馬のノド鳴り

Posted on Posted in b. 診療について, c. レポジトリー, LATEST NEWS (Blog)

馬が運動中に異常な呼吸音を発することがあります。
これを 医学的には「喘鳴症(ぜいめいしょう)」といい、

原因の一つに喉頭片麻痺というものがあります。

 

吸気時に気管の入り口にある披裂軟骨が完全に開かず

気道が狭くなるために「ヒューヒュー」という喘鳴音を発します。

 

この喉頭片麻痺は反回神経麻痺とも呼ばれていますが、

麻痺を起こす原因は明らかになっていません。
99%以上が左側に起こり、

また牝馬より牡馬に多く(80%以上)、

牝馬の場合は500kg以上の大型馬に多いとされています。

 

診断は、内視鏡検査により行います。

(下写真の黄色矢印が、麻痺が認められる部分)

スクリーンショット 2017-04-13 14.42.35スクリーンショット 2017-04-13 14.42.55

また安静時の検査では症状を示さず

走行中にのみ症状を示すことがあり、

 

その場合はトレッドミルという

馬用のルームランナーの上を走らせながら

検査を行います。

 

治療は外科手術を行うことが一般的ですが、

 

馬の喉頭は個々で構造が違うため非常に難しく

成功率は5-7割と言われています。

 

また術後の合併症も少なくなく、

誤嚥や感染症など十分注意が必要になります。

 

R