馬のフケについて

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

最近、急に暖かくなってきましたね。

私は馬の獣医になってから、初めての夏を迎えようとしています。

 

この季節、競馬場へ行くと

「ちょうどレースの時にフケでさ」

と、いうような声を厩務員さんから聞くことがあります。

 

「フケ」とは、牝馬の発情のことを言います。

 

牝馬の発情期は、春先から9月頃までの数ヶ月間。

まさにこれからの季節ですね。

 

周期は約21日とされ、

5〜7日程度の発情期、約14日の無発情期を繰り返します。

 

発情期の牝馬は、

多くの場合、他の馬に対して過剰に興奮するようになります。

気性が穏やかな馬でも、威嚇したり、暴れたりするようになることもあるそうです。

 

 

 

発情の兆候として、

尾を左右に揺らしたり、後肢の歩様がぎこちなくなったり、

馬を引く人に執拗に甘えるような仕草をするようです。

 

身体所見として、

陰部の腫脹や、膣からの分泌物がみられます。

 

さらに、排卵時には痛みを伴うこともあり、

一見、疝痛を起こした時のような症状がみられることもあります。

 

海外では、発情による興奮に対して、「30日間トライアル」として、プロジェステロン合成剤の経口投与を30日間続けるという方法があるそです。(参照:Mares Behaving Badly:Is it Estrus or Something Else?)

 

日本でも、ホルモン剤の注射は行われているようですが、競馬場内では一般的に投薬による治療は行われておりません。

 

 

耳を横に倒し威嚇したような馬がいた場合、

怒っているだけなのか?恐怖や痛みによるものなのか?

あるいは、発情による興奮なのか見極める対応する必要があります。

 

稀に、フケによる興奮でレースを走りきり勝利する馬もいるようですが、

「できたらレースとは被らないでほしいな」と、

厩務員さんは言っておりました。

周期を計算し対策を考えたり、周りの環境に気を使いながら

夏が終わる間までは付き合っていくしかないのかもしれません。

 

この時期ならではのお悩みもありますが、

 

 

 

初夏ならではの美味もあります。

先日、厩務員さんからいただきましたこちら

九十九里で採られた「白子玉ねぎ」です!

肉厚で甘みもたっぷり、バターをのせて温めただけでとても美味しくいただけました。

 

Y