種子骨の骨折(尖端部の骨折)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

馬の近位種子骨は

球節の掌/底側にあるピラミッド型の小さな骨です。

 

繋靭帯や遠位種子骨靭帯などで管や繋の骨と繋がり、

常に肢にかかる大きな負荷に耐えて 球節の構造を維持しています。

 

(画像:”Adams’ Lameness in Horse” 4th ed. p83より)

 

さらに競走中フルギャロップで走ると、球節が地面に接地する程の大きな力がかかります。

 

 

このようにして種子骨が骨折することも多いのですが、図のようにいくつかのタイプに分けられます。

 

血流が悪いことなどから骨折の治癒が難しい部分であり、

また場合によっては球節の構造を維持できなくなって

予後不良という診断になるケースもあります。

 

 

中でも競走馬で最も多いのは、尖端部分の骨折(Apical fracture)です。

後肢に起こりやすいです。

 

 

予後については、

前肢よりも後肢の方が予後は良く、

内側種子骨の骨折よりも外側の種子骨の方が予後は良く、

また繋靭帯の損傷の有無にも影響されます。

 

ただしこのタイプでは骨折自体が1/3までの大きさであれば

大きさに関わらず 手術で摘出することにより、一般的には競馬復帰も可能です。

 

 

上の写真の馬は、左後肢外側近位種子骨の骨折、

繋靭帯の損傷もありましたが、手術で摘出をしていただき、現在リハビリ中です。

 

 

 

4/21に農水省から「プラスワンプロジェクト」というものが提案されました。

 

新型コロナウィルス感染拡大に伴う 休業休校により牛乳の消費量が減少していますが、

生乳生産は6月のピークに向けて増加していく時期だそうで、この時期を切り抜けるために

消費者が牛乳やヨーグルトを普段より1本多く買うことで 酪農家さんを助けようという趣旨だそうです。

 

個人的には昔々の学生時代、北海道から九州まで 全国のNOSAIさんの実習に参加させていただき、

礼儀も何も知らなかった自分を受け入れて丁寧に教えてくださり、現場で診療を見せていただきました。

 

そして何より毎日私達の食を支えてくださっている皆様には、本当に感謝しかありません。

 

微力ながらも、自分でも牛乳をガンガン購入・消費していきたいと思います!!

 

 

S