マイクロチップ

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

今年 動物愛護法の改正によって

犬と猫へのマイクロチップの装着が

義務付けられることが決まったそうですが、

 

競走馬においては

2007年以降の産駒にはマイクロチップ装着が義務付けられています。

 

競走馬は レースに出走したり、飼養場所が変わったり、

様々な場面で 個体確認が必要となるため、非常に有益なツールです。

 

 

場産地で血統登録の前に

左頸中央の頂靭帯またはその周辺に挿入されるそうです。

 

リーダーで マイクロチップの15桁の番号を認識し、

その番号を手帳 もしくはデータベースで確認することで、

個体の識別が可能となります。

 

 

例えば、

登録番号 392118010012345 の場合

 

392          :国番号

11            :動物番号(馬)

80            :販売会社コード

10012345:個体識別番号

となります。

 

同じ番号は存在しません。

 

 

診療時の番号確認、

 

こちらの厩務員さんはいつもお手伝いをしてくれるのですが、

場所を覚えているのか リーダーを1回かざすだけで必ず探し当てます!

 

 

 

ただ 稀に 皮下を通って 別の部位に移動しまうのか、

 

右頸部など少しズレた位置で確認されたり、

いくら探しても見つからなかったり、

 

行方不明になって 挿入し直したのか

複数のマイクロチップ番号が手帳に記載されているケースにも遭遇することもあります。

 

噂では「肢の方まで移動することもある」という話もありますが、果たして…?

 

 

大きい変なバッタがいると思ったら、キリギリスだと教えてもらいました。

 

S