じんましん

Posted on Posted in b. 診療について, f. その他, LATEST NEWS (Blog)

ご無沙汰の北海道日高から、蕁麻疹(じんましん)についての話題をお届けします。

JM001

 

 

 

 

 

 

 

蕁麻疹は、大小様々な大きさで、表面が平らな発疹です。

発疹同士がくっついて、大きくなることもあります。

顔全体が浮腫んだり、発熱、呼吸困難など、重症になることもあります。

 

抗原抗体反応により末梢毛細血管の透過性亢進がおこり、

血漿が組織内へ流出するために生じる、アレルギー性疾患です。

 

発生・治癒ともに急性で、一過性ですが、慢性になることもあります。

 

原因は、草や虫、ホコリ、飼料、薬などの刺激、気温の急変など。

その他、感染症や胃腸の変調などの体調不良時、

ストレスがかかっているときにも起こりやすいです。

 

治療は、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤を使用します。

胃腸を整えるために整腸剤をあげることもあります。

 

原因物質の除去が、第一になりますが、

馬などの動物の場合、難しいこともあります。

 

馬房や放牧地、飼料や敷料を変えてみたりしますが、

全てを取り除くことは出来ません。

 

この症例は、全身にポツポツと蕁麻疹が発症しました。

JM003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬で一時的によくなりますが、薬をやめると再発し、それの繰り返しでした。

 

JM004

 

 

 

 

 

 

 

最初は後肢だけでしたので、何かに接触したためと考え、

馬房を変えてみましたが効果がありませんでした。

JM002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうち、少し強い運動をした翌日に蕁麻疹がでることがわかり、

そのストレスによるものではないかと考えられました。

 

しかし、競走馬ですから、運動を全くしないわけにもいきません。

 

整腸剤、抗ヒスタミン剤を治療開始から3ヶ月近く続けて、

ようやく薬をやめても蕁麻疹がでなくなりました。

 

すぐに治るものがほとんどですが、

長期治療が必要だった蕁麻疹でした。

 

U