去勢の影響について (2)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

前回に引き続き「去勢の影響について」獣医師の立場からのお話です。

 

子馬(牡)は成長するにつれて、精巣が発達していくと

精巣からの「テストステロン分泌量」も増えていきます。

 

すると、このホルモンの働きによって、子馬の体つきは

少しずつ「男らしく」なっていきます。「第二次性徴」ですね。

具体的には、頸が太くなり、筋肉も増えてガッチリした体型になります。

 

shutterstock_13

 

一般的に、馬は体重の60%くらいを前肢で支えていると言われます。

上の写真のように子ども体型のときには全く問題ないことですが、

頸が長く太くなり、筋肉も発達していく中で、前肢の負担が過剰になり

「競走馬としての理想体型」から遠くなってしまう個体も・・・。

 

body

 

ご存知の通り、トップスピードで走る競走馬にとって「前駆が重すぎる」のは致命的です。

 

なので、日本ではあまり考えられていないことですが、海外で競走馬を去勢する時、

その第一の目的は「性質を扱いやすく」することではありません。

 

去勢によって精巣からの「テストステロン分泌量」を減らして

バランスのよい体型にするという、いわば「戦略」のひとつなのです。

 

 

また、去勢をする理想的な時期は「1歳」と言われていますが、

このように早期に去勢した場合には、「体つき」だけでなく

「体高」にも影響があるのではないか、という考えもあります。

 

・・・去勢にまつわる話がたくさんありすぎて、長期連載になってますが(汗)

次回は「去勢をする時期」について、またお話を書いてみようと思います。

 

13173851_584272531740241_77453535865395501_n

 

何か気になることやわからないことがあれば、メールやお電話でご質問ください。