話題のウイルス

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

ここ滋賀県では、3月5日に、新型コロナウイルスの県内初の感染者が見つかったそうです。
 
関西の他の県ではすでに見つかっていましたから、まあ時間の問題かな、という感じはありましたが…。
 
 
 
往診先でも、新型コロナウイルスのことが度々話題に上がるのですが、
 
「あれって抗生剤とか効かないの?」と聞かれたりすることもあります。
 
そこで、細菌とウイルスについて、今一度調べ直してみました。
 
 
 
二者の大きな違いは、
 
・大きさ
 
・核酸の種類
 
・代謝するかしないか
 
の三つです。
 
 
 
大きさは、細菌は数〜数十μm、ウイルスは数十〜数百nm。細菌の方がかなり大きいです。
 
核酸の種類は、細菌はDNAとRNAの両方、ウイルスはDNAもしくはRNAのみを持ちます。
 
細菌は、自ら代謝し増殖しますが、ウイルスは単独では増殖できず、宿主細胞に増殖を依存しています。
 
また、細菌は生物であり、細胞膜・細胞壁をもちます。一方ウイルスはそういった構造を持たず、外殻であるカプシド内に核酸が収められています。
 
 
 
抗生剤は、細胞壁やDNAの合成を抑制したり、代謝を阻害することで、細菌による感染症を治療します。
 
そのためそういった構造を持たないウイルスには、効果がありません。
 
 
ウイルス性の疾病の治療には、抗ウイルス薬が用いられます。ただしこれは、まだあまり種類が開発されておらず、限られた疾病のものしかありません。
 
予防のためには、病原体を培養・不活化させたり、病原性を低下させたワクチンを投与します。
 
 
 
 
 
ついでに、コロナウイルスについても復習してみました。
 
 
コロナとは、ラテン語で「王冠」を指します。ウイルスの周囲に、王冠のようなスパイクを持つのだそう。
 
直径100-140nmで、脂質や糖蛋白からなる「エンベロープ」という構造に、カプシドが包まれています。
 
これはアルコールによって破壊されるため、今回の新型コロナウイルスに対しても、アルコール消毒は有効です。
 

(画像引用:国立感染症研究所HP https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html)
 
 
 
身近な動物の代表的な疾病は、
 
・犬コロナウイルス感染症
 
・猫伝染性腹膜炎
 
・豚流行性下痢
 
・豚伝染性胃腸炎
 
などがあります。数年前に流行ったSARSも、コロナウイルスによる疾病ですね。
 
 
 
 
 

一口にウイルスと言っても、様々な動物に対し、異なる症状を引き起こします。
 
香港では、新型コロナウイルスの患者の飼育していた犬が、ウイルスに感染していたそう。症状は出ていないようですが…
 
 
今後も新たな型や症状が出てくるかもしれませんが、免疫力を上げるために普段から体調に気をつけて生活すること、
 
手洗い、うがいをして、感染予防に努めることが大事ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
なんだかスーパーなメイちゃん。
 
 
 
 
 
N