アクシデントその後

Posted on Posted in f. その他, LATEST NEWS (Blog)

北海道よりアクシデントのその後、

骨折の治癒過程をお伝えいたします。

 

 

骨折の修復は以下のように進みます。

 

炎症期(骨折直後から2〜3週間)

修復期(数日後から数週間)

リモデリング期(数週間から数ヶ月・年)

 

 

では実際にはどうなったかと申しますと…

 

先月アタマに左第3中手骨を骨折。

 

2週間ほどグラスファイバーのシーネ(矢印の、アミアミに写っている)で固定。

第3関節を曲げた状態で固定しますので、

この頃は『カマキリ』と呼ばれておりました。

 

 

 

さらに2週間ほどアルミ副子(大きい矢印の)で固定。

ギプスシーネより、身軽になりました。

レントゲンでみると仮骨形成が始まっていました(小さい矢印)。

この頃には、レントゲン照射をしたり、

内視鏡の操作をしたり出来るようになりました。

 

 

その後2週間ほど人差し指と中指をくっつけてとめる

テーピングのみになりました。

 

この頃には注射がうてるようになり、

レントゲンのセンサー持ちが出来るようになりました。

(副子が邪魔で出来なかったのです。)

 

 

仮骨が骨化してきました(矢印)。

 

そして、晴れて骨折から1ヶ月半後には

テーピングもなくなり、自由になりました!

指のまたのクサクサからも開放!!

 

ただ、長期の固定で関節が固まっているので、

まだしっかりとグーが出来ませんが…

 

しっかりと(仕事しながら)リハビリしていきます。

 

 

あと、骨折してわかったこと。

 

手って思っていた以上に垢が出る。

 

 

 

U