脱換歯

Posted on Posted in a. 会社案内, LATEST NEWS (Blog)

 

馬はヒトと同様、はじめに乳歯が生え

その後永久歯に入れ替わります。

 

全ての歯が永久歯に替わるわけでなく、奥のほうにある後臼歯は最初から永久歯で

切歯と前臼歯の合計24本になります。

 

 

脱換の時期は切歯が約1.5〜3.5歳、前臼歯が1.5〜3歳です。

 

 

そもそも馬の切歯は咬む面がエナメル質ではなく、エナメルヒダで

内側にセメント質、外側にゾウゲ質が露出し黒い色の黒窩があり

この形から年齢を推測したりします。(すり減り具合から)

 

ちなみにこの黒窩。歯の窪みにつまった食べかすが変敗し、セメント質が黒くなるのでこの名前になったそうです。

 

 

臼歯ではエナメル稜が複雑に出ている月状歯になってます。(割とボコボコ。草をすり潰さないといけないですもんね)

 

 

そんなかんじで、ある年齢になると永久歯がにょきにょき生えてくるのですが

歯肉と引っ付いてしまったり

歯がグラグラしたままで、上手く脱換出来ないと

食欲が落ちることもあります。

 

 

そういう時は治療をしてあげます。

 

抜歯鉗子を使って

 

治療中の写真はありませんが、とれた脱換歯はこんな感じ。

 

 

裏側

 

 

 

ヒトもそうですが、歯がグラグラしていると

気持ち悪くてご飯とか食べづらいですよね。

 

 

これでご飯をモリモリ食べてくれるといいな

 

 

この治療したウマはのちほど、食いも戻り

調教中でもハミ受けがよくなったそうです。

 

 

よかった

 

 

 

 

 

//////////////////////////////////////////

 

 

ていうことで、モリモリお肉を食べました。(私が)

 

割面を撮り忘れてしまったのが残念でしたが…

肉汁じゅわ〜と、美味しかったですよ

 

//////////////////////////////////////////

 

 

I