謎のぷよぷよ

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)


「先生、肘になんかできてるんだよねー」


往診先でそう言われて、診たのがこちらの症例。


 


右前肢の肘に、ぷよぷよしたできものがあります。

大きさは鶏卵くらいでしょうか。



中は水が溜まっているような感触。結構強めに押しても馬は平気な顔。


餌をもりもり食べていました。



熱を持っているだとか、そういうこともありません。

牧場の方に聞いても、運動にも特に支障はないとのこと。

 




これは、「肘腫」というもの。


横になったり起きたりするときに摩擦が生じたり、運動時に後肢がぶつかったりすることによって、


肘頭に滑液の溜まった袋ができてしまったものです。

 

 

溜まった液を抜いたり、切開して袋を取り除くこともありますが、


一度すっきりしても、再発してしまうものも多いようです。


あとは蹄鉄を変えてみたり、血行促進の塗り薬を使ったりもします。



この馬は移動が近いということ、また本人が全く気にしておらず、感染の可能性は低いだろうといったことから、


今回は様子見になりました。




本当に水風船のような感触。


人間だったらついつい気にして触ったり、ぷちっと潰したくなりそうな気もしますが、


馬にはそういった欲求は無いのでしょうかね?

 


補液の段ボールから救出されたニホントカゲ。


つるっとして可愛い。




N