胃潰瘍について

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

競走馬の8-9割、また乗用馬でも約7割に胃潰瘍があると言われています。

 

馬は本来 群れで暮らし自由に草を食べる生き物ですが、

 

飼養されている馬は、1日の大半をそれぞれの馬房で過ごし、

飼葉の時間を決められ、また調教やレースなどの激しい運動や、

馬運車での長距離輸送など 様々なストレスの要因が存在します。

 

そして、人と同じくストレスを感じると馬も胃潰瘍を発症します。

 

胃潰瘍の主な症状には、

疝痛、食欲不振、ボディコンディション不良、間欠的な下痢、被毛粗剛、能力の低下

などが挙げられます。

 

確定診断は、内視鏡を用いた画像診断となります。

 

胃潰瘍1

これは馬の胃の模式図です。

構造的な特徴から 病変のほとんどは 無線部ヒダ状縁に発生します。

 

また病変の程度によって 次のようなグレードに分類されています。

 

胃潰瘍4

治療には 抗潰瘍薬を用いますが、

中でも 胃酸抑制作用の強いオメプラゾールの治療効果が高く、安全に使用されます。

 

内視鏡検査を行うことで 、治療薬の適正量を判断することが可能となります。

 

胃潰瘍2 胃潰瘍3

検査前に数時間の絶食が必要になりますが、

検査自体は鼻から内視鏡を入れて5-10分程度で終了します。

 

気になる症状などあれば、お気軽にご相談ください。

 

R