ヒザコゾウの話

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

今日はヒザコゾウについてのお話。

 

馬の膝はこの部分、

 

 

膝関節は、大腿骨・脛骨・膝蓋骨からなり、

 

 

大腿四頭筋が大腿骨と膝蓋骨を、

膝蓋靱帯が膝蓋骨と脛骨を、

それぞれ繋いでいます。

 

 

 

膝関節が屈曲したり伸展したりする時、

膝蓋骨は大腿骨の滑車溝という部分を滑るように動きます。

 

 

後肢に体重をかけると 膝関節は一定の角度に伸展しますが、

この時 膝蓋骨は大腿骨滑車の近位に移動し、

下の図のように引っかかって ロックされたような状態となります。

 

(画像:「馬の跛行 -その原因、症状及び治療- 」p.176より)

 

(画像:Manual of Equine Field Surgery p.77より)

 

 

そもそも膝関節・飛節を含む後肢の関節は、

第三腓骨筋や浅屈腱等から構成される

相反合同装置 / 相互機構と呼ばれる構造によって合同的に動くため、

 

(画像:「馬の跛行 -その原因、症状及び治療- 」p.162より)

 

 

膝蓋骨がロックされることで 後肢全体の動きがロックされた状態となり、

これにより馬は筋肉の疲労を最小限にとどめたまま、

立った姿勢を保つことが出来るのです。

 

 

元々馬は自然界で捕食される側の動物であったため、

効率良く後肢を休ませることができるように、

このような構造・機能を獲得したと考えられています。

 

 

「なんて便利な肢なんだろう!」と思いきや、

このロックが上手く外れない状態になる 膝蓋骨上方固定という疾患も存在します。

 

 

何事もほどほどが良いですね。

 

 

夏の気温も32℃位までだと過ごしやすいと感じる今日この頃です。

 

 

S