日本ウマ科学会 第32回学術集会

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

 

 

そろそろ冬も本格的になって参りました。

 

 

毎年、この時期に行われる日本ウマ科学会主催

『第32回 学術集会』へ参加しました。

 

 

そして、

今回我々の会社も症例検討会にて

 

「骨疾患に対するビスフォスフォネート製剤を用いた治療」

 

と題しまして、3症例について発表しました。

 

 

 

ビスフォスフォネート製剤(ティルドレン Tildren)について、

機序や治療方法等は以前のブログに掲載されております。

 

ティルドレンについて:
ティルドレン Tildren について

ティルドレン Tildren について (2)

 

ティルドレン治療について:

ティルドレン治療の様子

ティルドレン治療の様子②

 

 

機序が複雑な上に、

骨代謝に関与する破骨細胞の数を減らす作用があるため

適応症例など、熟考しながら使用する必要のあるティルドレン。

 

 

 

招待講師であるDr.Davidからも、

「慎重に使用していく必要がある薬品ですね」

といったような意見をいただきました。

 

私は、視聴していた側でしたが

多くの学びを得れた有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

発表に携わった先生方、お疲れ様でした。

 

 

学会中、できる限りの講演を聴くことができました。

多くのことを勉強でき、自分の未熟さを痛感すると共に

とても実のある2日間となりました。

 

 

 

余談ですが、

今回の学術集会は両国での開催でした。

 

 

国技館のある両国といったら・・・

 

 

チャンコ鍋です!

 

 

先生方とお昼に食べましたが、

こんな大盛り食べられるかなと思いきや全員ペロリと完食でした。

 

 

お鍋が美味しい季節になったのかと思うと、

今年ももう終りだなと実感いたしました。

 

Y