞、

血管由来の単球などから由来する線維芽細胞が蓄積します。

これらの細胞は、無秩序に配列したⅢ型コラーゲン主体の瘢痕組織を合成します。

形成された瘢痕組織は、最初のうちは腱組織より弱く、

そのため、治癒した腱は、損傷部位での再損傷が起こりやすくなります。

この様な再損傷は、最初の2期を繰り返し、傷害された腱の量と損傷の重傷度が増加します。

 

 

慢性再構築期は損傷後数カ月に始まり、瘢痕組織は数カ月にわたってゆっくりと再構築されます。

この再構築過程で、Ⅲ型コラーゲンから、正常腱の主要構成物質であるⅠ型コラーゲンへ転換します。

しかし、この転換にもかかわらず、瘢痕組織は正常腱組織になることは決してありません。

 

電子顕微鏡で見た腱炎発症腱のコラーゲン細線維。

線維走行は不規則で(上の図)、

輪郭が不整なコラーゲン細線維がみられます(下の図の矢印)。

 

 

 

腱炎の発症機序はいまだ詳細にされていませんが、

腱炎を発症する前に、肉眼的に紫色やピンク色の変色部として観察され

細胞外マトリックスの構成分子や構造が変化した「退行性変化」が先行して起こり、

この臨床的に無症状の「退行性変化」から臨床的な腱炎が生じると考えられています。

 

 

 

 

私の骨折部も慢性再構築期に入っております。

骨折線はまだ見えますが、骨瘤のようにボッコリ出っ張っていた部分が吸収され、

だいぶ滑らかになってきましたよ!(矢印)

 

U

 

第3中手骨(管骨)骨折

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

本年も宜しくお願い致します。

 

緊急事態宣言も発令され、我慢の日々が続きますが、みんなで乗り越えていきましょう!

 

今回は第3中手骨の骨折について書いていきます。

 

 

第3中手骨の骨折は競走馬においてレースでの負荷により、遠位関節面から近位方向への縦軸方向への斜骨折(顆骨折)となります。

 

 

下記の写真は先日撮ったレントゲン画像です。

症状としてはレースや強い調教の直後に跛行を示します。

 

触診では球節の屈曲痛や捻転痛があります。

 

検査としては正面からのX線検査が最もよく骨折線を写しだすことができます。

 

治療として、顆骨折の場合は関節面のズレが生じていない場合はギプスによる外固定を行います。

 

しかし、関節面のズレや骨折線の離開がある場合は、螺子による整復術を行わなければ関節炎を生じ、跛行が残ってしまうので注意しなければなりません。

 

6ヶ月程度で骨折部は癒合しますが、競走馬としてレースに復帰するのはさらに時間が掛かります。(馬の医学書 P254-255)

 

このように骨折と診断した場合、その骨折の場所や重症度をしっかりと把握し、治癒までの期間、治療を速やかに判断できるようにしていかなければなりません。

 

ところで、先日気性の荒い馬に胸のあたりを噛まれてしまい、青あざになってしまいました。

 

次の日にはもっとグロいことに…

 

日に日に炎症部位は広がっていますが、押しても痛くないのでセーフとしておきましょう!

 

馬は可愛いですが、危険な面もあることを再認識させられました。

 

今後も慎重かつ丁寧な診療を心がけていきます。

 

K

寝違えた?

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog), 馬の獣医 Kawata Equine Practice

新年あけましておめでとうございます。
 
今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
年末年始ももちろん、競走馬の牧場は稼働しています。
 
1月1日くらいは騎乗はせずに世話だけ、というところもありますが、関係なくバリバリ騎乗している牧場もあります。
 
地方競馬場では正月競馬も連日開催されており、むしろ忙しい時期かもしれません。
 
 
この寒い時期でも、朝の暗いうちから働いている牧場スタッフには、頭の下がる思いです。
 
 
 

 
 
 
「なんでか分からないけど跛行している」という相談を、たまに受けます。
 
今回診たのもそんな馬でした。確かに馬房から出してもらうと、常歩でも跛行しているのが分かります。
 
 
しかしその担当者の言う通り、見たところ傷や腫れている箇所も見当たりません。
 
ざっと触ってみても熱感などもなし。でもはっきりと、右前肢が跛行しています。
 
 
 
ならば関節をチェックしてみます。
 
 
上から順に、肩関節、次いで肘関節。
 
 
と、肘関節を曲げた時に馬が嫌がり、前肢を下ろしました。
 
 
それでは、と左前肢で同様に肘関節を曲げると、それほど嫌がりません。なので痛みが、右の肘関節周辺にあることが分かります。
 
そこで前肢を上げて、前肢の内側の付け根、脇の辺りを触診してみます。
 
 
傷などはありませんが、浅胸筋〜横行胸筋のあたりでしょうか、押すと鋭く馬が反応し、飛び上がる箇所がありました。
 
他に痛みのある箇所も無いことから、そこが跛行の原因だろうと判断し、消炎剤を投与しました。
 
 
 
この馬の跛行は、前日の朝、乗る前からあったとのこと。その前の日は普通だったことから、夜の間に痛めた可能性があります。
 
 
 
 
こういう場合、疑われるのが「寝違え」です。
 
人間もよく、「寝違えて首を痛めた」などということがありますが、馬の場合は少し勝手が違います。
 
 
馬で寝違えというのは、馬房で寝返りを打った際に、身体と壁の間で脚がつっかえたり
 
馬房の隅に身体が挟まって、身動きが取れなくなることを言います。
 
 

 
馬が横になったときに、画像の赤丸の部分に脚や身体がはまり込んでいるような状態です。
 
 
 
最初に聞いたときには、なんて間抜けな動物なんだと思ったものですが、どうにか身体を起こそうとした馬が暴れて大きな怪我をしたり
 
長時間不自然な体勢で固定されることにより、血流が阻害され、命の危険に晒されることもあるため、意外と馬鹿にはできない状態です。
 
 
 
牧場で寝違えが発生した場合、急いで馬をおこさなくてはなりません。
 
そのためすぐに人手を集めます。そしてみんなで馬の身体を押したり、ロープを脚にかけて引っ張って、馬を馬房の中央に戻します。
 
その際にも暴れる馬に蹴られたりすることのないよう、注意が必要です。
 
 
 
今回診た馬も、担当者も「そういえば朝来たときに、馬着がずれていた」と言っており、寝違えや、夜の間にどこかに引っ掛けた・暴れて変に脚を開いた、
 
などのアクシデントがあった可能性があります。
 
 
二日目に診たときには、跛行はまだ少し見られましたが、前日よりは改善していました。そのため再度消炎剤を投与。
 
その次の日に馬が移動予定のため、これ以上の継続治療はできませんでしたが、移動先に申し送りをしてもらいました。
 
 
 
 
以前、馬房で怪我をした別の馬を診たとき、「朝来たら、吊るしてあった水桶が、天井近くにまで持ち上がっていた」と言われたこともあります。
 
夜の間に何があったのか?はっきりとは分かりませんでしたが、怪我をしていたことは事実。
 
 
安全と思われる馬房であっても、怪我の可能性は無いわけではないのです。
 
 
 
 
 
 
 

 
新年の快哉を叫ぶメッシ。
 
 
 
 
 
N
 

2021年春期実習のお知らせ

Posted on Posted in e. 実習・求人情報, LATEST NEWS (Blog)

採用担当のSです。

 

今年度コロナ禍で中止していた学生さんの実習について、受け入れを再開しました。

 

現在、2021年4月頃までの春期の受付を行っています。

詳細については、こちらでご確認下さい。

 

 

さて来年は 丑年ですが、本来 干支というのは

・十干(じっかん):甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)

・十二支:子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

の組み合わせで表すものだそうです。

 

ですので、来年は、辛丑(かのとうし)となります。

 

ちなみに私Sは1983年生まれ、この年は癸亥(みずのとい)だそうです。

 

みずのとの、いのししといえば…

彼が思い浮かぶ程度にすっかり鬼滅にハマった一年となりました。

 

今年は非常に寒い毎日ですね。

体調崩さず、日々過ごして参りたいと思います。

 

S

 

馬の瞳について その2

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

こんにちは。
今週はとても寒かったですが、お変わりはないでしょうか?

栗東も今朝はうっすら雪が積もっていました。

日の出を迎えてしばらくすると、雪は溶けちゃいましたが

なかなか雪を見ない地域から来た者からすれば、

12月に雪が積もること自体が衝撃的でした。  さぶっつ!!

さて、今回も馬の瞳について紹介させていただきます。

まず以前に、馬の瞳に暗いところで光を当てると網膜にある光を反射する領域があることを紹介させていただきました。

馬代表メイちゃん   と     猫代表メッシ

反射する色は、動物の種類などでも違うようで、猫は黄色に、馬は青緑色に光るそうです。

そしてこれはメイちゃんの別の写真なのですが、上の写真と色調が変わっています。

どうやら、ライトが光を反射する領域から少しずれてしまった様子。

人間で言えは、赤目現象に近いのでしょうか。

次に、馬の瞳の断面についてです。下の図を見ていただくと、人間と違って眼球が前後に扁平な形になっていると思います。


出典:馬の解剖アトラス

そして、馬はピントを水晶体と言われるレンズの厚みを変えることが苦手なため、

眼球の形を利用して遠くの物や近くの物を見ているそうです。

具体的には、遠くの物を見るときは顎を引いて上目遣いにし、近くの物を見るときはその逆の行動をすると言われています。

なるほどそれであれば、草原で草を食べているときに、遠くを見渡しやすいですね。

そして今日のメッシは、

夜飼当番に来たスタッフの動きに文字通り「目を光らせて」いました。

YK

石による怪我のリスク

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

 

いよいよ冬も本番を迎え、寒い日が続いております。

 

先日まで、競馬場内の馬場の改修工事が実施されていました。

また、厩務員さんによる馬場の石拾いも行われていました。

 

小さな石や、砂利ですら、

調教中やレース中の馬にとっては怪我の原因となり得るのです。

 

馬場の石や砂利を踏むことにより蹄の圧迫、打撲が起こり、

蹄底部に炎症を引き起こすことがあります。

これは「挫跖」と呼ばれます。

 

外観から蹄の傷を認識することは難しいのですが、

蹄の知覚部と角質部の間に出血が生じていることが多いです。

 

(参照:馬の解剖アトラス)

 

 

 

調教後に、軽度の跛行(ときに重度)を示し、

蹄に熱感があり、蹄鉗子で挟むと疼痛を示すことが多いです。

削蹄すると血斑が現れることもあります。

 

 

自然治癒することが多いですが、蹄底の損傷を避けるために運動を控えることが推奨されます。

また、必要に応じて消炎鎮痛剤の投与も行われます。

 

小さな石一つでも怪我をもたらすリスクがあるということを忘れてはいけませんね。

馬の安全を守るためにも、馬場のコンデションを整えることはとても重要なことです。

 

 

 

寒さなんてお構いなし!元気な姿に癒されます。

 

 

Y