乳房炎

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

跛行したので診てほしい、と連絡があり、往診に向かいました。
 
 
3歳の牝馬。前日から跛行し、夜には体温39度(平熱は37度後半~38度前半くらい)だったとのこと。
 
往診時は平熱でしたが、馬房から出たがらず、痛そうに恐る恐る歩きます。両後肢に問題があるような様子。
 
 
しかし触診してみても、関節や腱に問題なし。少し大腿部の筋肉が張っているようですが、そこまでひどい跛行を呈するとは思えません。
 
 
横紋筋融解症??とも疑ったのですが、
 
 
 

 

 
 
乳房炎でした。
 
 
右の乳房が腫れています。乳房の頭側の大きな腫れの方は、炎症により生じた浮腫です。
 
 
触れると熱感があり、嫌がりました。
 
 
 
 
 
若い現役競走馬で乳房炎?!と驚いたのですが、まれにあるようです。
 
 
原因は、細菌の侵入。連鎖球菌やブドウ球菌などの感染によって起こるそうです。
 
 
 
獣医学生さんなら、牛の乳房炎の重要性は、授業で教わっているかと思います。酪農家にとっては頭を悩ませる問題の一つです。
 
 
搾乳の手順や、その際に気をつけることなど、国試のために必死で勉強したことを覚えています。
 
 
しかし乳腺も発達しておらず、乳頭口の大して開いていない現役競走馬で乳房炎というのは、初めてみた症例です。
 
 
 
細菌感染が原因なので、治療は抗生物質と、消炎剤の投与。
 
 
 
 
次の日。
 

 

 
 
腫れはありますが小さくなりました。また、浮腫は重力に従い、腹の下に降りてきています。
 
触るとまだ痛がりますが、昨日よりは歩きやすくなっています。
 
 
再度抗生剤を投与。
 
 
 
 
二日後。
 

 
 
腫れはかなり小さくなりました。触ると、少しですが痛がります。
 
浮腫はこの画像からは見えませんが、小さくなり、更に降りてきていました。
 
歩様も通常に比べると少し気になるそうですが、血行を良くし腫れを引かせるために、軽い運動を行いました。
 
 
 
ここで治療は終了。その後は特に問題無いようです。
 
 
 
 
跛行が見られた時には、肢だけでなく全体を見なければならないのだと、勉強になった症例でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・?!
 
(生きてます)
 
 
 
 
 
N