腱について

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

最近、浅屈腱や繋靭帯のエコー検査を行う機会がありましたので、

今回は腱の構造について書きます。

 

腱とは筋肉と骨をつなぐ組織です。

一方、靭帯とは、骨と骨をつなぎます。

 

繋靱帯は、解剖学的には中骨間筋といい、

わずかに筋肉の部分があるので、腱です。

 

腱の基本的な機能は、筋で発生した力を骨に伝えることで、

これによって関節の動きを可能にします。

 

腱は機械的負荷に抵抗する弾力性をもった密線維性結合組織で、

腱細胞と細胞外マトリックス、

すなわち主にⅠ型コラーゲンよりなるコラーゲン線維と

無定型基質(プロテオグリカンと間質液)で構成されています。

 

 

コラーゲンは腱を構成するために複雑な階層構造をつくります。

つまり、コラーゲンが集合してコラーゲン細線維を形成、

コラーゲン細線維が集合してコラーゲン線維を形成、

コラーゲン線維が束となって腱束を形成、

この腱束によって腱が構成されています。

 

浅屈腱を光学顕微鏡で見ると

コラーゲン線維をみることができます。

(青いのは腱細胞の核)

 

 

電子顕微鏡で見ると

コラーゲン細線維をみることができます。

 

 

なぜ、浅屈腱の真ん中に腱炎が起こりやすいのか?

 

それはまた今度ということで。

 

 

ちなみに浅屈腱は、解剖学的には浅指(趾)屈筋の腱なので

浅指(趾)屈筋腱といいます。

*後肢の場合は趾(し)を使います。

 

昔は「浅屈腱炎」とはいわず、「浅指屈筋腱炎」と言っていました。

 

今は「屈腱炎」「浅屈腱炎」と言ってます。

 

 

北海道は寒くなってきました。

 

 

 

U