馬鼻肺炎について

Posted on Posted in b. 診療について, f. その他, LATEST NEWS (Blog)

昨日 関東地方ではたくさんの雪が降りました。

 

今日は晴天で すでに雪もだいぶ溶けていますが、

競馬場や牧場では 今日はレースや調教などできない程

馬場状態が悪くなっている模様です。

 

明日からも気温がかなり低いそうです。

 

事故や怪我などないように、また風邪などひかないように、

気をつけないといけませんね!

 

horse-752833_1920

 

さて、馬は暑さに比べれば 寒さには強いですが、

それでも寒い時期に人間と同じように 感染症が流行ったりします。

 

特に冬の寒い時期、育成中の2-3歳の若馬では、

馬鼻肺炎と思われる 発熱や鼻水などの呼吸器症状が見られることがあります。

 

これは 人間で言えば 帯状疱疹で有名なヘルペスウィルスの仲間、

ウマヘルペスウィルスの感染が原因となって 発症します。

 

(呼吸器症状の他にも、

妊娠牝馬の流産を引き起こすこともある厄介なウィルスです。)

 

一度 発症してしまうと ウィルスをやっつける薬はないので、

栄養を取らせて休ませるなどして、回復を待つしかありません。

日当たりが良くて暖かい馬房にしてあげるのも、良いかもしれません。

 

発熱は2日位すれば おさまることが多いですが、

体温が40℃を超えるなどして 食欲がなくなったり

ツラそうにしている若馬を見ると、かわいそうですね。。。

 

予防法としては ワクチン接種があり、

12月頃から 月に1度 2-3回の接種が推奨されています。

 

飛沫感染のほか、

鼻ネジ・飼い桶・人間を手指を介して 他の馬にうつる場合もあります。

 

きちんと消毒を行う・感染が疑われる馬の 馬房を隔離するなどして、

感染が広がらないように注意しましょう。

 

 

S