ティルドレン治療の様子〜その2〜

Posted on Posted in LATEST NEWS (Blog)

以前のブログで局所灌流(Limb perfusion)でのティルドレン治療方法を述べましたが

今回は全身投与の方を紹介します。

(局所灌流の治療はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身投与では補液(輸液)の時に使用するような針ではなく、留置針を用います。

 

頸静脈に沿って針を刺すのは同じですが

下からでなく上から刺し(血液の流れに沿わせるため)

 

こちらもゆっくりと時間をかけて投与していきます。

 

 

全身投与だと、その名の通り全身に行き渡るため

罹患脚が2本以上あるときに、適しています。

逆に局所灌流を行う時は、脚が1本の時に実施します。

 

ティルドレンの全身投与はこのような感じです。

 

 

この子、すごい良い子でやりやすかった。

ありがとうね。

///////////////////////////////////////////////////

 

鮭の親子丼。しかも炙り…

すごい幸せ〜

ごちそうさまでした。

///////////////////////////////////////////////////

I