去勢の影響について (1)

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

「去勢したら馬って変わるの?」

 

この問題は馬関係者の中でも意見がわかれるところですが、

今回は、馬の獣医師の立場からみた「去勢の影響」のお話です。

 

去勢の定義は「牡馬の精巣を外科的に除去すること」です。

 

獣医学的には、鎮静や局所麻酔で痛みはコントロールできてるのですが、

見ている人からは「・・・痛そうですね」という感想が多い手術になります。

 

下の写真は先月当院で去勢をしたときの一場面ですが、

このように枠場で立ったままするか、全身麻酔で寝かせて行います。

 

CIMG2394

 

IMG_0346

 

去勢で「精巣」をとったら、馬にはどんなことが起こるのでしょう?

そもそも、「精巣」ってどんな働きをしているのでしょう?

 

スクリーンショット 2016-05-10 9.06.22

Illustrated Atras of Clinical Equine Anatomy and Common Disorders of the Horse

 

精巣では、精子を産生する他に「テストステロン」というホルモンを分泌しています。

このホルモンは「副腎」でも作られますが、ほとんどが「精巣」で作られているため、

去勢で精巣がなくなってしまうと、このホルモンの分泌量も少なくなっていきます。

なので、獣医の立場からいうと、「去勢の影響はあります」なのです。

 

では、このホルモンはどんな役割を果たしていたのでしょう?

このホルモンが少なくなったときの影響は?

 

 

 

長くなってしまったので、続きはまた次の機会に・・・。

IMG_1791