蹄葉炎について – その2 –

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

次に、実際の例を 少しご紹介します。

 

まずは「なんか歩様がおかしいんだけど」ということで、

症状が出てすぐ 相談を受けた乗馬。

 

ゾーンモーメント

 

両前肢の蹄葉炎が見つかりましたが、早期の発見と治療により

8ヵ月後には画像上も 治癒するまでに至りました。(画像は左前肢のみ。)

 

次は、かなり前から跛行があったということで、

検査を依頼された競走馬。

蹄葉炎1

カクテルタイム

蹄葉炎と蹄骨の骨折が 確認されました。

 

 

例えばヒトでも 5本あるうちの1本の指で 爪が剥がれただけでも、

相当な痛みが生じます。

 

馬の肢の構造としては、

人間で言えば “中指1本で立っている つま先立ち”の状態なわけで、

1つの蹄に問題があるということが

どれほど重大なことであるか 容易に想像できるでしょう。

 

もし何かあれば、お気軽に ご相談ください。

 

 

明日からはウマ科学会、そして 間も無く師走に突入です。

 

S