レントゲン撮影風景

Posted on Posted in b. 診療について, LATEST NEWS (Blog)

馬の肢の故障は、前肢に多いとされています。

なのでここ栗東の診療所では、レントゲン検査は前肢が圧倒的に多いです。

ですがたまには、後肢の検査をすることも。

IMG_20190226_084637 (1)

 

これは右後肢の飛節のレントゲン撮影を行っています。

 

馬は臆病な動物なので、真後ろに立たれることを嫌がります。

本当ならこのポジションは、あまり立ちたくないところ。

いつでも避けられるようにして、撮ったらさっと逃げます…

 

飛節を真横から撮ると、こんな感じ。

RH2-1

レントゲンは、どの骨を見るときはどの角度から撮るというのが、基本的に決められています。

撮りたい部分によっては、ちょっと危ないこともしなければいけません…

 

 

LH1-2

これは左後肢の後膝を横から撮ったもの。

ここを撮影するときには、撮影用カセッテ(板)を、後肢の付け根に差し込まなければいけません。

 

ビーチハピネス

内股に触られるのを、馬はとても嫌がります。

嫌がって少しでも動くと画像がぶれてしまい、正しい診断ができなくなってしまいます。

なのでここの撮影をするときには、鎮静をかけてから行います。

 

鎮静をかけると馬はぼーっとして眠そうになり、よだれを垂らしたりするものもいます。

なんだかかわいそう、と感じる方もいるかもしれませんが、お互いにストレス無く検査するためには、

たまには鎮静も必要だと私は思っています。

 

ただし、鎮静をかけたからといって安全ではないので要注意!

加減?も忘れてしまっているので、蹴るときは思いっきり蹴ります。

動物相手に100%安全というのは無いのだと、気を引き締めてかからなければいけません。

 

IMG_2855 (1)

仕事の邪魔をしてご満悦なメッシ。

ゴロゴロ言ってますが、撫でる場所を間違えると噛んできます。

「油断大敵だニャ!」

 

 

N