レントゲンからもわかる肢軸

Posted on Posted in c. レポジトリー, LATEST NEWS (Blog)

北海道は朝夕が少し涼しくなってきました。

しかしまだ日中は暑いです。

 

日高ではまだまだレポジトリー撮影が続いています。

 

いろんな肢の馬たちのレントゲンを撮っていると

繋がゆるくて撮りにくいなぁ とか

関節面が抜きにくいなぁ とか あります。

 

そんな私が、最近気になっているのが、手根骨の配列の反りです。

 

レントゲンの読影をしていて、手根骨の配列が反っている馬がおり、

実馬をみて、(前)膝が反っていたり、そうでもなく見えたり…

 

最近教わったばかりなのですが、レントゲンの方がより正確なのだそうです。

左は手根骨の配列に反りがみられます。

実馬も少し凹膝でした。

 

馬をみて、おや?と思ったら、レントゲンをみてみる。

レントゲンをみていて、おや?と思ったら実馬をみる。

 

両方大事だなと思います。

 

 

さて、今年はハエが多いように思います。

黒い点々はハエです。

 

鎮静剤を使用していても、馬にとってハエの煩わしさは消えないようです。

 

ハエを気にした馬に蹴られちゃった左手は

きれいになってきましたよ。

 

そして、往診先の牧場で近くまできたエゾ鹿。

北海道日高の風景です。

 

 

UK