トレッドミル

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog), 休養牧場 ライジング

先月中旬、休養牧場ライジングの場長藤田さんが北海道に出張し

” トレッドミル ” を導入している調教施設を見学してきました。

 

 

training

 

 

” トレッドミル ” は馬用のルームランナーのようなもので、最近では

競走馬の調教やリハビリ・検査・研究などに幅広く使用されています。

 

 

今回見学させていただいた機械は、傾斜6度までつけることができ

下の動画の馬は時速25〜30km程度のキャンターをしましたが、

最大では時速45kmまで出せる設計だそうです。

 

15−15の調教で時速48km程度ですから、

傾斜の調整も含めると様々な調教強度を設定できそう。

 

 

歩様検査にもよく使われていますが、人が乗らないぶん 馬の肢元への負担が少なく

若馬の調教や屈腱炎・骨折後のリハビリにも有効だろうと思われました。

 

 

 

見学させていただいたパイオニアファームの皆様ありがとうございました!!