熱発

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

暖かくなったかと思えば、ここ二、三日、また肌寒い気温となっていますね。
 
 
こんな季節の変わり目には、馬も人間と同様に、体調を崩すことが増えてきます。
 
 
多少熱が高いけど元気で食欲もある、という場合には抗生剤の投与と、輸液などの対症療法で良くなることが多いのですが、
 
ひどい下痢をしている場合や、発咳などの呼吸器症状が出ている場合には、腸炎や肺炎の可能性も考えなくてはいけません。
 
 
ちょっと心配だな、と思ったら血液検査をして、白血球の上昇や、SAAの上昇がないか、などといったこともチェックします。
 
聴診では心拍や腸蠕動音、肺雑音などを確認し、全身状態を把握します。
 
 

 
 
この馬は体温が39.3℃と高く、食欲はありますが軟便をしていました。
 
血液検査もしましたが大きな問題無し。そのため輸液に解熱剤・栄養剤を入れた対症療法と、免疫・体力の低下による細菌の二次感染を防ぐため、抗生剤を投与しました。
 
 
 
 
 
そして競走馬でよく問題となるのが、「輸送熱」です。
 
 
競走馬は生産牧場から育成牧場、トレセン、競馬場へと、度々長距離移動をします。
 
また、春になると、2歳馬が北海道から本州にやって来ます。
 
しかしそういった長距離輸送で、体調を崩し、熱発する馬もいます。
 
これが輸送熱です。馬だけでなく、牛でも問題となっているようです。
 
 
症状が重くなると、熱発だけでなく、発咳や鼻漏といった呼吸器症状がみられ、その場合、肺炎を発症している可能性が高くなります。
 
 
輸送熱の原因としては、
 
・輸送によるストレス→ストレスホルモンの増加
 
・馬運車内の暑熱
 
・排泄物から生じるアンモニアや、埃を吸気してしまうこと
 
・頭を挙上したまま繋がれることにより、気道内に侵入した細菌や埃を排出できなくなること
 
などによる免疫の低下であるとされています。
 
 
 
主な原因菌は、レンサ球菌です。
 
治療は適切な抗菌薬の投与と、馬の状態を見て対症療法を行います。
 
 
抗菌薬の予防的投与を行うこともありますが、薬剤耐性菌を生じさせてしまう可能性もあるため、無闇に投与するのもあまり望ましくはありません。
 
有効性を維持するため、馬の状態と状況に応じて、必要であれば投与する、という感じです。
 
 
ちなみに牛の輸送熱は、RSウイルスやアデノウイルス、牛パラインフルエンザによって引き起こされるそう。
 
経済的損失も大きいため、こちらも特に肉牛で、大きな問題となっているようです。
 
 
 
 
 
ただし、抗生剤の使用によって腸内細菌叢のバランスが崩れ、抗菌薬関連下痢症を引き起こすこともあります。
 
また、解熱剤として使用されるNSAIDsの副作用にも、消化管潰瘍があります。
 
治療は大事ですが、そちらに気を取られて医原性の疾病を引き起こすことがないよう、そして副作用にも注意して行っていかなくてはいけないのです…
 
 
 
 
 
 

 
 
往診先の牧場で見かける猫。
 
「たぬき」と言われていました。
 
 
 
 
 
 
 
N
 
 

東京オリンピック

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

2020年7−8月に開催予定だった

東京オリンピック・パラリンピック。

 

 

私自身は関係者でも何でもないのですが、

 

世界中から一流の選手と馬達が日本に集まってくるなんて

とてもワクワクする出来事ですし、

 

昨年の学会等でも

オリンピックの馬術競技や防疫に関する話を聴講する機会もあり、

 

暑熱環境など不安材料はあるにせよ、

2020年東京オリンピック・パラリンピックに対する期待が高まっていました。

 

 

(同僚のY先生は馬術観戦チケットの申し込みをしたそうですが、落選してしまったそうです。)

 

 

馬術競技に関しては、

馬事公苑で 障害馬術・馬場馬術・総合馬術(クロスカントリーを除く)が、

海の森競技場で 総合馬術のクロスカントリーが、各々の会場となります。

 

 

こちらはクロスカントリー会場、東京江東区の海の森公園。

 

遠くに見えるのは富士山でしょうか。

 

水上競技の観覧席も見えます。

 

 

一般公開はしていないため一般道からだと 中の様子は全くわかりませんが、

 

水上競技場の向こうに見える森のエリアで、馬術競技が行われるようです。

 

 

ただ新型コロナウィルスの感染拡大により、

 

国内の競馬場では無観客での開催が続く中、

ドバイで開催予定だったレースも中止になるなど、

競馬関係への影響も今後さらに大きくなっていくと考えられます。

 

 

個人レベルでの感染・拡大防止を日々心がけつつ、

今後どうなっていくのか見守っていきたいと思います。

 

S

 

 

フレグモーネについて

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

厩務員さんから、

「昨日はなんともなかったんだけど、今朝見たら腫れていて・・・

目立った傷もないんだけどな」

と聞き、往診へ向かうと、

 

※写真だと症状がわかりにくく、申し訳ありません。

 

 

外傷による炎症である場合、

腫脹は傷から波及するように広がるケースが多くみられますが、

 

この症例では、外傷は見当たりませんが、

繋〜飛節まで重度の腫脹がみられます。

 

 

かろうじて着地はできるものの、負荷を嫌がる様子です。

少し触っただけでも、酷く嫌がる様子。

熱感もみられます。

 

 

こんな症状が見られる場合、

『フレグモーネ』を疑います。

蜂窩織炎と同意義です。

 

つまり、

皮下組織の急性化膿性炎症です。

 

詳しく病理学的に説明すると、

「蜂窩織炎」とは、

化膿性炎(多数の好中球の浸潤)の分類の中で、

皮下組織などの比較的疎な結合組織に起こりやすく、

好中球が組織間をびまん性に広がり、

細胞間の融解、細胞壊死を伴うものとされています。

 

つまり、

外傷などによる炎症とは、

所見が異なる上に、

病理学的にも区別されるものなのです。

 

 

原因として、ブドウ球菌などの常在菌による感染が考えられます。

 

四肢の下部に好発し、

症状として、

発熱、急性の跛行、患部の著しい腫脹、触診痛 等があります。

 

外傷による炎症性腫脹から、急に重篤化しフレグモーネへとなることもあり、

腫脹している部分から自壊し、排膿する場合や、

皮下で起こっている炎症が関節、腱鞘内に波及すること

等もあり、治癒後に障害が残る可能性のある疾患です。

 

患部の炎症の拡大が速く、重篤になりやすいため、抗菌薬による治療を直ちに開始する必要があります。

痛みが強い場合は消炎鎮痛剤の投与が推奨されます。

 

 

また、抗生剤の効果が確認できた後のステロイドの投与は、腫脹の軽減に有効とされています。

しかし、免疫を低下させるため再感染には十分注意する必要があります。

 

痛みが軽減してきたら、曳き運動を行うことでいち早く浮腫を軽減させることができます。

治療が長期になると、治癒後に浮腫や皮膚の肥厚が残る可能性があります。

 

また、

フレグモーネが治癒することなく、再感染を繰り返すと、

循環障害へ移行したり、慢性化し根治不可能になる場合もあります。

 

患部の症状が引いても、慎重に経過をみていく必要があります。

 

 

 

 

さて、

 

 

タンポポはフランス語で「ダンデライオン」と呼ばれます。

 

 

黄色くて、ライオンのタテガミみたい・・・

ではなく、

 

葉がライオンの歯の様だから、

ライオンの歯という意味の「ダンデライオン」なんだそうです。

 

競馬場にも、もうそこまで春が来ているみたいです。

 

 

 

Y

HBAトレーニングセール2020のレポジトリー撮影

Posted on Posted in a. 会社案内, c. レポジトリー, LATEST NEWS (Blog)

3月28日からHBAトレーニングセール2020のレポジトリー撮影期間が始まります。

ただいま撮影のご予約を受け付けております。

01456−7−8523 までお電話ください。

レポジトリー撮影期間は3月28日〜4月30日です。

 

レポジトリー資料は例年通り

・上部気道内視鏡検査

・四肢レントゲン検査(基本22枚:飛節を除く四肢関節、任意提出の後膝8枚)

となっております。

 

 

今年のトレーニングセールは、例年より1週間ほど開催時期が早いです。

セレクトセール以降は例年より1週間ほど開催時期が遅くなります。

 

もうすぐレポジトリー撮影の日々が始まります。

 

 

U

話題のウイルス

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

ここ滋賀県では、3月5日に、新型コロナウイルスの県内初の感染者が見つかったそうです。
 
関西の他の県ではすでに見つかっていましたから、まあ時間の問題かな、という感じはありましたが…。
 
 
 
往診先でも、新型コロナウイルスのことが度々話題に上がるのですが、
 
「あれって抗生剤とか効かないの?」と聞かれたりすることもあります。
 
そこで、細菌とウイルスについて、今一度調べ直してみました。
 
 
 
二者の大きな違いは、
 
・大きさ
 
・核酸の種類
 
・代謝するかしないか
 
の三つです。
 
 
 
大きさは、細菌は数〜数十μm、ウイルスは数十〜数百nm。細菌の方がかなり大きいです。
 
核酸の種類は、細菌はDNAとRNAの両方、ウイルスはDNAもしくはRNAのみを持ちます。
 
細菌は、自ら代謝し増殖しますが、ウイルスは単独では増殖できず、宿主細胞に増殖を依存しています。
 
また、細菌は生物であり、細胞膜・細胞壁をもちます。一方ウイルスはそういった構造を持たず、外殻であるカプシド内に核酸が収められています。
 
 
 
抗生剤は、細胞壁やDNAの合成を抑制したり、代謝を阻害することで、細菌による感染症を治療します。
 
そのためそういった構造を持たないウイルスには、効果がありません。
 
 
ウイルス性の疾病の治療には、抗ウイルス薬が用いられます。ただしこれは、まだあまり種類が開発されておらず、限られた疾病のものしかありません。
 
予防のためには、病原体を培養・不活化させたり、病原性を低下させたワクチンを投与します。
 
 
 
 
 
ついでに、コロナウイルスについても復習してみました。
 
 
コロナとは、ラテン語で「王冠」を指します。ウイルスの周囲に、王冠のようなスパイクを持つのだそう。
 
直径100-140nmで、脂質や糖蛋白からなる「エンベロープ」という構造に、カプシドが包まれています。
 
これはアルコールによって破壊されるため、今回の新型コロナウイルスに対しても、アルコール消毒は有効です。
 

(画像引用:国立感染症研究所HP https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html)
 
 
 
身近な動物の代表的な疾病は、
 
・犬コロナウイルス感染症
 
・猫伝染性腹膜炎
 
・豚流行性下痢
 
・豚伝染性胃腸炎
 
などがあります。数年前に流行ったSARSも、コロナウイルスによる疾病ですね。
 
 
 
 
 

一口にウイルスと言っても、様々な動物に対し、異なる症状を引き起こします。
 
香港では、新型コロナウイルスの患者の飼育していた犬が、ウイルスに感染していたそう。症状は出ていないようですが…
 
 
今後も新たな型や症状が出てくるかもしれませんが、免疫力を上げるために普段から体調に気をつけて生活すること、
 
手洗い、うがいをして、感染予防に努めることが大事ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
なんだかスーパーなメイちゃん。
 
 
 
 
 
N
 
 

馬の乳頭腫

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

獣医師国家試験を受験された方々、お疲れ様です。

 

 

 

いきなりですが、写真に対して左側に何か見えますか。

 

丁度ハミがかかるところにカリフラワー状のものがみえるかと思います。

これはパピローマと呼ばれるものになります。

 

パピローマはこのようにハミ受けの場所にできてしまうと

運動の際に邪魔になってしまったり

見た目の問題や他の馬に伝染するということが気になります。

 

パピローマは乳頭(pappilla)という意味と腫瘍(oma)を合わせた単語で

馬の乳頭腫とも言われます。

 

馬乳頭腫ウイルスはウマパピローマウイルスの1型が関与し

牛でもパピローマウイルスが存在しますが、牛はウシパピローマウイルス1〜6型と型が多く存在します。

 

牛パピローマウイルスの1型と2型のみ馬に感染して

感染するとサルコイドというものが皮膚に生じます。(少しややこしいですよね)

 

この乳頭腫は馬具や馬同士の接触で伝播しまうので

道具の消毒を徹底することが大切になります。

(ヒトには乳頭腫はうつらないと言われています)

ただサルコイドとなると、直接伝播は少ないと言われています。

 

乳頭腫は数ヶ月すると自然治癒するときもありますが

なかなか治らないときもあります。

その時は切除を行ったり、飲み薬を与えたりします。

 

 

皮膚疾患は多くの種類があり

目の周りに痒そうな皮膚が脱落してしまう皮膚病。(写真)

体表にできる皮膚病。

しっぽが少し脱毛してしまう等、さまざまです。

 

 

 

なかなか治らない場合は近くの先生に相談してみてもいいかもしれませんね。

 

/////////////////////////

 

みてみてみて〜

あそんで〜

 

ずん

 

ずん

 

ずん

 

/////////////////////////

 

I